HOME>その他>スポーツの意外なルール

その他

スポーツの意外なルール

スポーツの意外なルール

やっている人でも知らない!?スポーツの意外なルール

どんなスポーツにもルールはあるが、そのルールを完璧に覚えている人は意外にも少ない。ここでは相撲や野球、サッカーやフィギュアスケートなど様々なスポーツの意外なルールについて紹介していく。

相撲のルール

相撲のルール

物言いは審判以外もできる

行司の判定に納得できない場合、間違いあると思われる場合に再審を依頼する物言い。力士は物言いを言うことはできないが「勝負審判」が物言いを言うことができる以外にも次の取り組みを待っている控え力士も物言いを唱えることができる。

まわしが外れたら負け

相撲は土俵の外に出たり、足の裏以外が地面についたら負けとなる。またまわしが外れても負けとなる。それ以外にも禁じ手と呼ばれる「髷を掴む」「拳で殴る」などの行為も負けとなる。

野球のルール

野球のルール

打順が違っても気が付かれなければOK

野球は通常1番バッターから順に打席に入り、次に2番バッター、3番バッターと続き、最後のバッターが打ち終わったら最初のバッターに戻ると言った順序で打つ。しかし相手チームにバレなければ順番を変えて打つことも可能だ。
仮に審判がこの行為に気づいても注意することはできず、あくまでも相手チームから注意する必要がある。

9人以下になると負け

野球は9人で行うスポーツだ。そのため9人以下になると自動的に負けが決まってしまう。そのためサッカーのように少ない人数で戦うことはできない。そのために控えの選手がいるのだが、その控えの選手も出れず人数が足りなくなると相手チームの勝利になってしまう。

ホームランでもベースの踏み忘れはアウト

ホームランを打った選手がベースを踏みながら走っているのを見たことがある人も多いだろう。しかし喜びのあまりベースを踏み忘れた場合にはアウトとなる。しかし打順同様に相手のチームが踏み忘れがあったことを申告する必要がある。そのためベースの踏み忘れがあっても相手のチームが気づかなければホームランのままとなる。また、ランナーがいる場合前の走者を追い越してしまった場合にもホームランは無効となる。

振らなくても振り逃げ

三振したもののキャッチャーがボールを補給できずに落としたりそらした場合に一塁へ走塁することができる振り逃げルールだが、必ずしもバットを振っていなくてもキャッチャが補給できていなければ走塁することができる。
つまり見逃しでも振り逃げルールは適用される。

ラグビーのルール

ラグビーのルール

同点の場合は抽選で勝敗が決る

ラグビーは他のスポーツと違い引き分けになりにくいスポーツだ。仮に点数が同点でもトライ数の多いほうが勝利となる。しかし得点もトライ数も同じ場合には抽選で勝敗が決まる。

サッカーのルール

サッカーのルール

審判もレッドカードで退場できる

サッカーの退場と言えばレッドカード。審判がレッドカードを出すと選手は直ちに退場しなければならないが、このレッドカードは審判にも適用される。
実際に、審判が自らの行動を反省し自分にレッドカードを出し退場したケースはある。

レッドカードやイエローカード以外にグリーンカードがある

日本のプロの公式戦などに存在しないが、日本では小学生以下のサッカーにはグリーンカードがある。これはフェアプレーをした選手やチームなどに対して与えられる。勝敗などには一切関係がないが、サッカープレイヤーとしては栄誉ある勲章である。
しかしイタリアのプロリーグでは2016年からグリーンカードが正式に導入されている。

ベンチにいてもカードを貰う

ベンチにいる控えの選手もカードが出されることがある。暴言などスポーツマンらしくない態度や発言をするとベンチにいてもイエローカードはもちろんレッドカードで一発退場となるケースはある。

7人未満になると負け

サッカーは選手が退場になった場合、別の選手を変わりに入れることはできない。そのため退場した人数分だけフィールドに立てる選手は少なくなるが試合を続けることができる。しかし規定では7人以上で試合をすることが義務付けられているため5人目が退場となった時点で負けとなる。

