HOME>一般常識>「ウォーキング」「ジョギング」「ランニング」の意味と違い

一般常識

「ウォーキング」「ジョギング」「ランニング」の意味と違い

「ウォーキング」「ジョギング」「ランニング」の意味と違い

「ウォーキング」「ジョギング」「ランニング」の意味と違いとは

近年は健康意識の高まりもあり、「ウォーキング」や「ジョギング」に取り組む人も増えています。ところでこの「ウォーキング」と「ジョギング」は、一体どのように違うのでしょうか。意外に答えにくい問題かもしれません。

そこで今回は、「ウォーキング」「ジョギング」「ランニング」の意味や違い、使い分けのポイントなどについて解説したいと思います。

「ウォーキング」とは

ウォーキング

「ウォーキング」とは、健康の保持などのために行う歩行運動を言います。英語で「歩行」を意味する「walking」をカタカナにした言葉です。「ウォーキングエクササイズ」などとも呼ばれます。「彼は朝晩のウォーキングを欠かさない」「ウォーキングによって疲れやすさがなくなった」のように使われます。

「ウォーキング」の特徴は、「どちらかの足が必ず地面についている」という点にあります。これは、後述する「ジョギング」や「ランニング」との大きな違いとなっています。また、踏み出した足の着地点が体より前になるという点も、「ジョギング」などとの違いです。さらに、時間あたりの歩数といったテンポの点でも、「ウォーキング」は「ジョギング」などと比べゆったりしています。

「ジョギング」とは

ジョギング

「ジョギング」もまた、健康保持や楽しみのために行う運動の一種です。英語の綴りでは、「jogging」と書かれます。「以前より前向きになったという点でも、ジョギングの意味はあった」「ジョギングはストレス解消にも役立つ」のように使われます。

「ジョギング」の特徴は、「両足が地面から離れる瞬間がある」ということです。この点は、前述のように片方の足が必ず地面についている「ウォーキング」との違いになります。また、「ジョギング」の場合踏み出した足が体の真下で着地する点も、「ウォーキング」との違いです。テンポも「ウォーキング」より早く、1分間に160歩ほど(「ウォーキング」は大体100歩ほど)の歩数となっています。

「ランニング」とは

ランニング

「ランニング」とは、英語で「走ること」を意味する「running」から来ている言葉です。一般的には、運動能力向上などを目的として走ることを指しています。「大会に向けて毎日のランニングは欠かさない」「新しいランニングシューズがほしい」のように使われます。

「ランニング」は「ジョギング」との使い分けが難しいところですが、主な違いは「運動強度」にあります。簡単に言えば、「ランニング」の方がスピードも速く、よりハードな運動となっています。「ジョギング」の場合、しゃべりながらでも行うことができますが、「ランニング」は息がはずむくらいの速さなので、会話は困難です。「ジョギング」は主に健康が目的で「ウォーキング」の延長にあり、「ランニング」は競技など本格的な運動目的で行うという区別もできます。