職場で上司や部下に嫌われる原因となりやすい21の音

職場で上司や部下に嫌われる原因となりやすいの音

音が原因で上司や部下などから嫌われるかもしれません

職場でなくても人の話し声や車の音などがうるさく聞こえたことは誰でも経験があるはずです。また、うるさい!と思った際に苛立ってしまったりストレスを感じてしまったこともあると思います。
さらにこれまで知り合った人の中には音に限らずある一点が合わないと言う理由で嫌いや苦手と思ってしまった人もいると思います。

つまり自分では気にしなくてもあなたの発する様々な音が原因で職場の上司や部下だけでなく、先輩や後輩さらには同僚などから嫌われてしまうかもしれません。

キーボードの音

キーボードの音

「キーボード うるさい」と検索すると様々な方がキーボードの音で悩んでいます。特にそういった音は家庭内で問題となるよりも仕事を行う職場で問題となるケースが多く、一旦うるさいと思われると相手は気になりやすく嫌われてしまう原因となりやすいのが現状です。タイピングの際の音はもちろんのこと、特にEnterキーを押す際には音がでないように気をつけるようにしましょう。

Enterキーなどキーボードを叩く音がうるさい時の対策方法11選

マウスの音

マウスの音

キーボード同様にマウスの音も耳障りになりやすい音になります。
マウスの「カチカチ」といったクリック音はもちろんのことページをスクロールする時などに使用するホイール音も耳障りと捉われやすいため注意しましょう。
キーボード同様に自分でもうるさいと思うようであれば、静音性の高いキーボードやマウスに変えてもらうようにしましょう。

食べる時のクチャクチャと言った音(クチャラー)

食べる時のクチャクチャと言った音(クチャラー)

クチャラーと呼ばれる食べる時にクチャクチャと音を出してしまう人は嫌われやすい傾向にあります。特に仕事外の音であるため注意がしづらく、気づかない内に嫌われてしまう原因となります。
仮に仕事ができてもそれだけで上司からの評価が下がってしまったり、部下が飲みに誘われるのを嫌がってしまう可能性があります。

クチャクチャ音が出てしまう原因は口を開けたまま咀嚼する癖にありますので、口を開けたまま食べる癖がついてしまっている人は仕事中や職場の人と食事をする時だけでも気をつけるようにしましょう。
また、食事の際だけでなくガムなどを職場で食べる習慣のある人も注意が必要です。

ゲップ

ゲップ

胃に溜まった空気やガスが口から出る現象がゲップです。胃にある物が消化される際にガスが出たり、食べ物や飲み物を口に入れた際に空気が一緒に胃に入ることで出てしまいます。そのため自然現象ではありますが、聞かされる相手は気持ちの良いものではありません。
また、中には逆流性食道炎などが理由でゲップの出やすい人もいるとは思いますが、聞かされる方からすれば不愉快な気分になることに変わりはありませんし、正当な理由にはなりません。
特に男性社員の中には気にせずしてしまう方もいますが、場合によっては職場にいる女性社員全員に嫌われてしまう原因となるかもしれません。

咳払い

咳払い

咳払いも嫌われる原因となりやすい音です。
特に年配の男性には癖になってしまいっている方も多いと思います。また、風邪など体調不良であっても一緒に働いている職場の人からすれば不愉快以外の何ものでもありません。
のど飴舐めるなど相手の迷惑にならないように対策しましょう。

鼻をかむ音

鼻をかむ音

人の鼻水を想像して気分のいい人はまずいません。そのため職場、特に社内で思いっきり鼻をかむのも避けたほうが無難です。
特に鼻をかむ時に音が大きくでる人はそれだけで人に嫌われてしまう可能性があります。

指など関節を鳴らす音

指など関節を鳴らす音

クラッキングや指ポキと呼ばれる指などの関節からなる音。「ボキボキ」となるため気持ち良く感じやすい音ですが、聞かされる相手も気持ち良くなるとは限りません。人によってはその音が不愉快に音に感じてしまうこともあります。

歩く時の音

歩く時の音

足音も気になりやすい音の一つであり、嫌われやすい原因となります。
かかとを引きずりながら歩くのが癖になっている男性や「ドタドタ」と歩くのが癖になっている女性はもちろん、職場でスリッパを履く方は「パタパタ」といった音も人によっては気になります。もちろん、ワザとやっている人はいないと思いますが、一旦気になりだすと非常に不愉快な音に聞こえやすいため注意するようにしましょう。

