HOME>コミュニケーション>上司や同僚など職場の人間関係を改善する方法10選

コミュニケーション

上司や同僚など職場の人間関係を改善する方法10選

上司や同僚など職場の人間関係を改善する方法10選

上司や同僚など職場の人間関係を改善する方法

職場で人間関係がうまくいかない、上司や同僚とのそりが合わないなど、人間関係で頭を抱えている人は多いでしょう。その原因は、相手側にあると思っていませんか?客観的に見てみると意外にも、自分の振る舞いが相手を不快にさせているケースもあるのです。

この記事では、職場の人間関係を改善したいと日々悩んでいる会社員の方に、自らの意識や考え方を変えると楽になる役立つ方法を紹介します。人間関係を改善できるノウハウを学んで、職場の上司や同僚に振り回されない人間関係に役立ててみてください。

職場で挨拶を積み重ねることであなたの評価も変わる

職場で挨拶を積み重ねることであなたの評価も変わる

職場で挨拶ができる人は、周囲の評価も上がり、良好な人間関係を築くことができます。「おはよう」「お疲れ様」など一つ一つは、小さな挨拶ですが回数を重ねることで、周囲とのコミュニケーションが徐々に深まっていくからです。

挨拶は、人間としてはごく当たり前の行動であるため、「なぜ今さら?」と軽視してしまう人も多いでしょう。では、考え方を変えて、挨拶される側に立ってみてください。同僚に挨拶されると決して不快感に思うことはなく、「いつも声をかけてくれる」と良い印象を持つようになるのではないでしょうか。

最初は、挨拶をすることが気恥ずかしいかもしれません。しかし、それ以上に周囲から、思った以上に接しやすいと好印象を与えることができます。それがいずれ、仕事につながり、あなたを取り巻く職場の人間関係が格段に良くなることでしょう。

挨拶は誰かに強要されるのではなく、「自分のため」に行う習慣だと思ってください。毎日続けることで、あなたの評価が上がり、職場での人間関係は改善されるでしょう。

何かしてもらったら必ず感謝を伝えることで信頼される

何かしてもらったら必ず感謝を伝えることで信頼される

職場で手伝ってもらったり、何かをしてもらった時に、些細なことでも「ありがとう」と感謝の言葉が素直に伝えられる人は、誠実な印象を与えることができます。なぜなら、感謝を伝えられる人は、相手の心遣いを理解しているからです。そして、感謝された人は、かけられた感謝の言葉が喜びに変わり、さらに、良い人間関係の醸成につながります。

日本には昔から「以心伝心」という言葉があり、言わなくてもわかっているだろうという昔ながらの考えがあるのも事実です。しかし、何十年も連れ添った夫婦ならまだしも、職場の同僚たちは、誤解もしやすい浅い関係です。自分の想いは言葉として伝えないと、相手には伝わるものではありません。

職場で人間関係の構築や改善を試みるなら、ちょっとしたことでも「ありがとう」と感謝の言葉を伝えましょう。感謝が伝えられることは、あなたの良い評価や、仕事での信頼にもつながっていくことでしょう。

仕事で潔く非を認められる人は周囲の評価が高くなる

仕事で潔く非を認められる人は周囲の評価が高くなる

仕事で自分に責任があった場合、非を認めて「私のミスです。申し訳ありません」としっかり謝罪できる人は、職場での評価が高くなります。自分の非を認めることは、上の立場になるほど簡単ではなく、謝罪することで判断力に長けた、誠実な印象を与えることができます。

一方で、自分に非があっても素直に謝れない、もしくは、とっさに他人に責任を押しつける人もいますが、そのような人は、仕事で成果を残しても、職場で賞賛されることはないでしょう。

ミスがあれば関係者に素直に謝罪できる「人間性」を磨きましょう。謝罪しても、全ての人があなたの評価を下げることにはなりません。勇気を出して謝罪したことに評価をする人は必ずいます。

そして、失敗を隠さず、正直に謝罪したことで、誠実さも伝わり、その結果、職場の人間関係も改善されるでしょう。これは、リーダー的存在である人ほど、部下に対して素直に謝罪できることで、職場での信頼につながります。まずは、素直に謝罪できる「人間力」を養っていきましょう。

職場で人の話を素直に聞く姿勢が周囲からの信頼が得られる

職場で人の話を素直に聞く姿勢が周囲からの信頼が得られる

職場で同僚や部下からの話を親身に聞くことができる人は信頼されます。仕事上で相談や報告は、相手からの重要なメッセージが含まれていることが多く、親身になって聞ける人ほど、周囲からも頼られるからです。

相手の話を最後まで聞かずに、話を遮りって自分なりの見解を述べてしまう上司や相手の顔を見ないで話を聞く同僚は、相手を軽視している場合が多いです。そのような態度を続けると周囲からも信用を失うことにつながるのです。

相談されることは、あなたが頼られている証拠であり、信頼関係を深めるチャンスなのです。相手を肯定し、相手を思いやる気持ちを持って、なるべく丁寧な回答をしてあげましょう。

親身になって相手のために答える、その姿勢こそが職場の人間関係を改善できるポイントだと覚えておきましょう。

ポジティブな意見は職場のチームワークが良くなる

ポジティブな意見は職場のチームワークが良くなる

職場でポジティブな意見を常日頃から心掛けていると、周囲に良い影響を与えることができます。前向きな発言は、周囲の人々を勇気づけ、仕事に対する士気を高め合うことができるからです。

職場には、よく自分と合わない人や嫌いな人がいると、悪口でストレスを発散させたり、悪口を言って同調する人を探したりする人もいるでしょう。同調する人が増えることで、ネガティブな環境を作ってしまい、「ネガティブ・スパイラル」を生み出してしまいます。陰口のようなネガティブな発言を繰り返すことは、結果的には自分の評価を下げる原因になっていることに気づいてください。

