キーボードを叩く音がうるさい人の対策方法11選

Enterキーなどキーボードを叩く音がうるさい時の対策方法

Enterキーなどキーボードを叩く音がうるさい人対策

職場にEnterキーを押す時には「ッターーーン」と激しく叩いてしまう方はいませんか?
また、Enterキーに限らず「カチャカチャカチャカチャカチャカチャ」と他の人の何倍も大きな打鍵音でタイピングしてしまう方もいると思います。
そういった騒音は一度気になりだしたらどうしようもなくなり、その人がタイピングしている最中は仕事に集中できなくなってしまっている方もいると思います。

もちろん、ワザとキーボードをうるさく叩いている人はいませんが、無意識の内に叩く音が大きくなってしまっています。特にノッている時や集中している時などEnterキーなどの音が大きくなりやすいばかりか、自分ではそういった音に気づくことはまずできません。

ここではEnterキーを含めキーボードを叩く打鍵音がうるさい時の対策方法と間違った対策方法も含めていくつか紹介していきます。

耳栓

耳栓

電話対応や職場でのコミュニケーションが比較的少ないプログラマーなどに限定されますが、耳栓をするのも効果的です。
完全に防げる訳ではありませんが、外部の音を遮断できるためキーボードを叩く打鍵音を小さくすることができます。

イヤホン

イヤホン

イヤホンで音楽を聞きながら仕事ができるのであれば、耳栓よりもさらに効果的です。また、音楽を聞きながら仕事をすることで集中力がアップするとも言われているため、キーボードを叩く音が聞こえなくなるだけでなく、業務効率もアップします。

ノイズキャンセリングヘッドホン

ノイズキャンセリングヘッドホン

ノイズキャンセリングとは騒音をヘッドホンが自動で感知して騒音と真逆の音(音波)を出し騒音が聞こえないようにしてくれる機能のことです。もちろん、音は打ち消されますのでヘッドホンが出す真逆の音も聞こえません。
最近はヘッドホンだけでなくノイズキャンセリング機能のついたイヤホンも販売されていますのでEnterキーの音はもちろん、キーボード全般の打鍵音を低減してくれます。

デジタル耳せん

デジタル耳せん

オフィスの事務用品で有名なキングジムから「デジタル耳せん」といった商品が販売されています。デジタル耳せんはノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンです。
イヤホンといっても音楽などを聞くことができないイヤホンのため、職場で仕事中にイヤホンやヘッドホンで音楽が聞けない方も社内の了承を得やすい傾向にあると思います。

静音キーボード(ノートパソコン)

静音キーボード

上記で紹介した方法はあくまでも自分でできる対策方法です。また、叩く打鍵音がなくなるわけではありません。低減させる効果はありますが、キーボードを叩く打鍵音を完全に消せるわけではなく、Enterキーを異常に強く叩く人の音などはかき消し切れない場合もあります。

一方、静音キーボードと呼ばれるキーボードはタイピングの音そのものが出にくいように設計されているキーボードになります。
そのため、強く叩くのが癖になってしまっている人でも打鍵音が出にくい設計になっていますので騒音そのものを無くすことができる対策となります。
安いものでは1,000円以下で販売されているものもあります。

キーボードカバー

使用しているキーボードにカバーをかぶせ、叩く打鍵音を軽減させることができるのがキーボードカバーです。また、デスクトップタイプのキーボードだけでなくノートパソコンタイプのカバーも市販されていますのでどんなキーボードにも対策することができます。
中には数百円程度で購入できるものもありますので、上記の静音キーボードより導入はしやすいと言った特徴もあります。

直接「うるさい!」と注意する

直接「うるさい!」と注意する

人によっては「直接注意できる」と言う人もいると思いますが、場合によっては人間関係にヒビが入ってしまう可能性もありますので間違っているとは言い切れませんが、あまりおすすめできません。

気がつくように促す

気がつくように促す

「直接は注意しにくい」と思っている方も多いと思います。そんな時は「うるさい!」といったような直接的な発言ではなく遠回しな発言で相手に気づかせるのも1つの対策方法です。例えば「何か嫌なことがありました?」「キーボードが壊れているみたいですけど大丈夫ですか?」と言ったように間接的に伝えることで人間関係を悪くせず対策することが可能です。

やり返す

やり返す

キーボードの打鍵音に悩んでいる方の中にはイライラが募り、やり返すことで気づかせようと考えてしまう方もいるかもしれませんが、これも間違った対策方法となりやすいので注意が必要です。

冒頭でも記載したようにキーボードのタイピング音がうるさい人の多くが無意識に強く叩いてしまっています。そのためやり返した所で相手が自分の打鍵音に気づくとはかぎりません。
また、場合よってはまわりからあなたのキーボードを叩く音がうるさいと思われてしまうかもしれません。

上司に相談

上司に相談

上司に相談するのも対策方法の1つです。特に上記のように間接的な言い回しをしても意識から外れると打鍵音が大きくなってしまう場合などには上司など発言力のある人に相談し、直接注意してもらうことで改善する可能性が高くなります。
また、相談する時に上記で紹介した「静音キーボード」や「キーボードカバー」などを検討してもらえれば、即効性があるだけでなく、癖づいて直らない方でも高確率で改善させることが可能です。

自分の気持ちを入れ替える

自分の気持ちを入れ替える

仮に上司に相談しても「注意してくれなかった」「注意してもEnterキーの時だけは直らない」「上司のキーボードの打鍵音がうるさい」と言った場合もあるかと思います。そんな時は自分の気持ちを入れ替えできるのも対策方法の1つです。
「うるさいな」と感じ始めたら一旦席を離れたりすることで苛立ちも少しは改善されるかもしれません。