部下を持ったら気を付けましょう!これもパワハラ50選

部下を持ったら気を付けたいパワハラ50選

職務上の地位を利用して、適正な業務の範囲を超えて部下に精神的、身体的苦痛を与えることを、「パワーハラスメント」「パワハラ」と言います。
部下の教育の一環として、というつもりであっても、過剰なプレッシャーを与えたり暴力を振るったりすることはパワハラに当たります。

例えば、学生時代に体育会系のサークルに所属していた方などは、励ますつもりでちょっと大げさに叱りつけてみたり、冗談のつもりで軽く小突いてみたり、というやり取りに抵抗がないかもしれません。
しかし、職場の部下達に対してサークルや家族感覚で遠慮のない言動を行うことはパワハラにつながる可能性があります。
本人がそんなつもりでやっているつもりではなくとも相手を深く傷つけてしまうことがあるのも「ハラスメント」の特徴です。

今回は、「パワハラ」に当たるケースを50ほどご紹介します。
自分の言動を振り返ってみませんか?

態度によるパワハラ

態度によるパワハラ

ちょっとした態度ややりとりが部下にとってプレッシャーに当たります。
部下を勝手に「いじられキャラ」にしていませんか?
同僚や友達に対しては「ツッコミ」など軽い冗談のつもりでも、そういった態度に慣れていない部下にとっては心に傷を負う原因にもなります。

明らかに無視する
典型的なパワハラです。単なる気まぐれでも、相手には大きな心の傷を与えます。

明らかに冷淡な態度を取る
自分にだけ冷淡な態度を取られると、「何か悪いことをしたかな?」など、業務以外の余計な心配を与えてプレッシャーとなります。

嘲笑する
笑い方ひとつにしても、部下は上司のリアクションを想像以上に重く受け取るものです。

馬鹿にする
部下を馬鹿にするような態度を取って本人や周囲が笑っていたとしても、それで「笑いが取れた」などと勘違いをしてはいけません。「オイシイだろ?」なんてことを思っても、楽しいのは自分だけで相手は深く傷ついているかもしれません。

皮肉を言う

過剰な負担を与えるパワハラ

過剰な負担を与えるパワハラ

時間的、身体的、精神的に重い負担を与えます。
上司や先輩にしごかれて、時間的拘束、身体的負担に耐えて成長する、という体育会的な発想かもしれませんが、誰もが自分と同じ様な加重を与えられて仕事ができると思ったら間違いです。
部下の能力をよく見極めて適量、または無理なく成長が見込める程度の負荷を与えることが大切です。

こなし切れない過重労働を強いる
自分が過剰な労働をやってきたからといって部下に強要してはいけません。

残業、深夜労働、休日出勤を強要する
仕事ができない部下に向かって、「お前は仕事ができないんだから、休みなんかあるわけないだろ」などと時間外労働を強いるケースです。
しかしこれは上司が部下の能力を把握して適切な業務を割り当てていないことが原因ですので本人に負担を強いるのは筋違いです。

有給休暇の取得を認めない
確かに、業務上のスケジュールや他の同僚との兼ね合いを考えず自由に有給休暇を申請してくる部下には職場に影響が少なくなるよう考慮するよう指導する必要があるかもしれませんが、正当な有給休暇を与えないのはパワハラです。
また労働基準方に違反していることになります。

自分や他人のミスの責任を負わせる
「お前のせいだよ」と言うのは簡単ですが、本人にとっては大問題です。そもそも監督する上司に責任があります。

病欠を認めない

責任逃れをする

ミスに対して一方的に非難する

ちょっとした不手際やミスで何度も反省文を作成させる

業務上の立場を利用したパワハラ

業務上の立場を利用したパワハラ

管理する側として、部下の仕事内容や仕事ぶりはいちいち気になるものです。
しかし、立場を利用していやがらせを行っていませんか。
ちょっとしたいやがらせが、部下にとっては大きな負担になります。
評価したり仕事を割り振る立場であることを利用して部下に不当な仕事を割り当てることはパワハラに当たります。

業務を常時監視する
常に「見られている」という気持ちで仕事をすることほど嫌なことはありません。

業務上必要な知識や情報を与えない
業務上必要な知識や情報があるのに与えないことは、部下のミスを誘発する原因にもなります。「必要な情報は自分から確認しに来い」という態度は、教育でも何でもなく監督義務を放棄していると言わざるを得ません。

業務上必要なサポートを与えない
立場が上であるからこと、部下に取ってどのようなサポートが必要か分かるはずです。

立たされて数時間に及ぶ叱責を受ける
ワンマン上司がよくやりがちなパワハラです。部下のために、と思って叱責の言葉が止まらなくなる気持ちもあるかもしれませんが、人の話を集中して聞ける時間は約2分までだそうです。

本人の希望を無視しこれまでの勤務経験とはかけ離れた配置転換をさせられる
経験を積ませるため、という理由があったとしても、本人にとっては大きな負担です。本人の意向をよく確認して、説得する必要があります。

業務を過小評価する

明らかに少なすぎる仕事を割り当てる

不当に権限を奪ったり降格させる

仕事上のミスで発生した金銭的負担を求めると脅してくる

言葉によるパワハラ

言葉によるパワハラ

侮辱や馬鹿にするような発言でいやがらせするケースです。
「言葉遣いが汚いのは個性」というだけでは済まされません。
上司の一言一言が部下には大きくのしかかります。
からかいや冗談のつもりが精神的負担になるのです。

