HOME>一般常識>「弁済」「返済」の意味と違い

一般常識

「弁済」「返済」の意味と違い

「弁済」「返済」の意味と違い

「弁済」「返済」の意味と違いとは

「弁済」と「返済」は、どちらも借金などを返す際に使われる言葉です。一見すると、この2つには特に意味の違いはないように見えますが、実際はきちんと使い分けできるようになっています。では、具体的にどのような点が異なるのでしょうか。

今回は、「弁済」「返済」の意味や違いなどについて解説していきたいと思います。

「弁済」とは

弁済

「弁済(べんさい)」とは、一般的には「借りた金品を相手へ返すこと」という意味の言葉ですが、法律用語としては、「債務者が債務の内容である給付を実現し、債務を消滅させること」という意味になります。取引において、特定の人に金銭や品物を渡す義務を負うことを、法律で「債務」と呼びますが、「弁済」はこの債務を履行して消滅させることを言います。
例えばある人に金銭の借りを負っている場合は、それを全額支払うことが「弁済」にあたります。また、後日お客に商品を引き渡す約束で、店側が先に代金を受け取った場合には、期日までに店が商品を納入することが「弁済」にあたります。

「弁済」の「弁」は、この場合「処理する」「ただす」の意味になり、「済」の字は「終わる」「終わらせる」を意味しています。

「返済」とは一般的な意味合いで違いはありませんが、法律用語として使われる点が、「弁済」の特徴です。また、借りの全てを返すことを指す点も、「返済」との違いとなっています。

「返済」とは

返済

「返済(へんさい)」とは、「借りた金や物を相手に返すこと」という意味の言葉です。「ローンの返済に追われている」「月々の返済額は3万円ほどだ」「借金の一部を返済する」のように使われます。

「返済」の「返」の字は、「元に戻す」「借りた物を戻す」などの意味を持ちます。

「返済」と「弁済」は、上でも述べたように、大まかな意味合いにおいて違いはありません。ただ、これも上記のように、「弁済」が法律用語として使われるのに対し、「返済」にはそうした使い方はない点は異なります。また、「弁済」が全ての借りを返すことを指すのに対し、「返済」は一部を返すことについても使える点も、両者の使い分けのポイントとなっています。