社会人のためのビジネス情報マガジン

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • RSS

ビジネス用語

「依願退職」の意味とは?使い方や例文、「諭旨退職」との違い

「依願退職」の意味とは?使い方や例文、「諭旨退職」との違い

「依願退職」の意味とは?使い方や例文、「諭旨退職」との違い

退職に関連する言葉の1つに、「依願退職」というものがあります。ビジネス用語としてはよく聞かれる言葉ですが、その詳しい意味や使い方については、正直ピンと来ないという人も多いでしょう。

そこで今回は、「依願退職」という言葉の意味や用法などについて、例文付きでわかりやすく紹介していきたいと思います。

「依願退職」の意味

「依願退職」とは

「依願退職(いがんたいしょく)」とは、「従業員が会社に対して退職の意思を伝え、それに会社が合意することで成り立つ退職方法」という意味の言葉です。
「依願」は「本人からの願い出によること」を意味しており、社員本人から退職を願い出ることから、この名で呼ばれています。具体的には、キャリアアップのための転職や、結婚や介護といった事情による退職などが、これに含まれます。
退職の方法としては一般的なもので、雇用形態にかかわらず、全ての従業員が対象となる場合もあります。

「依願退職」は「自己都合退職」の一種

退職には、「自己都合退職」と「会社都合退職」の2種類があります。このうち「自己都合退職」は、「労働者が自ら申し出て労働契約を解除すること」を指しており、「依願退職」はこの一種にあたります。「自己都合退職」にはこのほかに、「辞職」や「懲戒解雇」、「諭旨解雇」、「諭旨退職」などの種類があります。

一方「会社都合退職」は、文字通り「会社側の都合による退職」を意味しています。会社側が作った原因により労働契約を解除することで、一般的な例としては、経営破綻や業績悪化による人員整理などが挙げられます。また、希望退職に応じた場合や、何らかのハラスメント被害により退職を余儀なくされた場合なども、「会社都合退職」に当てはまります。

「依願退職」の使い方・例文

上では「依願退職」の意味について見ましたが、実際の使い方はどのようなものなのでしょうか。続いては、ビジネス用語としての「依願退職」の用法について、具体的な例文を挙げて見ていきましょう。

例文:「依願退職と言っても、別に会社に不満があって辞めるわけじゃない」

例文:「この会社にいても先の見込みはないから、依願退職して独立することにした」

例文:「会社からは慰留されているが、依願退職の意思は固い」

例文:「親の介護に専念するため、やむを得ず依願退職の道を選択した」

例文:「依願退職する場合は、まず会社側と退職日を話し合ってから、退職願を出したほうがいい」

「依願退職」と「諭旨退職」の違い

ここまで「依願退職」の意味や使い方について、例文を交えつつ見てきましたが、これと似た言葉に「諭旨退職」というものもあります。この項目では、「依願退職」と「諭旨退職」の違いについて見てみましょう。

「諭旨退職」とは

「諭旨退職(ゆしたいしょく)」とは、本来なら「懲戒解雇(懲戒処分の中で最も重いもの)」に当たるような行いがあった従業員に対し、反省が見られるなどの理由で、会社が温情措置として「自己都合退職」扱いにする処分を言います。懲戒解雇の場合、従業員は解雇予告なしで即時解雇されますが、「諭旨解雇」では会社が懲戒事由を説明してから、従業員に退職届を出すよう促します。そのため、「諭旨退職」の場合は懲戒処分ではあるものの、退職金の支給を受けることが可能となります。

「依願退職」との違い

「諭旨退職」と「依願退職」は、どちらも「自己都合退職」に相当しますが、退職に至るまでの経緯が異なります。「諭旨退職」が懲戒処分の一環として、従業員が会社の勧告に従って退職届を出すのに対し、「依願退職」の場合は、あくまで従業員本人の意思や都合で退職を申し出る点が特徴となっています。

「依願退職」の意味とは?使い方や例文、「諭旨退職」との違い

この記事が気に入ったら いいね!しよう

最新の情報をお届けします