HOME>まとめ>亥年(いのししどし)生まれの性格と特徴10選

まとめ

亥年(いのししどし)生まれの性格と特徴10選

亥年(いのししどし)生まれの性格と特徴

亥年(いのししどし)生まれの性格と特徴

亥は、干支では最後に当たる十二支です。方角では北西よりやや北よりを示しており、時刻では午後10時ごろから2時間の間を指しています。勇猛で力強いイメージのある猪ですが、果たして亥年生まれの人にはどんな特徴があるのでしょうか。今回は、亥年生まれの性格や特徴について、ポイントを10個挙げて説明していきます。

1.清廉潔白

亥年生まれの人は、とにかく正直な性格で、清廉潔白を好むという特徴があります。嘘や不実を憎み、他人には常に誠実でいたいと思うタイプです。曲がったことをしないのはもちろん、圧力や恫喝にも屈しません。悪いことは悪いという倫理観がきっちりしており、正しいことに対する意識を人一倍強くもっています。例え自分が不利益を被ったとしても、徹頭徹尾真実を貫く性格です。

こうした不器用なまでの一本気な性格は、亥年生まれの人にとって、苦労の種になることも多くなっています。その代わり、周囲の人の尊敬は勝ち取りやすく、人望を集めるケースもよくあります。

2.他人に親切

上記のように清廉潔白な亥年生まれの人は、基本的に他人にも親切で優しいという特徴があります。利他的な考え方が目立つ酉年生まれの人は、他人が理不尽な目に遭うことに対し、放っておけないという気持ちが強くなっています。困っている人がいれば、声をかけて話を聞いてあげますし、相談を受ければ親身になって対応します。頼まれごとも、手を抜かずにきっちり応えるタイプです。多少面倒なことでも、自分の苦労も顧みずに尽力してくれます。

このような親切心も、亥年生まれの人の人望を高める一因となっています。周囲の人は、損得ではなく純粋な親切で動く亥年生まれに対し、尊敬の念を抱くことが多くなっています。

3.バイタリティーがある

亥年生まれの人は、非常にエネルギッシュでバイタリティーにあふれているという特徴もあります。興味のあることややるべき仕事に対しては、一心不乱に取り組む性格です。時には寝食も忘れるほどで、一定の結果が出るまでは、わき目もふらずにとにかく突き進みます。多少の障害があっても、亥年生まれにとっては問題ではありません。体中に満ちたエネルギーで、壁をぶち破るまで動き続けます。立ち止まって考えたり、引き返したりといったことは苦手な性格で、思い立った道を最後までひたすら走り抜く強さをもっています。

こうした亥年生まれのバイタリティーは、周囲にも活力を与えることが多くなっています。亥年生まれに触発され、チームに勢いが出るといったケースはよくあります。

4.裏表がなくサッパリしている

亥年生まれの特徴として、裏表のない性格で、非常にサッパリしているということも挙げられます。ほとんどの人間は、心で思っていることと表面の態度にギャップがあるのが通常です。しかし、亥年生まれの多くには、そうしたことが当てはまりません。心に思ったことを、そのまま言葉や態度に表すタイプとなっています。嬉しいときは素直に喜びますし、怒ったときや不満なときは、そのまま不機嫌な態度として表に出します。変に気を使っておとなしくしたり、社交辞令でごまかしたりといったことはありません。感情をストレートに表現するのが、亥年生まれの特徴です。

こうしたシンプルな性格のため、亥年生まれは恨みを根に持ったりすることは少なくなっています。その場で怒ってしまうと、後はきれいに忘れて遺恨は残さないというのが、亥年生まれの長所です。

5.素直で勤勉

亥年生まれの良い特徴として、非常に素直で勤勉というところもあるでしょう。上記のようにとてもシンプルな性格なので、ものごとをひねって考えたり、斜に構えるといったことはありません。人を疑ったりせず、誰かを裏切ることもないタイプです。皮肉や中傷などとは無縁の性格で、目上の人に対しても礼儀正しく、教えに対してきちんと聞く耳を持っています。勉学や仕事にも熱心であり、コツコツとまじめに取り組む姿勢があります。
こうした実直な性格により、亥年生まれは周囲から幅広く信頼されるようになっています。同年代はもちろん、年下や年上からも厚い信頼を寄せられます。

