HOME>ビジネス用語>「エビデンス」の意味とは?使い方や例文、類語など

ビジネス用語

「エビデンス」の意味とは?使い方や例文、類語など

「エビデンス」の意味とは?使い方や例文、類語など

エビデンスの意味とは?使い方や例文、類語など

エビデンスの意味

「エビデンス」は、英語の名詞「evidence」から来ている外来語です。本来の「evidence」の意味は、「(立証のための)証拠」「物証」「証言」といったものになります。カタカナ言葉としての意味合いも、基本的にこれと変わりませんが、後述するようにビジネスシーンでの使い方はやや異なります。

では日本での「エビデンス」の使い方はどういったものなのか、以下で詳しく見ていきましょう。

エビデンスの使い方・例文

英語における「evidence」は、前述のように事件を立証するための証拠、物証などの意味合いで使われます。一方、日本で言う「エビデンス」は、事件に限らずさまざまなシーンで使われるようになっています。一般的にはまだそれほど広まってはいませんが、ビジネスシーンでは多くの分野で聞かれる言葉です。

「エビデンス」をよく使う業界としては、IT業界や医療業界などがあります。それぞれの業界での使い方について、以下で例文を交えて紹介していきましょう。

一般的なエビデンスの使い方

ビジネス用語として一般的に使う際の「エビデンス」は、「証拠」や「裏付け」といった意味合いで、仕事の成果に関する確証などを求められる時に使われるようになっています。例えば部下から契約を取ったという報告を受けた際、上司が「エビデンスを見せろ」と求めるといった具合です。この場合は、「契約の証拠を示せ」といった意味合いになります。

  • 例文:契約が取れたというが、エビデンスはあるのか?

もう1つの意味合いが、「形跡」や「痕跡」です。この場合は、例えば新規取引先の開拓時などに使われます。「エビデンスを残す」などのように使われますが、これは「訪問の痕跡を残す」という意味になります。新規開拓先を訪問時に、名刺や伝言などを残すのが、「エビデンスを残す」行為にあたります。

  • 例文:A社を訪問した際に、名刺と秘書への伝言をエビデンスとして残してきました

また、「エビデンス」を「証言」の意味合いで使用する場合もあります。この使い方では、例えば部下に仕事の進捗状況を確認する際などのケースがあります。

IT業界でのエビデンスの使い方

  • 例文:各スタッフは取引先に同行して、進捗状況についてエビデンスするように

IT業界においても、「エビデンス」は基本的に「証拠」の意味合いで使われます。IT業界で「エビデンス」が用いられるのは、主にシステム開発の最終検査段階においてです。開発したシステムが発注どおりに動作しているかを示す書類、データ等を、「エビデンス」と呼ぶことが多くなっています。具体的には、稼働中の画面のスクリーンショットを印刷したものや、生成されたデータファイル、または外部のシステムが受信したデータ等が「エビデンス」として用いられます。

  • 例文:エビデンスを残す際は、インプットデータや条件も確認できるようにしなければならない

医療業界でのエビデンスの使い方

医療業界で言う場合の「エビデンス」は、治療法や薬剤等の有効性を、臨床試験などのデータに基づいて客観的に示したデータのことを指すようになっています。「科学的根拠」や「統計学的な有意性」の意味で、他の分野でもこの意味合いに倣って用いることがあります。

  • 例文:薬や治療法を選ぶ際は、きちんとしたエビデンスに裏打ちされたものを選ぶことが大切だ

その他のエビデンスの使い方

「エビデンス」は、このほかにも金融や会計などの分野で使われます。これらの分野で使われる場合の「エビデンス」は、人やモノの帰属などを明らかにする公的な証明書、監査や検証などに用いる記録・証拠書類等を指すようになっています。

  • 例文:融資を受ける際は、通帳や保険証書等のコピーといった、金融資産のエビデンスが必要になる

エビデンスの類語

ここまでは、主に「エビデンス」の意味や使い方について見てきましたが、ここではいくつかの類語についても紹介しておきましょう。

プルーフ

「プルーフ」は、英語の「proof」から来ている言葉です。「proof」には、「証明」や「証拠」、「(品質等を試す)試験」といった意味がります。「エビデンス」と似ていますが、明確な違いとしては、「証言」や「痕跡」の意味合いを含まないという点があります。

ソース

「ソース」は、「源泉」や「源」を意味する英語の「source」を元としています。日本語における「ソース」は、主に「情報源」「出所」を指しており、「エビデンス」のような「証拠」の意味合いを含まないという違いがあります。

最後に

以上、「エビデンス」の意味や使い方についていろいろと紹介してきました。

「エビデンス」は、「証拠」や「証言」を意味する英語「evidence」から来たカタカナ言葉です。日本では主にビジネス用語として、「結果や成果の証明・証拠」「行動の痕跡」「状況の証言」などの意味合いを持つようになっています。類語である「プルーフ」とは、「証言」の意味合いを含むという点に違いがあります。