HOME>一般常識>「エコ」「省エネ」「節電」の意味と違い

一般常識

「エコ」「省エネ」「節電」の意味と違い

「エコ」「省エネ」「節電」の意味と違い

「エコ」「省エネ」「節電」の意味と違いとは

「エコ」という言葉は、現在あちこちで聞かれるようになりました。一方、同じような言葉として「省エネ」や「節電」もよく耳にしますが、この3つはどのような点が違うのでしょうか。改めて考えると、よくわからない部分が多くなっています。

そこで今回は、「エコ」「省エネ」「節電」の意味や違いについて、詳しく解説していきたいと思います。

「エコ」とは

エコ

「エコ」とは、英単語の「ecology(エコロジー)」の略称に当たる言葉です。「エコロジー」の意味は、本来「生態学」や「生態環境」、「自然環境」といったものですが、現在は「経済活動などによる自然環境への負荷を減らすこと」といった意味合いで使われることが多くなっています。「エコ」はこれを言いやすく縮めた言葉で、「エコ家電」や「エコバッグ」のように使われます。また、「エコな生活」のように、形容動詞的にも使われます。

「エコ」は、「省エネ」や「節電」と意味の違いなく使われることもあります。例えば、燃費の良い車のことを「エコカー」と呼びますが、これは実質的には「省エネ」の意味合いとなっています。ただ、「エコ」が環境保護を目的とするものにしか使わない点は、「省エネ」などとの違いとなっています。

「省エネ」とは

省エネ

「省エネ」とは、「省エネルギー」を略した言葉です。「省エネルギー」の意味は、「石油や電力、ガスなどのエネルギー消費を減らすこと」というものになります。読み方は「しょうえね」で、「使わない家電のコンセントを抜いておく方が省エネになる」「省エネタイプのエアコンに買い替えた」のように使われます。

「省エネ」と「エコ」は、上記のように同じような使われ方をする場合もありますが、意味合い自体は違います。「エコ」が「環境への配慮」を指すのに対し、「省エネ」は「無駄なエネルギーの削減」を指しています。つまり、「省エネ」は環境保護が目的とは限らず、経済的な理由による場合もある点で、「エコ」と使い分けることができます。

「節電」とは

節電

「節電」とは、「電力の使用量を節約すること」という意味の言葉です。「節」は「節約」を、「電」は「電力」を表しています。読み方は「せつでん」で、「電力不足のため、各家庭に節電対策を呼び掛ける」「節電のため、夏場のエアコンの使い方を工夫する」のように使われます。

「節電」と「省エネ」は、どちらも「電力消費を抑える」という意味合いを含むため、一見すると同じ言葉に見えるものの、それぞれの目的や方法は違います。「省エネ」の場合、電気や熱などのエネルギーの総消費電力量を削減することが主眼で、特に時間帯は関係ないのに対し、「節電」は電力不足による停電を回避するのが目的であり、「ピーク時の使用電力を抑えること」に主眼を置くものとなっています。