6.正義感が強い

まっすぐで純粋な亥年生まれは、とても正義感が強いという特徴もあります。曲がったことが嫌いな性格のため、悪や不正を激しく憎む傾向があります。誰かが間違ったことをしたり、嘘をついたりすることも許せません。そうしたことで利益を得たり、他人を出し抜くことはもっと恥ずかしいと考えています。そのために誰かが踏みつけられたり、犠牲になるのは見過ごせないタイプで、相手に対し面と向かって抗議したり、不正をただすために立ち上がって戦う人が多くなっています。

こうした亥年生まれの正義感や倫理観は、やはり周囲から尊敬を得る要因の1つとなっています。しかし時には行き過ぎて、一部から「堅苦しい人」と思われてしまうこともあります。

7.嫌われにくい

これまで見て来た特徴からもわかるように、亥年生まれの人は、周囲からあまり嫌われることがない性格となっています。素直で嫌味がなく、おまけにバイタリティーがあることから、亥年生まれの周囲は自然に明るく活気に満ちたものになることが多くなっています。さらに、そうした長所を台無しにするような目立った短所も見当たらないため、誰かから激しく憎まれたり、うとまれたりといったことがほとんどありません。周囲を華やかにするスターのタイプではありませんが、実のある人柄で、幅広い層に好かれるような人が多くなっています。

8.やや頑固なところも

真面目で一本気な亥年生まれの人は、多少頑固な部分が目立つという短所もあります。素直な性格なので、人の意見には一応耳を傾けますが、少しでも違うと思ったことは頑としてはねつけます。倫理的に間違っていると感じることや、自分の主義に反することに対しては、まったく譲らないというのが亥年生まれの特徴です。そのため、亥年生まれが納得しない問題は平行線をたどることが多く、事態が進まなくなるケースもよく見られます。
また、亥年生まれは常に最短距離でものごとに当たるのを好むため、回り道するという発想が少ないという特徴もあります。問題は勢いで押し切ろうとするタイプのため、返って解決まで時間がかかってしまうこともあります。こうした融通の利かない点は、亥年生まれの大きな短所と言えます。

9.落ち込みが激しい部分も

豪快で明るい人が多い亥年生まれですが、その一方で落ち込みが激しいという部分もあります。前に突き進む力が強い分、一度力尽きると、その反動で人より激しく落ちこんでしまうことが多くなっています。これは、亥年生まれのエネルギーが大きいという特徴の裏返しでもあります。バイタリティが強く、常に全力投球でことに当たる性格のため、失敗した時の落胆が大きくなるわけです。その落ち込みぶりは周囲も心配になるほどで、普段は明るい亥年生まれが、一言も口をきかなくなるといったこともあります。

また、亥年生まれは気分の切り替えがあまり上手くない部分があるため、落ち込みが長引いてしまうケースもあります。

10.冗談が通じにくい

真面目で融通の利かない亥年生まれの人は、冗談も通じにくいという特徴があります。人の言うことは何でもストレートに受け止めてしまう性格のため、ちょっとした冗談でも真に受けてしまうことが多くなっています。本人は普段冗談を言うこともありますが、他人の冗談に対しては鈍感で、意図をくみ取れないこともしばしばです。いわゆるイジリやツッコミといったことにも疎く、自分に対する注意と受け取ってしまうこともよくあります。場合によっては悪口と思い、不機嫌になってしまうケースも少なくありません。

こうした性格から、亥年生まれの人はつまらないと思われることもありますが、そうした不器用な点がむしろ好まれ、周囲から愛されることも多くなっています。

生まれ年別の(干支別の)性格と特徴

子年(ねずみどし)生まれの性格と特徴

丑年(うしどし)生まれの性格と特徴

寅年(とらどし)生まれの性格と特徴

卯年(うさぎどし)生まれの性格と特徴

辰年(たつどし)生まれの性格と特徴

巳年(へびどし)生まれの性格と特徴

午年(うまどし)生まれの性格と特徴

未年(ひつじどし)生まれの性格と特徴

申年(さるどし)生まれの性格と特徴

酉年(とりどし)生まれの性格と特徴

戌年(いぬどし)生まれの性格と特徴

亥年(いのししどし)生まれの性格と特徴