階段を降りる音

階段を降りる音

上記と同様に嫌われやすい足音に階段を降りる時の音があります。
特に女性の方でスリッパを履いている方やストラップのないヒールを履いている方は注意が必要です。
平らな場所では気にならない音も階段を降りる時には音が大きくなりやすく、場合によっては音が聞こえてきただけで誰が降りてきたのか分かってしまう場合もあります。

ボールペンをカチカチさせる

ボールペンをカチカチさせる

無意識の内にボールペンなどを「カチカチ」させていませんか?
そういった音は自分では気にならなくても意外と響きやすいため相手を不愉快な気持ちにさせてしまう原因となります。
また、キーボードの音や歩く音などとは違い不必要な音であるため余計に嫌われてしまう原因となります。特に上司や先輩は下から注意しにくいケースが多いと思いますので行わないように気をつけましょう。

独り言

独り言

音ではありませんが、独り言を言う癖がある人も注意が必要です。
自分では気にならなくても一日中隣や前に座って独り言を聞かされる方からすれば気分の良いものでありません。また、それが原因で嫌われるだけでなく、あなたの独り言で仕事に集中できなくなってしまうかもしれません。

ため息

ため息

ため息をつくのが癖になってしまっている人も注意が必要です。ため息はネガティブなイメージにとらわれやすく、上記の独り言よりも周囲の迷惑となります。
相手もワザとではないと分かっていても聞いていて気分の良いものではありませんので度合いによっては嫌われる原因となります。
特に納期が迫っている時や難しい案件をかけている時などはため息が出やすいので注意しましょう。

舌打ち

舌打ち

舌打ちも独り言やため息同様、仕事に必要な音ではないため嫌われる原因となりやすい音です。イライラしている時にしてしまう癖がある人はできるだけ直すようにしましょう。

ドアを閉める音

ドアを閉める音

ガサツな人に多いと言われるのがドアを閉める音。特に社内は閉鎖的な空間であるため「バターン」と言った音は非常に響きやすい環境でもあります。また、営業として得意先でドアを毎回強く閉めるようでは、人間性を疑われてしまう可能性すらあります。

鼻歌

鼻歌

鼻歌を歌ってしまいやすい人も注意が必要です。職場で一緒に働いている人の中には納期などに追われている人もいます。そんな時に業務に必要のない鼻歌が聞こえてきてしまえば相手の気分を害してしまう原因となってしまいます。

引き出しの開け閉め

引き出しの開け閉め

ドアを閉める音がうるさい人はデスクやキャビネットの引き出しを閉める音にも注意しましょう。開ける際はもちろんのこと、勢いよく閉めると音だけでなく、繋がっている他の社員の机にまで振動が届いてしまうこともあります。

物を投げるようにして置く音

出社した際や営業から帰ってきた際にカバンを投げるように置くのが癖になっていませんか?また、使用していたボールペンやホチキスなどを置く際にも投げる、とまではいかなくても不必要に音が出るような置き方をしてしまっている人もいるかと思います。
そういった音は自分では気にならなくても近くにいる人には耳障りな音となりやすい傾向にあります。

声が大きい

声が大きい

社内では様々な会話がされていることかと思います。お客との電話など業務に必要な会話はもちろん、何気ない社員同士の会話も時には必要なことがあります。
しかし必要以上に大きな声で話してしまうと同じ職場で働く方に迷惑をかけてしまう場合もあります。社会人になってからはもちろん、学生時代に「声が大きい」など注意された経験がある方は気をつけましょう。

頭や体を掻く音

頭や体を掻く音

「かゆいものはかゆい」といった理由で体を掻いてしまうと嫌われる原因となります。頭や体を掻く音はこれまで紹介した音よりも聞こえにくいものの、「ボリボリ」と掻いてしまうと隣や前にいる人には聞こえてしまいます。
また、音だけでなく頭や体を掻く行為は「汚い」「不潔」といった印象を与えてしまう原因にもなりますので、社内などあまり目立つ場所では掻きすぎないように注意しましょう。

貧乏ゆすり

貧乏ゆすり

貧乏ゆすりをする癖のある方も意外と多いと思いますが、貧乏ゆすりも音がでることが多いため注意しておきましょう。また、音が出なくても振動は伝わりやすため嫌われる原因となります。

携帯やスマホの着信音や操作音

携帯やスマホの着信音や操作音

携帯やスマホの着信音にも注意が必要です。例え業務に必要な電話がかかってくるとしても社内で大きな音がなるようではまわりの人に迷惑をかけてしまう場合があります。
また、操作音も切っておくようにしましょう。