人は生きていると必ず、自分の性格と合わない人がいます。そんな場合のネガティブにならない対処法として、人に対する見方を変えることにチャレンジしてみましょう。例えば、協調性のない人は「主体的」、頑固な人は「信念を持っている」、優柔不断は「慎重」と置き換えることで、その人を許容できるものです。おおらかな気持ちで構えてみることで、気持ちにゆとりができ、職場の人間関係の改善はもちろん、仕事でも良い流れにつながることでしょう。

報連相ができていると上司や部下との人間関係が良くなる

報連相ができていると上司や部下との人間関係が良くなる

報連相(ほうれんそう)とは、報告・連絡・相談の略した用語ですが、職場ではビジネススキルの基本であり、仕事を進める上では不可欠なものです。普段から上司や部下との報連相がしっかりと行えていると良好な関係性が保てます。

本来の報連相が意味する内容は、「報告」は上司への業務の進捗報告、「連絡」は業務で知り得た情報を共有し、「相談」は、仕事上で判断に迷う場合に上司の指示を仰ぐことです。報連相をしっかりと行うことで、仕事の滞りがなくなり、目標に向けてチーム全員でゴールを目指すための大切なプロセスなのです。

しかし、報連相の重要度がわかっていても、人間関係のちょっとした行き違いでのコミュニケーションが取れなくなるケースも珍しくありません。職場の人間関係に不協和音を感じているなら、好き嫌いの感情をクリアにして、あえて上司や部下に報連相を積極的に行いましょう。

報連相に取り組むことで、必ず関係改善につながります。まずは、自ら行動を起こしていきましょう。

仕事ができることが、良い人間関係を築くための必須条件

仕事ができることが、良い人間関係を築くための必須条件

職場で必要なビジネススキルを身に着けていれば、周囲からの安心感を得ることができます。自分の評価が気になるあまり、仕事以上に周囲への気遣いばかりに意識が向いてしまう人は、仕事面での信頼は得ることができません。

本来、職場は仕事をすることで貢献する場であり、その労働の対価として給与を受け取っています。周囲へのご機嫌をうかがうのは、仕事でないことを念頭に置いておきましょう。

もちろん、職場は良好な人間関係を維持する上で、人に配慮できる気持ちは大切です。しかし、職場では仕事をスムーズにこなすことができるというのが基本であり、その上で周囲への気遣いができる人が信頼されると、人間関係の構築や改善につながります。まずは、仕事を早く覚えて会社に貢献することを一番に考えましょう。

仕事上の付き合いだと割り切ると気持ちが楽になる

仕事上の付き合いだと割り切ると気持ちが楽になる

職場の人間関係は、仕事で良い結果を出すため、良い関係であることに越したことはありません。しかし、関係性を良くしようと無理をして悩むより、一層のこと仕事上の付き合いとして割り切って考えてみると気持ちが晴れてきます。

上司や同僚から何か言われても、要領よく立ち振る舞う性格であれば良いですが、多くの方は無理をして精神的な負担を感じているケースが多いでしょう。仕事のため職場にいるのにもかかわらず、周囲の人間関係に振り回わされ、思ったほど成果が上げられないほど残念なことはありません。

これは、周囲に気を配れる人ほど陥りがちな現象ですが、ドライに考えて「仕事上の付き合い」として割り切ってみてください。そうすることで肩の荷が下りて楽になります。割切った考えをすることで、人間関係も改善に向かうでしょう。

自分から距離を縮めることで良好な人間関係が築ける

自分から距離を縮めることで良好な人間関係が築ける

職場の人間関係で良好な関係性を築きたいなら、まずはあなたから相手を信頼することから始めてみましょう。人と人の間には、必ず「距離感」がありますが、自分が受け身になっていても、距離は縮めることができないからです。

まずは、相手と同じ目線で語ることを心掛け、自らの意見を伝えてみてください。これまで、自分の意見が通らない相手を避けることも止め、自分にも問題があったことを素直に受け入れていきましょう。

「十人十色」という言葉があるように、人それぞれの価値観は異なっていて当然です。まずは、相手を信頼することから始め、たとえ結果的にミスがあったとしても、信頼して任せたなら、責任は自分にもあると覚悟をするのです。

そして、一度決めたからには、大きな心を持ち接していきましょう。そうすることで相手も心を開き職場での信頼関係が築けるようになります。まずは、自らが相手に歩み寄ることで、職場の人間関係の改善に取り組んでみましょう。

人間関係で極度のストレスを抱えているなら転職も考えてみる

人間関係で極度のストレスを抱えているなら転職も考えてみる

職場での人間関係の改善に悩みが大きくなり、業務や身体にも支障をきたすようなら、思い切って転職を検討してみると良いでしょう。会社が変わればルールや評価、人間関係も変わり新たな決意でやり直せるからです。

もちろん、転職した先でどんな環境が待ち受けるか、誰にもわかりません。しかし、今はとにかく「自己否定」から解放してあげることです。あなたが持っている価値観と今いる上司や同僚と合わないだけなのです。我慢している状況が長く続くなら、心身に影響が出る前に転職という道も用意してあげましょう。

また、転職にも年齢という「旬」や「景気」にも左右されます。あの時に転職をしておけばと後悔しても時は戻せません。転職を思い浮かべ、新しい職場で自分が明るく笑って仕事をしている景色が思い浮かんだなら、一度、転職エージェントに失敗しない職場の選び方などを相談してみるのも良い機会でしょう。それだけでも、日々の行動に違いが現れるに違いありません。