社会人のためのビジネス情報マガジン

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • RSS

ビジネス用語

「ファクタリング」の意味とは?使い方や例文、「売掛債権担保融資(ABL)」との違い

「ファクタリング」の意味とは?使い方や例文、「売掛債権担保融資(ABL)」との違い

「ファクタリング」の意味とは?使い方や例文、「売掛債権担保融資(ABL)」との違い

「売掛金の回収」は、特に中小企業や個人事業主の資金繰りにおいて、重要な意味を持つ問題です。この問題の解決に役立つのが、「ファクタリング」と呼ばれるサービスですが、具体的には何を指しているのでしょうか。

今回は、「ファクタリング」の意味やビジネスシーンでの使い方などについて知りたいという人のために、例文付きでわかりやすく解説していきたいと思います。

「ファクタリング」の意味

「ファクタリング」とは

「ファクタリング」とは、売掛債権を業者(ファクタリング会社)に買い取ってもらったり、売掛金に保険をかけたりすることを指す言葉です。「債権買取業務」を意味する英語「factoring」に由来しています。

日本の企業間取引においては、商品・サービスの納入を先に行い、後から代金を回収するという信用取引(掛取引)が一般的ですが、これには売掛金の入金の遅延や、貸し倒れになるなどのリスクがつきまといます。こうした事態は、特に中小企業にとって、資金繰りにかかわる重要な問題です。「ファクタリング」は、保険をかけることで売掛金が回収できなくなるリスクを避けたり、または売掛債券の買い取りで現金を確保し、資金難に陥ることを避けるためのサービスとなっています。

「ファクタリング」と「売掛債権担保融資(ABL)」の違い

売掛債権に基づく資金調達法には、ほかに「売掛債権担保融資(ABL)」というものもあります。こちらは、売掛債権や在庫、機械設備などの流動資産を担保に融資を受けるという方法です。これに対し、「ファクタリング」は売掛債権を買い取ってもらうか、または保険をかけるサービスである点が異なります。また、「ABL」が「継続的な売掛金であること」を前提とするのに対し、「ファクタリング」ではそうした前提が必要ない点も、両者の違いになります。

「ファクタリング」の使い方・例文

「ファクタリング」の意味は上記のようなものですが、実際の使い方はどのようになっているのでしょうか。ここでは、ビジネス用語としての「ファクタリング」の用法について、例文を挙げて見ていきましょう。

例文:「ファクタリングには、買取型と保証型の2種類がある」

例文:「ファクタリング会社に債権を譲渡すれば、債権回収の期限前に資金化することができる」

例文:「取引先の経営状況が危ぶまれるので、保証ファクタリングを検討しておこう」

例文:「三者間ファクタリングでは、取引先に誤解を与えないように、資金の用途をきちんと説明しておくことが大切だ」

例文:「買取ファクタリングは早期に資金調達ができる一方で、契約の手間や手数料がかかるデメリットがある」

「ファクタリング」の種類

「ファクタリングの使い方」の例文でも述べたように、「ファクタリング」には「買取型」と「保証型」の2種類があります。ここでは、それぞれの種類の意味や目的などについて紹介しましょう。

買取型

こちらのタイプは、ファクタリング会社へ売掛債券を売却し、手数料を差し引いた金額を受け取る仕組みとなっています。審査対象が売掛金の信用力で、担保や保証人の必要がないことから、中小企業でも審査に通りやすいのが特徴です。売掛金をできるだけ早く現金化したい場合に行われるもので、キャッシュフローの改善に役立ちます。

サービス利用者とファクタリング会社の間のみで行われる「二者間ファクタリング」と、売掛先を交えて行われる「三者間ファクタリング」の2つのケースがあり、前者の方が手数料は割高になります。

保証型

保証型の「ファクタリング」は、売掛先の信用に不安があったり、または倒産などの可能性がある場合に、貸倒れリスクを軽減する目的で利用するものです。「買取型」とは違い、資金調達は目的とされません。あらかじめ所定の保証料を支払っておくことにより、売掛金の回収が困難な場合に、保証会社から保証金を受け取れる仕組みとなっています。

保証金額は、保証会社による売掛先の信用力調査に基づいて決められます。

「ファクタリング」の意味とは?使い方や例文、「売掛債権担保融資(ABL)」との違い

この記事が気に入ったら いいね!しよう

最新の情報をお届けします