HOME>ビジネス用語>「ブランディング」の意味とは?使い方や例文

ビジネス用語

「ブランディング」の意味とは?使い方や例文

「ブランディング」の意味とは?使い方や例文

「ブランディング」の意味とは?使い方や例文

「ブランディング」は、ビジネスパーソンであれば誰もが一度は耳にする言葉です。何気なく口にすることも多いでしょうが、その詳しい意味について説明できる人は、意外に少ないかもしれません。一体この言葉は何を表し、どのように使うべきなのでしょうか。

今回は、ビジネス用語としての「ブランディング」の意味や使い方などについて解説していきましょう。

「ブランディング」の意味

「ブランディング」とは

「ブランディング」とは、「ブランドを構築するための、組織的かつ長期的な取り組み」という意味の言葉です。「顧客や消費者が価値を感じるようなブランドを作り上げるための諸活動」と言い換えることもできます。ブランドの持つ特徴や、競合する企業・製品などとの相違を示すことで顧客や消費者の興味を引き、購買を促すことを目的とします。また、「ブランディング」を行うことで、消費者との信頼関係を深めてブランドの訴求力を増し、競合他社に対する優位性を確保しようという狙いもあります。

「ブランド」とは

「ブランディング」を理解する上では、「ブランド」の概念に対する理解が欠かせません。「ブランド」とは、「ある製品をほかの類似した製品から区別するための諸要素」といった意味の言葉です。この要素には、名称やデザイン、シンボルマーク、キャッチフレーズなどさまざまなものが含まれます。つまり、「ほかとは違う独自性を認識させること」が、「ブランド」の役割と言えます。「商標」と似ていますが、こちらは法的な用語であり、対する「ブランド」は一般的な用語になります。

「ブランディング」は、こうした「ブランド」を消費者にしっかりと認知させ、市場での自社製品の立ち位置を確保するための活動にあたります。言い換えると、「おしゃれなデザインならあの製品」「この会社のサービスなら安心」といったような、ブランドの持つ特徴やイメージなどをターゲット層に行き渡らせることが、「ブランディング」の主眼ということになります。

「ブランディング」の由来

「ブランディング」は、英語の「branding」という単語をカタカナ化した言葉です。「branding」は、動詞「brand」の現在分詞にあたります。「brand」の意味は、もともと「商品や家畜などに押す焼き印」「烙印」などというものですが、そこから転じて「商標」の意味でも使われるようになりました。「branding」では、「焼き印を押すこと」という意味のほかに、上記のような「ブランディング」の意味も持ちます。

「ブランディング」の使い方・例文

「ブランディング」の意味は上記のようなものですが、具体的にはどのように使うのでしょうか。ここでは、ビジネス用語としての「ブランディング」の使い方について、例文を挙げて見ていきましょう。

例文:「ロゴデザインは、ブランディングにおいて重要な役割を果たす」

例文:「ブランディングの最終目的は、企業価値の向上にある」

例文:「価格はそれほど高くなくても、ブランディングによって高級なイメージを作り上げることはできる」

「ブランディング」の効果

ここまで「ブランディング」の意味や使い方について見てきましたが、そもそも「ブランディング」を行うことには、どのような効果があるのでしょうか。この項目では、主な2つの「ブランディング」の効果・メリットについて見ていきましょう。

収益向上

「ブランディング」の効果としてまず挙げられるのが、「収益の向上」です。例えば、有名ブランドの時計と無名ブランドの時計の2つがあったとしましょう。機能やデザインはどちらもよく似ていますが、有名ブランドの方の価格設定は、無名ブランドのものより多少高めです。しかしこうした場合でも、消費者の心理としては、有名ブランドの商品を選ぶ傾向が強くなっています。これは、そのブランドにそれだけの価値があるという認識が広まっているためです。

このように、「ブランディング」によってブランドの認知が広まることは、収益の継続的な安定や増加につながるというメリットがあります。

優秀な人材の確保

「ブランディング」は、優秀な人材を確保する上でも役に立ちます。日本の就職市場では特にこの傾向が顕著ですが、就活生の人気は、いわゆる「大企業」に集中するようになっています。実際に、毎年の「就職したい企業ランキング」に入ってくる企業のほとんどは、高い認知度と優良なイメージを誇ります。そのため、飛びぬけて良い条件の提示がなくても、自然に優秀な人材が集まるわけです。こうした事実は、「ブランディング」が成功している証拠ということができます。

最後に

以上、「ブランディング」の意味や使い方などについて、いろいろと紹介してきました。

「ブランディング」はこのように、「消費者にとって価値あるブランドづくりのための活動」といった意味を表します。「ブランディング」の成果は収益向上にも結び付きますが、金銭的な利益だけでなく、イメージのような数字で測りにくい価値も向上させるのが特徴です。どういった業種でも重要となる概念ですので、例文で示したような使い方は、しっかり押さえておきましょう。