HOME>ビジネス用語>「ビジネスモデル」の意味とは?使い方や例文

ビジネス用語

「ビジネスモデル」の意味とは?使い方や例文

「ビジネスモデル」の意味とは?使い方や例文

「ビジネスモデル」の意味とは?使い方や例文

「ビジネスモデル」という言葉は、各種のビジネス書や、経済関連の記事などでおなじみのものです。職場でも耳にする機会が多いでしょうが、そもそもこの言葉は、具体的にどういう意味を表しているのでしょうか。詳しい内容を知らないまま使っているという人も多いかもしれません。

そこで今回は、ビジネス用語としての「ビジネスモデル」の意味や使い方などについて、詳しく解説していきたいと思います。

「ビジネスモデル」の意味

まずは、「ビジネスモデル」の意味から見ていきましょう。あわせてそのメリットや、言葉の由来についても紹介します。

「ビジネスモデル」とは

「ビジネスモデル」とは、「利益を創出する製品・サービスに関する事業戦略と収益構造」を意味する言葉です。簡単に言えば、「事業で収益を上げるための仕組み」になります。どのような内容の事業をするか、また誰をターゲットとし、どのような方法で利益を出すのかといった、「儲け」を生むための具体的なシステムを言います。

優れた「ビジネスモデル」を持つことは、事業や経営にとって非常に大きな意味を持つため、多くの企業はその構築に力を注いでいます。

「ビジネスモデル」のメリット

「ビジネスモデル」の構築に際しては、自社の事業を細かく分析することが必須になります。そのため、自社事業についての特徴や弱み、競合他社との違いなどの理解が深まるという利点があります。また、理想的なモデルについての議論が活発化するため、事業についての話題を社内で共有しやすくなるというメリットもあります。

このほかに、収益構造の問題点を見つけやすくなることや、事業の原点に立ち返りやすいなどのメリットも挙げることができます。

「ビジネスモデル」の由来

「ビジネスモデル」というカタカナ言葉は、英語の「Business Model」に由来しています。「Business」はもちろん「ビジネス」を、「Model」は「模型」「原形」「ひな形」「型」などを意味します。

もともと「ビジネスモデル」という言葉は、社会科学的貢献システムを指していましたが、現在は利益追求の意味合いで用いられることが多くなっています。1990年代に、ITの普及によって米国で広まった概念で、日本では2000年ごろから注目を集めるようになりました。最近は学界においても、活発な研究が行われています。

「ビジネスモデル」の使い方・例文

「ビジネスモデル」の意味は上で述べた通りですが、実際にはどのように使われるのでしょうか。続いては、「ビジネスモデル」の使い方について、例文を挙げて見ていきましょう。

例文:「近年のビジネスモデルの潮流は、“所有”から“利用”へと移りつつある」

例文:「積極的に新技術を使ったビジネスモデルを開拓していくべきだ」

例文:「顧客の視点に立ったビジネスモデルを構築していかなければならない」

「ビジネスモデル」の代表例

ここまで「ビジネスモデル」の意味や使い方について見てきましたが、具体的な例についても知りたいところです。ここでは、「ビジネスモデル」の代表的な例についていくつか紹介していきましょう。

オリジナル商材の物販販売

こちらは、自社で開発・製造した製品を顧客に販売し、利益を上げるモデルになります。この場合、他社よりも優位性を持つ商材を作ることが求められます。例えば個人経営の飲食店の場合は、「料理の安さや味」、「店員や店内の雰囲気」などが、競合との差別化のポイントになります。

小売店

こちらのモデルは、商材をメーカーから仕入れ、それを顧客に売るというものです。元請となるメーカーは、ライバルである別の小売店にも商材を卸しているため、商材自体で差別化することはできません。そのため、ポイントカードを作るなど、継続的な収益が望める仕組み作りを図っていく必要があります。

広告収入

こちらのモデルは、紙媒体やネット上のメディアで広告を掲載し、それによる収益を狙うというものです。特に近年は、アフィリエイト広告などの方式が広まったこともあり、人気の高いビジネスモデルとなっています。注目度の高いメディアほど、広告の掲載料金は高くなるので、ビューワーの増加につながるような企画力や発想力が必要になります。

定額制サービス

こちらは、顧客が一定の期間に一定の金額を支払うことで、制限なしに商品やサービスを利用できるというビジネスモデルになります。「サブスクリプションサービス」とも呼ばれますが、近年は動画や音楽、電子書籍などのデジタルコンテンツのほか、フォトショップなどのソフトウェアや、家具、家電などの分野でもこの形態が用いられるようになっています。
こちらのビジネスモデルは、顧客が一度契約すれば、その後継続して収入が見込めるというメリットがあります。

最後に

以上、「ビジネスモデル」の意味や使い方などについて、いろいろと紹介してきました。

このように、「ビジネスモデル」は「事業で利益を生むための仕組み」を意味する言葉として、さまざまな場所で使われています。ビジネス用語としては基本とも言える用語なので、例文で示したような用法を踏まえ、適切に使えるようになっておきましょう。