PKで5人が蹴り終わっても終わらない場合は6人目が蹴る

サッカーは試合で勝負が決まらない場合に各チームから5人ずつを選びPK戦を行うが5人目が蹴り終わっても決まらない場合には先に抜け出した方が勝ちとなるサドンデス方式のPK戦によって勝敗が決まる。この時6番目に蹴るのは最初に蹴ったメンバー以外から選出しなければならない。また、11人目が蹴っても勝敗が決しない場合には最初の蹴った人へと戻る。
ちなみPK戦の世界最長記録は52本目で決着した。

スローインが入っても得点にならない

スローインがゴールキーパーを含め誰にも触れずにゴールに入ってしまっても得点にならない。相手のゴールに入った場合はゴールキックで再開する。また、自分のゴールに入っても(オウンゴール)得点にならず相手側のコーナーキックで再開する。
ただし、ゴールキーパーを含め一度でも他の選手が触れればゴール(またはオウンゴール)となる。

フィギュアスケートのルール

フィギュアスケートのルール

衣装が規定に満たなないと減点

フィギュアスケートでは衣装にも様々な規定が設けられており、違反すると減点の対象となる。「露出が激しい」「フリーダンスでは女性はスカートを着用」など様々なルールがある。しかしユニフォームなどに違反があると他のスポーツでは出場できないことも多いがフィギュアスケートでは減点となるものの出場することができる。

衣装の一部がリンクに落ちても減点

フィギュアスケートの衣装による減点には他にもある。その代表的なのが衣装の一部がリンクに落ちること。フィギュアスケートは様々な衣装を着て行われるスポーツだが、その一部がリンクに落ちた場合にも減点の対象となる。

脇毛が見えても減点

さらに脇毛が見えても減点の対象となる。このルールは男性も女性も該当する。また胸毛が見えても減点となる。

バク転やバク宙は禁止

フィギュアスケートと言えば3回転や4回転と言った横回転は見るが、縦回転であるバク転やバク宙を見ることはない。それはルール上、縦の縦回転を禁止しているからだ。オリンピックの大舞台でバク宙を決めた選手はいるが大きく減点された。

剣道のルール

剣道のルール

竹刀を落とすと反則

剣道のルーツは侍の訓練からきている。そのため竹刀(刀)を落とすということは死を意味するため剣道のルールでは反則となる。ちなみに剣道は反則が2回で1本、2本先に先取した選手の勝ちとなる。

真剣白刃取りも反則

相手の竹刀を無手で受け止める真剣白刃取り。しかし剣道のルールでは反則となる。上記でも紹介したように剣道では刀を手放す行為は反則となるため、白刃取りをするために自分の竹刀を手放すことはできない。例え自分の竹刀を持ったまま白刃取りをしても、竹刀の柄革(つかがわ)以外を持つことを禁止としているためやはり反則となる。

勝負が決まらなければ時間無制限の延長

剣道は規定の時間内に勝負が決まらなければ時間無制限の延長に入る。延長では先に1本を先取した方が勝ちとなるが、その1本が決まらなければ30分でも1時間でも試合を続けることになる。
実際に高校の総体で勝負が決まらず(休憩をはさみつつ)1時間近くも勝負が決まらなかったケースもある。

二刀流もルール上はOK

剣道の試合と言えば一本の竹刀で試合をするイメージがあるが二刀流でもルール上は問題ない。実際に宮本武蔵のように二刀流で試合にでる方も少ないがいる。

ガッツポーズをすると一本が取り消しに

剣道ではガッツポーズが禁止されている。そのため一本をとった後にガッツポーズをするとその一本は取り消しとなる

レスリングのルール

白いハンカチを持っていないと負け

レスリングでは試合をする際に白いハンカチを携帯していなければならない。もともとは怪我をした際に使用するために携帯が義務付けられていた。現在ではそのハンカチが治療に使われることはないが携帯はルールとして義務付けられている。