「お前なんて役に立たない」と侮辱する

「給料泥棒」と侮辱する
非常に言葉にしやすい罵り文句ですが、部下に対して泥棒呼ばわりするなどとは良識を疑わざるを得ません。そうさせているのは上司だと認識しましょう。

「お前の存在が目障りだ、いるだけで迷惑する」

「車のガソリン代がもったいない」

「肩にフケがベッタリついているぞ」
小さな声で指摘してあげましょう。

「やる気がないなら辞めるべきだ」
「やる気がないなら辞めちまえ」もよく聞く言葉ですが、本当にやる気があるのかないのかは本人とよく話をしてみないと分かりません。やる気はあるのにやり方が分かっていないだけかもしれません。

「死ね」や「殺す」などの暴言
非常に低レベルで問題外の発言ですが、まれに口にしてしまう人がいます。口が悪いでは済まされない言葉です。

暴力によるパワハラ

暴力によるパワハラ

仕事に暴力は不要です。
教育のため、と考えて行っているのであれば考えを改めるべきですし、何も考えないでイライラをぶつけたりしているのであれば部下は八つ当たりの道具ではありません。
暴力行為は明らかに人権を損なう行為で、傷害罪に問われることもあります。
問答無用で厳禁です。

物に当たる

大声で脅す様に追い込む

火のついたタバコなどを投げつけられる

頭を叩く、足を蹴る、突き飛ばす等の行為

孤立させるパワハラ

孤立させるパワハラ

部下の存在を否定するようなパワハラです。
会社内での人間関係を崩させるように仕向けることで、部下に精神的苦痛を与えます。

他の社員の前で大声で怒鳴りつける
自分がそうやって怒られてきたからといって、部下に同じことをしてはいけません。

相談や意見を激しくはねつける

仕事に対する意見が対立することもあるでしょうが、まずは部下の話を聞きましょう。

わざと孤立させるようにしむける

飲み会等に一人だけ誘わない

あらぬ噂を社内に流される
冗談のつもりでありもしないことを言いふらして笑いを取っても誰も面白がりません。

電話やメールを無視する

親睦を深めるつもりでも部下にとってはパワハラ

親睦を深めるつもりでも部下にとってはパワハラ

部下と親睦を図るつもりで遊びに誘ったり飲み会に誘うのも、頻度や相手の事情を考慮しないでやってしまうと過剰な時間的、精神的負担をかけることになります。
仲良くなるためにしているつもりが、距離を縮めているのは上司だけで部下は嫌がっているかもしれません。
相手の事情や気持ちを思いやって誘う必要があります。

お酒の一気飲みを強要される
アルコールハラスメントにもなります。自分と同じ様に飲める部下だけではありません。

勤務終了後に無理矢理遊びに誘われる
上司からの誘いは断りづらいものです。部下は遊び相手ではないということを肝に銘じて下さい。

翌日仕事なのに朝まで飲みに付き合わされる
「こうやって飲んでもキッチリ翌日の仕事をこなすのが社会人」という考え方はもはや古いと言わざるを得ません。

自由参加のはずの飲み会や親睦会に強制的に参加させる
休みのはずの日に飲み会や親睦会への参加を強制させることはパワハラになりかねません。飲み会や親睦会とはいえ、参加する部下は「仕事」と捉えます。

肩もみや私的な雑用を命じられる
上司の肩をもむために職場にいる部下などいません。

プライベートに立ち入るパワハラ

プライベートに立ち入るパワハラ

職場においては、同僚に立ち入られたくないプライベートな部分が誰しもあるものです。
部下のプライベートも把握して、世話を焼いて、なんてお節介にも程があります。
信頼関係を築けば部下の方からプライベートを明かしてくるものです。
上司の方から無理に距離を詰めて行くことはいやがらせになってしまうことがあります。

携帯電話を勝手に見たりいじられる
デスクの上に置かれた部下の電話が鳴って、その着信画面を見て「彼女から電話だぞ〜」なんて、冗談のつもりであっても完全にプライベートの侵害です。

身体的特徴をからかわれる
単なるイジメです。やめましょう。

女性経験がないことを嘲笑する
余計なお世話です。男性同士であってもセクハラにも当たります。

お見合いを無理に進める
結婚の世話をしたい、仲人をやりたい、という気持ちも分かりますが、頼まれてからやりましょう。

宗教、信仰などの否定や悪口
人権侵害です。

プライベートの時間帯に不必要な電話、メールをする
親睦を深めるつもりでも、部下にとっては大きなプレッシャーかもしれません。どう返事をすれば上司のご機嫌を損ねないか、部下は常に気を遣っているのです。

まとめ

いかがでしょうか?
上司の行動に対して、部下が反対したり抵抗したりすることは勇気が必要で非常に難しいもので、部下は「嫌だな」と思っても「自分が我慢すればいい」と考えてその場を耐えることを選んでしまい、精神的負担になることもあります。
その蓄積でやがて怒りが爆発したり、うつ病などの心の病気を引き起こすことがよくあることを、上司は理解しておかなければなりません。

プレッシャーを与えたり身体的な罰を与える、などというやり方をしなくても、部下と心を通じ合わせいい仕事ができる環境を作る方法はいくらでもあります。
それぞれに個性がある部下たちをまとめ、チームとして機能させるのは大変な苦労を伴うかもしれませんが、部下ひとりひとりがされたら嫌なことくらい把握しておかなければ仕事がスムーズに進むはずがありません。
素晴らしい職場にしようと思うのであれば、パワハラはあってはならないものであるということを認識しましょう。