HOME>一般常識>「削除」「消去」「抹消」の意味と違い

一般常識

「削除」「消去」「抹消」の意味と違い

「削除」「消去」「抹消」の意味と違い

「削除」「消去」「抹消」の意味と違いとは

「削除」「消去」「抹消」の3語は、いずれも「消す」という意味合いを含む点で共通しています。使われ方も似ているこれらの言葉ですが、使分けのポイントはどこにあるのでしょうか。それぞれの詳しい意味を知ることで、その違いが見えてくるはずです。

そこで今回は、「削除」「消去」「抹消」の意味や違いについて解説していきたいと思います。

「削除」とは

削除

「削除」とは、「文章などの一部を削って除くこと」という意味の言葉です。すでに書かれた文字や文を消したり、パソコンなどのデータを消すことを言います。
読み方は「さくじょ」で、「不穏当な発言は議事録から削除された」「余分なファイルを削除する」「古いコンテンツを削除する」のように使われます。

「削除」の「削」という字は、「刀で小さくする」さまを表しており、「けずる」「全体から一部を取り除く」を意味しています。「除」の字は「階段」を表しますが、「取り去る」「取ってなくす」の意味もあります。

「消去」との違いは、「消すのが部分か全体か」という点にあります。「消去」が文書などの全体を消すのに対し、「削除」はその一部を消すことを指します。一方、アプリやプログラムに関しては、「消去」がデータを完全に消し去ることを指すのに対し、「削除」はデータ自体は残っているという違いで使い分けられることもあります。

「消去」とは

消去

「消去」とは、「消えてなくなること、消してなくすこと」という意味の言葉です。文章やデータなどの記録、人の感情や記憶などが消え去ったり、または消し去ることを言います。
読み方は「しょうきょ」で、「ファイルを消去する」「記憶を消去する」のように使われます。

「消去」の「消」という字は、「水がなくなる」さまを表し、「きえる」を意味します。「去」の字は、「人のけがれを除去する」を表し、「消す」の意味を持ちます。

「削除」との違いは、上で見たように、「文書などの全体を消す」「データを完全に消す」という点にあります。一方、「抹消」との使い分け方については、以下で説明します。

「抹消」とは

抹消

「抹消」とは、「塗りつぶして消すこと」「記載事項を消すこと」という意味の言葉です。文字を上から塗りつぶして見えなくしたり、書類などの内容を完全に消すことを指します。
読み方は「まっしょう」で、「登録抹消」「記憶を抹消する」のように使われます。

「抹消」の「抹」という字は、「手でこすってはっきり見えないようにする」さまを表しており、「塗りつぶす」「取り除く」などの意味を持ちます。

「削除」と意味は似ていますが、データにおいては復旧が不可能であるという違いがあります。「消去」とも意味合いが重なるところはあるものの、「抵当権の抹消」などのように、登録や権利等を無くす場合に使われる点が異なります。