HOME>一般常識>「皆既日食」「金環日食」の意味と違い

一般常識

「皆既日食」「金環日食」の意味と違い

「皆既日食」「金環日食」の意味と違い

「皆既日食」「金環日食」の意味と違いとは

「日食」は、天体ショーのうちでも特にインパクトの大きいものの1つです。「皆既日食」と「金環日食」はその一種になりますが、この2つの違いがどの点にあるかご存知でしょうか。名前は知っていても、細かい内容までは知らないという人も多いでしょう。

そこで今回は、「皆既日食」と「金環日食」の意味と違いについて、詳しく解説していきたいと思います。

「皆既日食」とは

皆既日食

「皆既日食」とは、「日食」と呼ばれる現象の1つで、太陽の全ての面が月の陰に隠れて見えなくなるタイプのものを言います。読み方は「かいきにっしょく」で、「皆既食(かいきしょく)」とも呼ばれます。「皆」の字は「全部」を表し、「既」は「全部~する」を表しています。「日」はもちろん「太陽」のことで、「食」はこの場合、「欠ける」の意味になります。

日食は、地球と太陽の間に月が入り、3つの天体が一直線に並ぶことで起こります。太陽の隠れ具合によってさまざまなタイプがありますが、このうち「皆既日食」は、太陽が全部隠れてしまう状態を指します。太陽が全て隠れてしまうと、その周囲に普段は見られない「コロナ」や「プロミネンス」を確認することができますが、これらは「皆既日食」特有の現象で、他の日食との違いに挙げられます。また、日食の前後に「ダイヤモンドリング」という現象が現れる点も、後述する「金環日食」との違いとなっています。

「金環日食」とは

金環日食

「金環日食」も日食の一種で、月の陰から太陽の外周がリングのように見えているタイプのものを言います。読み方は「きんかんにっしょく」で、「金環食(きんかんしょく)」とも呼ばれます。「金環」は、文字通り「金色の環(わ)」を意味しています。

「皆既日食」との違いは、太陽の一部(外側のみ)が見えている点にあります。地球から見た太陽と月の距離は、タイミングによって変化しますが、「金環日食」では相対的に太陽が地球に近く、月が地球から遠い位置にあります。そのため、太陽が月の陰に収まり切らず、縁の部分だけが外に覗くというわけです。

以上のような点を踏まえると、2つの使い分けがしやすいでしょう。