HOME>一般常識>「露呈」「露見」の意味と違い

一般常識

「露呈」「露見」の意味と違い

「露呈」「露見」の意味と違い

「露呈」「露見」の意味と違いとは

「露呈」と「露見」は、どちらも「ばれる」という意味合いを持つ言葉です。字面もよく似ていることから、使い分けに迷いやすい両者ですが、何か区別のポイントなどはあるのでしょうか。

今回は、「露呈」と「露見」の意味や違いなどについて詳しく解説していきますので、使い分ける際の参考にしてみてください。

「露呈」とは

露呈

「露呈」とは、「隠れていたことがらが表に現れ出ること」という意味の言葉です。また、隠れていたことがらをさらけ出すことについても言います。読み方は「ろてい」で、「今の言葉で、彼の本当の気持ちが露呈した」「この記事によって、新たな事実が露呈された」のように使われます。

「露呈」の「露」は、「つゆ(草の上などに付く水滴)」を表す漢字ですが、「あらわす」や「あらわれる」の意味も持ちます。一方「呈」の字も、同様に「あらわす」「あらわれる」を意味しています。

「露見」との違いは、「現れるものの性質」にあります。「露見」が後述するように、主として「悪いことがら」が現れることを指すのに対し、「露呈」は特にそうとは限らないのが特徴です。「露呈」はあくまで、「隠されていた事実などが明らかになる」ことを意味する言葉であり、明らかになったものが良いか悪いかなどは問わない点で、「露見」と使い分けられます。

「露見」とは

露見

「露見」とは、「隠していたことが表に現れること」という意味の言葉です。読み方は「ろけん」で、「メールの履歴を見られたことで、妻に浮気が露見した」「絶対に知られたくない旧悪が露見してしまった」のように使われます。

「露見」の「見」は、「みる」を意味する漢字ですが、この場合は「見つかる」「発見される」の意味になります。

「露呈」とは、「あることがらが周囲にばれる」という点で違いはありません。ただ、上で見たように、ばれたことがらの性質はやや異なります。「露呈」が上記のように、ことの良し悪しを問わずに使われるのとは違い、「露見」は浮気や犯罪など、主に悪事について使われるのが特徴です。