社会人のためのビジネス情報マガジン

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • RSS

違いの記事一覧

「浅ましい」「卑しい」の意味と違い

「浅ましい」「卑しい」の意味と違い

    「浅ましい」「卑しい」の意味と違い 「浅ましい」と「卑しい」は、どちらも「下品だ」といった意味を持つ言葉です。共にかなりネガティブなニュアンスが含まれることから、使い方にはかなりの注意が求められますが、そもそも両者がどの…

    「風貌」「風格」「風体」「風采」の意味と違い

    「風貌」「風格」「風体」「風采」の意味と違い

      「風貌」「風格」「風体」「風采」の意味と違い 「風」の字には、「空気の流れ」の意味のほかに、「姿」の意味もあります。この意味で使われる熟語に、「風貌」「風格」「風体」「風采」の4つがありますが、どれも意味合いが共通してい…

      「労る(いたわる)」「労う(ねぎらう)」の意味と違い

      「労る(いたわる)」「労う(ねぎらう)」の意味と違い

        「労る(いたわる)」「労う(ねぎらう)」の意味と違い 同じ漢字を用いていても、別の言葉を表すというケースは、いろいろあります。「労わる(いたわる)」と「労う(ねぎらう)」の2つもまた、そうした例に含まれる言葉です。これら…

        「忖度」「斟酌」の意味と違い

        「忖度」「斟酌」の意味と違い

          「忖度」「斟酌」の意味と違い 「忖度」という言葉は、森友学園問題をきっかけに注目されて以来、すっかり一般的な言葉となりました。しかし、その使われ方を見ていると、「斟酌」との違いが分かりづらいと感じる人も多いでしょう。どち…

          「哀れみ」「同情」の意味と違い

          「哀れみ」「同情」の意味と違い

            「哀れみ」「同情」の意味と違い 「哀れみ」と「同情」の2語は、どちらも他人が辛い目に遭った場合に使われる言葉です。共にさまざまな場面で登場しますが、中には特に使い分けを気にせず使用されているケースも見られます。しかし、こ…

            「邁進」「精進」の意味と違い

            「邁進」「精進」の意味と違い

              「邁進」「精進」の意味と違い 「今後も邁進していく所存です」「より一層精進してまいります」のように、「邁進」と「精進」の2語は、スピーチや挨拶の場でよく使われています。どちらも「一生懸命」といった前向きな意味合いで使われ…

              「おののく」「わななく」の意味と違い

              「おののく」「わななく」の意味と違い

                「おののく」「わななく」の意味と違い 「おののく」と「わななく」の2語は、どちらも「からだがふるえる」という意味を持つ言葉です。小説などの文章でよく見かけますが、一体この2つがどう違うのかということについては、多くの人が…

                「哀れみ」「憐れみ」の意味と違い

                「哀れみ」「憐れみ」の意味と違い

                  「哀れみ」「憐れみ」の意味と違い 「哀れみ」と「憐れみ」は、どちらも「あわれみ」と読む言葉です。漢字表記が違うだけで、意味内容はほとんど同じに見えますが、その一方でそれぞれ異なった使い方ができそうな気もします。では、実際…

                  「真理」「真実」の意味と違い

                  「真理」「真実」の意味と違い

                    「真理」「真実」の意味と違い 「真理」と「真実」の2語は、どちらも「本当」や「正しい」といった意味合いで使われる言葉です。表す内容が似ている上に、字の一部も重複していることから、違いがどこにあるのかよく分からないという人…

                    「方法」「手段」の意味と違い

                    「方法」「手段」の意味と違い

                      「方法」「手段」の意味と違い 「方法」と「手段」は、どちらも「あることを成し遂げるためのやり方」といった意味で使われる言葉です。共に職場や私生活で何気なく口にしたりしていますが、よく考えてみると、この2つの違いがどこにあ…