HOME>その他>会社で胡蝶蘭や観葉植物を捨てる方法

その他

会社で胡蝶蘭や観葉植物を捨てる方法

会社で胡蝶蘭や観葉植物を捨てる方法

胡蝶蘭や観葉植物を捨て方

日本では会社を設立した際や移転した際などお祝いとして胡蝶蘭や観葉植物を相手の会社に送る風習があります。

確かに送られると非常に嬉しいものですが、植物であるためいつかは枯れてしまい捨てることになります。

しかし、普段捨てている紙やペットボトルなどのゴミとは違い、植物であると同時に土や植木鉢なども含まれるため捨て方が異なります。
また、家庭で出るゴミと事業で出たゴミは取り扱い方が異なる場合もあります。

ここでは胡蝶蘭をはじめ観葉植物などの捨て方についてご紹介していきます。

捨て方は自体によって異なる

結論から言ってしまえば胡蝶蘭や観葉植物を会社で捨てる場合には各自治体によって捨て方が異なります。
そのため最終的には会社のある地域の自治体に確認をとってから捨てる必要がありますが、ここでは東京などの都内を中心に多い捨て方について紹介していきます。

捨てる前に分別する必要がある

前置きが長くなってしまいたが、会社で不要となった胡蝶蘭や観葉植物を捨てる場合にはまず分別する必要があります。
大きく分けると「植木鉢」と「土」、「植物」の3つに分別することができます。

中には土のかわりにハイドロボールと呼ばれる人工の土を利用したハイドロカルチャーが使われている場合があります。また、植木鉢は陶器やプラスチックで出てきている物もありますが、基本的には上記の3つに分けることができると思います。

分別して処分する

上記で記載したように「植木鉢」と「土」、「植物」はそれぞれ処分方法が異なります。
「捨て方は自体によって異なる」でも記載したように自治体によって処分方法が異なる場合がありますが、多くは下記の通りです。

植物の捨て方

植物は基本的に燃えるゴミとして処分することができます。
市販のビニール袋に入るように裁断し一つにまとめるようにしましょう。また土などがついてる場合にはしっかりと土を落とすことも重要です。

土の捨て方

胡蝶蘭や観葉植物を捨てるうえで最も困るのが土の捨て方です。
後述する「植物や土を公園などに捨てると犯罪です」に詳しく記載がありますが、土を公園などに捨てるのは不法投棄となります。

土は自治体によっては捨て方が異なる場合が多く、多くは不燃ごみと処分することが可能ですが、中には生ゴミとして取り扱っている自治体もあります。
また、地域によっては土の回収を行っていない場合もあります。

回収を行っていない場合は不用品回収業者などに依頼する必要がありますが、一部のホームセンターなどでは無料回収している場合もありますので確認してみることをおすすめします。

自治体で回収してくれる場合はビニール袋に入れて処分しますが、破れないように何枚か重ねるようにしましょう。また、量が多い時には重さで破れたり、運びにくくなりますので小分けするようにしましょう。

植木鉢の捨て方

植木鉢は陶器でできた物やプラスチックでできた物がありますが、どちらも不燃ごみとして処分することが可能です。

植物や土を公園などに捨てると犯罪です

植木鉢をそのまま公園などに捨てる方はいないと思いますが、植物は元々土の上に生えていたものであるため公園など捨てても問題ないと思ってしまう方もいると思います。
また、観葉植物などに使われていた土は公園などにある木の下に捨てても問題のでは?と思っている方もいるかも知れません。

しかし他人や国などが所有している場所に物を捨てることは日本の法律では不法投棄に該当してしまいます。もちろん、自分の所有している土地であれば問題ありませんが、公園以外にも河川やマンションの花壇、道路脇のプランタンなどに捨てるのも違法行為です。

完全に枯れてなければ買取と言った方法もある

中には胡蝶蘭や観葉植物を買い取ってくれる業者も存在しています。
買い取ってもらうことで処分費用がかからないだけでなくリサイクルされるため環境にも優しい処分方法となります。

業者によって観葉植物の買取は行っておらず胡蝶蘭のみと言った業者や枯れた胡蝶蘭の買取は行ってもらえない場合もありますので注意する必要はありますが、引取にきてくれる業者もいるため手間もそれほどかからず捨てることが可能です。