HOME>一般常識>「最大瞬間風速」「最大風速」の意味と違い

一般常識

「最大瞬間風速」「最大風速」の意味と違い

「最大瞬間風速」「最大風速」の意味と違い

「最大瞬間風速」「最大風速」の意味と違いとは

気象情報でよく聞く言葉に、「最大瞬間風速」と「最大風速」があります。これらは普段何気なく耳にしていますが、その意味について詳しく言えるという人は、それほど多くないでしょう。一体この2つは、具体的に何を表しているのでしょうか。

今回は、「最大瞬間風速」「最大風速」の意味と違いについて解説していきたいと思います。

「最大瞬間風速」とは

最大瞬間風速

「最大瞬間風速(さいだいしゅんかんふうそく)」の意味を説明するには、まず「瞬間風速」について見る必要があります。そもそも風は、常に安定したスピードで吹くのではなく、速さは絶え間なく変化しています。「瞬間風速」とは、そうした時間ごとに変化する風速を連続して計測した際の、ある瞬間における風速を言う言葉です。具体的には、0.25秒間隔で計測される風速計の計測値を、3秒間平均したもの(計測値12個の平均値)を瞬間風速と呼んでいます。

「最大瞬間風速」は、こうして計測した瞬間風速の中で、ある時間内に得られた最大値を指します。「瞬間最大風速」という言い方をされる場合がありますが、これは間違いです。

「最大瞬間風速」は、このように「3秒間の風速計の平均値の中で、ある時間内の最大のもの」を指す点が、後述する「最大風速」との違いになります。

「最大風速」とは

最大風速

「最大風速(さいだいふうそく)」とは、「ある時間帯や期間に計測された平均風速の最大値」という意味の言葉です。そもそも一般に言う「風速」とは、1秒間に空気が移動する距離を表したもので、通常は地上10mで計測した10分間の数値の平均で示されます。「最大風速」は、こうして計測した(平均)風速のうち、ある時間内で最大の値を指しています。具体的には、「7月7日の最大風速は、25m/sだった」のように使われます。

「最大風速」は、このように「10分間の平均風速の中で、ある時間内の最大値」を指す点が、「最大瞬間風速」との違いになります。ちなみに「最大瞬間風速」は、一般的に「最大風速」の1.5~2倍ほどになると言われています。

以上のような点に気をつけて、両者を使い分けてください。