HOME>ビジネス用語>「KPI」の意味とは?使い方や例文

ビジネス用語

「KPI」の意味とは?使い方や例文

「KPI」の意味とは?使い方や例文

「KPI」の意味とは?使い方や例文

事業では、目標をいかに確実に達成するかが重要ですが、そうした際に重視されるのが、「KPI」です。

今回は、営業などさまざまな分野で使われるこの用語の意味について、わかりやすく解説していきましょう。例文付きで使い方も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

「KPI」の意味

「KPI」は、「重要業績評価指標」とも呼ばれ、営業などの分野で重視されています。ここでは、「KPI」の具体的な意味や代表例などについて紹介しましょう。

「KPI」とは

「KPI」とは、「Key Performance Indicators」を略した言葉です。「Key Performance Indicators」の日本語での意味は、「重要業績評価指標」になります。
売上高などの目標に対し、その達成度合いを測るために用いられる、数値的な指標を指します。最終的な目標達成に向けた中間目標としての意味合いを持っており、設定しておくことで「いつまでにどんなことをすればよいか」が明確になるため、個人や集団の方向性を統一できるようになっています。

経営戦略や業務の改善等に役立つことから、幅広い分野で使われています。職種では、営業やWebマーケティング、システム開発などで特によく扱われます。

営業における「KPI」

営業における「KPI」の例としては、「アポイント件数」や「成約率」、「リピート率」、「個人営業売上高」といったものが挙げられます。これらはすべて数値で表せるものであり、目標に対する達成度合いや進捗状況が一目瞭然です。複数の「KPI」を設定しておけば、それらの比較によって、課題点を浮き彫りにすることもできます。また、各個人の営業成績も可視化されるため、人事評価の点でもメリットがあります。

マーケティングにおける「KPI」

マーケティングの分野では、「新規顧客獲得数」「リピート率」「顧客満足度」「直帰率」「PV数」などといったものが、「KPI」の代表例として挙げられます。これらの「KPI」を達成できたかどうかで、マーケティング施策の適確さを測ることができます。

「KPI」の使い方・例文

上では「KPI」の意味について学びましたが、実際の使い方はどうなっているのでしょうか。ここでは、ビジネス用語としての「KPI」の用法について、例文を挙げて紹介していきましょう。

例文:「KPIマネジメントによって、メンバー全員に共通の意識を持たせられた」

例文:「新規契約を5件取るために、“見込客100社への電話営業”というKPIを設定した」

例文:「“広告流入数の5%アップ”というKPIは、どうやら達成できたようだ」

例文:「数値で表せるKPIなら、人事評価の公平性も保てる」

例文:「KPIを設定する前に、まずはKGIを設定しておく必要がある」

「KPI」と「KGI」の関係

ところで、「KPI」を語る上で欠かせないのが、「KGI」の概念です。ここでは、「KGI」の意味と「KPI」との関係について見ていきましょう。

「KGI」とは

上の項目で、「KPI」は最終的な目標達成に向けた「中間目標」であると述べましたが、その「最終目標」にあたるのが「KGI」です。「KGI」は、「Key Goal Indicator」の略語で、日本語では「重要目標達成指標」と呼ばれます。「KPI」と同様に売上高や成約数などで測られ、数値で表せます。

「KPI」との関係

「KPI」は、「KGI」を達成するための目安として設定されます。マラソンで例えれば、「KGI」が最終的なゴールのタイムで、「KPI」はその途中にある各ポイントのタイムということになります。ですので、「KPI」を設定するには、上の例文でも挙げたように、まず「KGI」を設定しておかなくてはなりません。また、当然「KPI」は、「KGI」に関連する形で設定されることになります。