HOME>一般常識>「初夏」「立夏」「孟夏」の意味と違い

一般常識

「初夏」「立夏」「孟夏」の意味と違い

「初夏」「立夏」「孟夏」の意味と違い

「初夏」「立夏」「孟夏」の意味と違いとは

手紙などの挨拶において、「初夏の候」「立夏の候」という表現を目にすることも多くなっています。また、「孟夏」の表現も時々目にしますが、この「初夏」「立夏」「孟夏」は、どのように違うのでしょうか。実はよく知らないという人も少なくないでしょう。

そこで今回は、「初夏」「立夏」「孟夏」の意味や違いなどについて、詳しく解説していきたいと思います。

「初夏」とは

初夏

「初夏」とは、「夏の初め」という意味の言葉です。夏の季節の最初の方を指しており、読み方は「しょか」になります。「初夏のさわやかな空気を吸いこむ」「初夏の陽ざしがまぶしい」のように使われます。

「初夏」はまた、陰暦における4月の異称としても使われます。旧暦である太陰暦においては、4月から6月にかけてを「夏」とし、さらにひと月ごとに区切って、それぞれ別の呼び方をしていました。すなわち、4月は「初夏」、5月は「仲夏(ちゅうか)」、6月は「晩夏(ばんか)」という具合です。
太陽暦においては、陰暦の4月は5月6日ごろから6月5日ごろにあたるため、現在の「初夏」は5月初旬から6月初旬を指すようになっています。
時候の挨拶においては、「初夏の候」などと使われます。

「立夏」「孟夏」との違いについては、以下の項で詳しく見ていきましょう。

「立夏」とは

立夏

「立夏」とは、二十四節気の1つで、太陽の黄経が45°になる日を指します。読み方は、「りっか」です。「夏の季節が始まる」という意味から、「立夏」の字が当てられています。旧暦においては4月前半の15日間(太陽暦の5月6日ごろ~21日ごろまで)を指していましたが、現在の暦では、このうち第一日(5月6日ごろ)のみを「立夏」と呼ぶことが多くなっています。時候の挨拶として、「立夏の候」などと使われます。

「立夏」はこのように、二十四節気の1つで、夏の始まりとなる日を指すという点が、「初夏」との違いになります。「小満(5月21日ごろ)」前日までを指して使われることもありますが、いずれにしても「初夏」の期間とは違いがあります。

「孟夏」とは

孟夏

「孟夏」とは、「夏の初め」という意味の言葉です。「初夏」と違いはありません。読み方は、「もうか」です。「孟夏」の「孟」という字は、「はじめ」を表しています。また、「初夏」と同じく「陰暦における4月の異称」という意味でも使われます。

このように、「孟夏」と「初夏」は同じ意味の言葉ですが、現在「孟夏」という語が使われる機会はあまりありません。これは、「孟夏」の表現がかなり古風であることによります。また、「孟」の字が常用漢字表にないことも、使用頻度が少ない理由の1つです。ただ、手紙などのあいさつとしては「初夏」と同様に使えるので、相手の年齢によって使い分けるのもOKです。