HOME>ビジネス知識>契約印・契印・割印・訂正印・消印・捨印|契約書に押す印鑑の位置

ビジネス知識

契約印・契印・割印・訂正印・消印・捨印|契約書に押す印鑑の位置

契約印・契印・割印・訂正印・消印・捨印|契約書に押す印鑑の位置

契約印・契印・割印・訂正印・消印・捨印|契約書に押す印鑑の位置

社外向けの文書においては、さまざまな種類の印鑑が必要になります。特に契約書では数多くの印鑑が押されますが、それらには種類に応じた押し方というものが存在します。

この記事では、契約書で使われる「契約印」「契印」「割印」「訂正印」「消印」「捨印」の役割と、それらを押す位置などについて解説していきましょう。

契約印とは

契約印

契約印

「契約印(けいやくいん)」とは、契約や取引の際に用いる印鑑のことです。法的効力を持つ登録印の場合だけでなく、企業の認印として使われる場合もあります。登録印は登記所に登録してある印鑑で、印鑑証明を取得できるものを指します。

契約書に契約印を押す際は、一般的には「署名した名前にかかるように押すべき」というイメージがあります。しかし実際には、特に押す位置についての決まりがあるわけではありません。ですので、名前にかけて押すのもOKですし、離して押しても問題ないようになっています。
ただ、あまりに名前から離れすぎていると、場合によっては後述する「捨印」と間違われる恐れがあります。ですので、やはり名前にかぶるか、そのすぐ後あたりの位置に押したほうが無難です。

割印とは

割印

「割印(わりいん)」とは、契約書を2部以上(原本とその控えなど)作成する場合に、それらの関連性を証明するために押す印鑑のことです。割印を押すことにより、契約書の改ざんなどを防ぎやすくなります。

割印を押す際は、契約書を縦横に少しずらして重ね、両方にバランスよくまたがるような位置に押します。ちなみに使用する印鑑は、契約印と同一のものでなくてもOKとなっています。

割印と契印の違いとは?正しい押し方や位置、失敗時の対処法

契印とは

契印

「契印(けいいん、ちぎりいん)」とは、複数ページからなる契約書のつながりを証明する印鑑のことです。
契約書が複数のページで構成されている場合、後から一部を抜き取ったり、差し替えたりなどの不正行為が心配されます。そのため、そうした行為をすぐに見破れるような工夫が必要になりますが、それがこの契印の役割になります。

契印は、契約書の見開き部分において、両方のページにまたがる位置に押されます。3枚目以降も同様です。こうすることにより、それぞれのページが互いに関連付けられるため、後からページを差し替えるなどの不正がしにくくなります。

契印

一方、製本テープで製本された契約書については、これとは異なります。この場合は見開き部分ではなく、帯(製本テープ)と表紙(裏表紙でも可)にまたがる形で、1ヵ所押せばOKとなっています。

割印と契印の違いとは?正しい押し方や位置、失敗時の対処法

消印とは

消印

「消印(けしいん)」とは、契約書に収入印紙を貼る必要がある場合、その印紙に対して押される印鑑のことです。

収入印紙は印紙税の対象となる契約書に対し貼られますが、貼付のみでは効力がなく、消印を押すことが必須になります。消印の押印により、収入印紙の再利用を防ごうという目的があります。この場合、消印を押すのは、印紙の縁と契約書にまたがる位置となっています。

止印とは

止印

「止印(とめいん)」とは、契約書の最後に生じた余白に対し押される印鑑のことです。
止印を押すのは、「文書がここで終わっている」ということを明確に示すためです。契約書に余分なスペースがあった場合、後からそこへ文章を書き足される恐れもありますが、止印を押すことにより、そうした不正を防ぐことができます。

止印を押す位置は、文章の末尾となる部分のすぐ後です。この際印影と文字が重なると、訂正印のように見えるため、押す位置には十分注意してください。

訂正印とは

訂正印

訂正印

「訂正印(ていせいいん)」は、 契約書の一部に誤りなどがあった場合、その箇所を訂正・修正する時に押す印鑑のことです。

訂正印を押す目的は、訂正や修正を行ったのが契約者本人であり、他者による改ざんではないと示すことにあります。そのため、訂正印に使用されるのは、契約印と同一のものでなくてはなりません。

実際のやり方は、最初に二重線で修正箇所を消し、その線の上か、または近くの位置に訂正印を押します。その後、空欄に正しい内容を記載すればOKです。

捨印とは

捨印

「捨印(すていん)」とは、将来内容を訂正する必要が生じた時のために、契約書にあらかじめ訂正印として押しておく印鑑のことです。

捨印による訂正のやり方も、基本的に訂正印の場合と変わりません。ただ、消した文字数と加えた文字数について、捨印の近くに「○文字削除」「○文字追加」のように書き入れるのが通常です。

捨印を押す位置は、契約書上部の余白が一般的です。文書内に捨印用の空欄がある場合もあります。契約書が複数枚ある場合は、すべて同じ位置に捨印を押しておきます。