HOME>ビジネス用語>「今後とも」の意味とは?使い方、例文、類語など

ビジネス用語

「今後とも」の意味とは?使い方、例文、類語など

「今後とも」の意味とは?使い方、例文、類語など

今後ともの意味とは?使い方、例文、類語など

「今後ともよろしくお願いいたします」と言った表現はメールはもちろん、商談や会議と言った会話の中でも頻繁に使用されています。
しかし、使用が適した場合とそうでない場合があります。また、「引き続き」や「将来的に」と言った似た表現がありますが、やはり正確な意味は異なりますので状況によって使い分けて行く必要があります。

そこで今回は「今後とも」の意味や使い方に加えて注意点や類語についてご紹介していきます。

今後ともの意味

「今後とも」の読みは、「こんごとも」です。「今後とも」は「今後」+「とも」にそれぞれ分けることができます。「今後」の「今」は現在を表しており、「後」はこの場合将来を表しています。つまり「今後」は、「現在以降の将来」を意味していると言えます。

一方「とも」は、漢字で書くと「共」となり、「一緒に」や「~こみで」などの意味があります。この場合は、「今後」の後に付くことで、「今までと一緒に」という意味を持つことになります。

こうしたことを総合すると、「今後とも」という言葉は、「これから以後も、これまでと同じように」という意味があることが分かります。

「今後とも」の具体的な使い方や例文については、この後説明していきましょう。

今後ともの使い方・例文

「今後とも」の意味は、上で見たように、「以前同様これからも」「この後も今まで通りに」といったものになります。「今まで通り」とあるように、相手との関係が以前から続いており、それをこれからも変わらず続けていきたいという際に使われるようになっています。この場合、基本的に相手との関係が良好であることが前提となります。

一般的によく使われる表現で、ビジネス用語としても頻出します。話し言葉として対面で使われることもありますが、書き言葉としてメールなどの文中でもよく使われます。最も多い使い方としては、後ろに「よろしくお願いします」を付けて、「今後ともよろしくお願いします」という形にするものです。このように、後ろに相手への丁寧な呼びかけの言葉を付けることで、良好な関係を維持していこうという意図を込めるのが一般的です。

大まかな使い方について見たところで、「今後とも」の具体的な例文について、以下にご紹介していきましょう。

今後ともよろしくお願いします

先にも述べたように、「今後とも」は後ろに「よろしくお願いします」を付ける使い方が最も一般的です。この言い回しはさまざまなケースで使えるので、正しい使い方を覚えておくと便利です。

  • 例文:この度は誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします
  • 例文:ご縁がありましたら、今後ともよろしくお願いします

「何卒」を付ける

単に「今後ともよろしくお願いします」というだけでも、相手への敬意は伝わりますが、もっと敬意を強調したいという場合は、「何卒」というフレーズを加えることも良くあります。「何卒」は「なにとぞ」と読みますが、こちらの強い気持ちを相手へ伝えたい時に、文に加える副詞です。「どうか」「なんとか」の意味になります。

  • 例文:今後とも、何卒よろしくお願いいたします
  • 例文:今後とも何卒お付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます

その他の「今後とも」の表現

「今後とも」には、この他にもさまざまな言い回しが存在します。ビジネスシーンでも数多くの表現を使うので、以下のような例を覚えておくと、いろいろな場面で役立ちます。

  • 例文:これを機に、さらなる努力を重ねていく所存です。今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします
  • 例文:今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます
  • 例文:今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます
  • 例文:今後とも変わらぬご厚誼をどうかよろしくお願いいたします
  • 例文:今後ともお引き立てのほど、何卒よろしくお願い申し上げます
  • 例文:今後ともよろしくお引き回しのほどお願い申し上げます

今後ともの注意点

「今後とも」は、前述のようにビジネスにおいてはよく使う表現です。しかし、使用するにあたってはいくつか気をつけるべき点があります。ここでは「今後とも」の使い方についての注意点を見ていきましょう。

謝罪の場合の使用は避ける

手紙やメールで謝罪の意を伝える際には、「今後ともよろしくお願いします」などの文言は含めない方がよいでしょう。

こちらのミスや不手際で先方に迷惑をかけておいて、同時に「今後ともよろしくお願いします」などと伝えるのは、やや一方的な要望という印象もあります。たとえトラブルが解決している場合でも、根本的な点を反省していないようなイメージを持たれかねません。

こうした場合には、「この度は大変申し訳ございませんでした」「重ねてお詫び申し上げます」などといった謝罪の言葉を強調した方が適切です。

文末で使う

「今後とも」を書き言葉として使う場合、文中のどの場所でも使えるわけではありません。「今後とも」は、一番最後の締めの言葉として使われるようになっています。ビジネスメールなどの文章では、あらたまった形式を取ることが多く、文頭や文末には定型的な表現を使うのが一般的です。「今後とも」は、本題が終わった後の文末に加えることで、締めくくりに相手への礼儀を示すための定型表現になります。

付き合いが一度だけの場合は使わない

前述のように、「今後とも」は将来的に付き合いが続くことを前提とする言葉です。そのため、今後の付き合いがないと分かっている相手に使うのは、あまり適当ではありません。この場合は、「この度は誠にありがとうございました」などとして締めくくるのが良いでしょう。

今後ともの類語・言い換え

引き続き

「引き続き」は「途切れることなく」といった意味の言葉で、「今後とも」とほとんど同じ意味を持っています。ただ、使い方に関しては微妙にニュアンスが異なります。「今後とも」が、一度やり取りが途切れても関係自体は変わらないことを願うというニュアンスなのに対し、「引き続き」はやり取りが継続している最中に、「このままの調子で続けましょう」と呼びかけるニュアンスの言葉となっています。

将来的にも・以後も

これは「今後とも」と同じく、現在以降の関係を維持したいというニュアンスを持った言葉です。
ただし、ややカジュアルな響きがあるため、ビジネスメールなどでは「今後とも」の方が使いやすいでしょう。ただ場合によっては、これらの方が自然な言い回しになることもありますから、ケースによって使い分けるのが大切です。

最後に

以上、「今後とも」の意味や使い方についていろいろ解説してきました。
「今後とも」は、相手に対し、これまでと変わらない良好な関係を維持したい旨伝える際に使われる表現です。メールや手紙においては、文末の締めの表現として、定型的な言い回しとなっています。類語には、「引き続き」や「将来的にも」「以後も」などといったものがあります。