HOME>コミュニケーション>五月雨式とは?「五月雨式に申し訳ございません」のメールの使い方とは?

コミュニケーション

五月雨式とは?「五月雨式に申し訳ございません」のメールの使い方とは?

五月雨式とは?「五月雨式に申し訳ございません」のメールの使い方とは?

五月雨式の意味とは?「五月雨式に申し訳ございません」のメールの使い方

仕事の関係で「五月雨式に申し訳ございません」や「五月雨式に失礼致します」と言ったビジネスメールを受け取ったことがある方も多いと思います。

ここでは「五月雨」、「五月雨式」の意味とは?に加えてビジネスメールでの「五月雨式に申し訳ございません」と言った使い方についてご紹介していきます。

五月雨・五月雨式の意味とは?

五月雨式(読み:さみだれしき)とは「物事が断続的に行われること」を意味する言葉です。
ビジネスメールなどで「五月雨式に申し訳ございません」と記載があった場合には報告や連絡などが一度のメールで送りきらずに、2通、3通、4通・・・と何度かに分けて送ることをお詫びすることを意味しています。

つまり言い換えるなら「何度もご連絡してしまい申し訳ございません」や「度々ご連絡してしまい失礼致します」、「立て続けにすいません」と言った意味の表現になります。

そもそも五月雨(読み:さみだれ)とは旧暦の5月(現在の6月)に降る雨、つまり梅雨ことを指し、五月雨式とは梅雨のようにダラダラと長雨が続くことに由来しています。

五月雨式の使い方

「五月雨式」と言った言葉はビジネスメールはもちろんのこと、口頭での会話の中でも使用されることがあります。

  • 現場の写真を五月雨式でお送り致しますのでご了承ください
  • プロジェクトの進捗状況を五月雨式に報告してください
  • 営業部の会議が毎週五月雨式に行われている
  • 生産できた分から五月雨式に御社の倉庫に納品させていただきます