ビデオ判定を申し込む時はマスコットのぬいぐるみを投げ入れる

レスリングでは判定に納得ができない場合にチャレンジと言われるビデオ判定を申し込むことができる。この際、本来はスポンジを投げ入れるのだが、リオオリンピックではオリンピックのマスコットキャラクターのぬいぐるみを投げ入れることをルールとした。
ちなみにチャレンジに失敗すると相手に点が入ってしまう。

テニスのルール

テニスのルール

ボールが審判台に当たると失点

テニスは審判台にボールが当たると相手の得点となる。つまり、審判台に当たったボールが相手のコートに入っても無効となる。

ウィンブルドンでは下着の色も白と限定されている

テニスの四大大会と言われるウィンブルドンでは女子選手は白のウェアの着用が義務付けられているが、下着の色も白と決められている。

ノーバウンドでサーブを打ち返す

テニスはサーブにおいてはバウンドしたボールを打ち返すのがルールだ。そのため、ノーバウンドで返すのはNGで返してしまった場合には相手の得点となる。

ゴルフのルール

ゴルフのルール

鳥がボールをくわえて落としたら無罰で戻せる

ゴルフでは鳥がゴルフボールをくわえて移動させた場合、そのくわえた場所に無罰でボールを戻すことができる。鳥以外にも犬が移動させた場合も同様だ。
海外ではゴルフ場の池にワニや蛇がいることもあり丸呑みされることもあるが、その場合もあった場所からプレーすることができる。

キャディーがカートでボール引いてもプレーヤーは1打罰

キャディーがプレーヤーの指示でなく自らの考えてカートを動かし、プレーヤーのボールに気が付かずに踏んでしまった場合、ボールの所有者であるプレーヤーには1打の罰則が与えられボールがもともとあった場所にリプレースし直しプレーを続けなければならない。

水球のルール

爪が長いと切られる

水中の格闘技と呼ばれる激しいスポーツである水球。そのため選手同士の接触が多く怪我が絶えない。そのため爪が点検時に長いと判断されると切らされる。

水泳のルール

水泳のルール

壁から15m以上潜水してはならない

潜水泳法は息継ぎがないことで上下運動が小さくなるため早く泳ぐことができる泳法だが、自由形はもちろんその他の競技でもスタート及びターン後15m以上の潜水を認められていないことからルール違反となる。もちろんそれ以下であれば潜水しても問題ない。

ビーチバレーのルール

ビーチバレーのルール

ビキニ横幅が7cm以下

ビーチバレーに限らず様々なスポーツにはそれぞれユニフォームに規定があるが、女子のビーチバレーではビキニのサイドの幅が7cm以下と規定で決まっている。また男子も10cm以下と言った規定がある。これにはビーチバレー選手の肉体美を見せるためと言った目的がある。

ボクシングのルール

ボクシングのルール

マウスピースを故意に吐き出すのは反則

ボクシングでは殴られた際に歯が舌に刺さったりするのを防ぐためにマウスピースを装着する。しかしこのマウスピースを故意に吐き出すのは反則となる。もちろん故意でなければ吐き出しても反則とはならない。

卓球のルール

卓球のルール

タオルが使えるのは6の倍数の時だけ

卓球は試合中にタオルで汗を拭くことが許されているが、お互いの点数の合計が6の倍数となったときだけだ。以前は特にルールとされていなかったがペースを乱すのに好きなだけタオルを使う選手が表れたためルールに付け加えられた。

ネットにボールが当たってもプレーは続行される

卓球台の中央にはネットがあるがこのネットに当たって相手のコートにボールが入った場合にはそのままプレーが続行される。ただし、サービスと呼ばれる最初の一球目でネットにあったった場合にはノーカウントでやり直す必要がある。

エッジはOKだがサイドはNG

ボールがエッジ(角)に当たった場合には上記と同様にプレーが続行されるがサイドに当たった場合にはアウトと同じで相手の得点となる。

ノーバウンドでの返球はNG

卓球は最初のサービス以外は相手のコートにバウンドされる必要があるが、相手が相手のコートにバウンドする前に返球した場合にはこちらの得点となる。卓球では返球する場合には必ずバウンドしたボールを打つのがルールだ。