HOME>一般常識>「日食」「月食」の意味と違い

一般常識

「日食」「月食」の意味と違い

「日食」「月食」の意味と違い

「日食」「月食」の意味と違いとは

「日食」はドラマチックな天体ショーとして、起るたびに話題になります。ところで、この「日食」と似た現象に「月食」がありますが、両者がどのように違うのかご存知でしょうか。なんとなくは分かっても、詳しい説明はできないという人も少なくないでしょう。

そこで今回は、「日食」と「月食」の意味や違いについて解説していきたいと思います。

「日食」とは

日食

「日食(にっしょく)」とは、「地球から見た太陽が、月の背後に隠れる現象」という意味の言葉です。隠れ方の状態によって、「皆既食(かいきしょく)」「部分食(ぶぶんしょく)」「金環蝕(きんかんしょく)」の3種類に分けられます。「皆既食」は太陽面が全て月の影に覆われた状態で、「部分食」は一部だけが隠れた状態を指します。一方「金環蝕」は、太陽の外周だけが覗いている状態で、空に金色の環が浮かんでいるように見えることから、この名がついています。

「日食」の「日」は「太陽」を、「食」はこの場合、「欠ける」を意味しています。

「月食」との違いは、「太陽が月の背後に隠れる」という部分にあります。「月食」の仕組みについては後述しますが、「日食」の場合、「地球-月-太陽」の順番に並ぶ点で、「月食」と使い分けできます。

「月食」とは

月食

「月食(げっしょく)」とは、「月が地球の影に入ることで、月面が暗くなる現象」という意味の言葉です。こちらも隠れ方の度合いによって、「皆既食」と「部分食」の2種類に分かれます。前者は月面が全て隠れる状態を指し、後者は月面の一部が隠れる状態を指しています。

「月食」と「日食」は、どちらも「ある天体が別の天体の影に入って見えなくなる現象」という点で違いはありませんが、個別の関係はそれぞれ異なります。「日食」が上記のように、「地球から見た太陽が月の後ろに隠れる現象」であるのに対し、「月食」は、「地球が太陽の光を遮ることで月が見えなくなる現象」を指しています。位置関係で見ると、「月-地球-太陽」の順番に並ぶ点が、「日食」との違いです。