HOME>ビジネス用語>「プレスリリース」と「ニュースリリース」の意味と違い

ビジネス用語

「プレスリリース」と「ニュースリリース」の意味と違い

「プレスリリース」と「ニュースリリース」の意味と違い

「プレスリリース」と「ニュースリリース」の意味と違いとは

企業が何らかの情報を発信する時、よく使われる言葉に「プレスリリース」や「ニュースリリース」というものがあります。これらは共に同じことを指しているようですが、実はそれぞれの意味には、微妙な違いがあります。では、具体的にどんな点が異なるのでしょうか。

今回は、「プレスリリース」と「ニュースリリース」の意味や違いなどについて解説していきましょう。

「プレスリリース」とは

プレスリリース

「プレスリリース」とは、簡単に言うと、「企業などがメディアに対し発する情報」という意味の言葉です。

経営に関するお知らせや新商品にまつわる情報などの、企業・団体がメディアに向けて出した告知・発表を指します。「プレスリリースを配信する」「プレスリリースを発表する」のように使われます。
英語の「press release」から来た外来語で、「press」は「新聞」を、「release」は「発表」を意味します。

「プレスリリース」と「ニュースリリース」との違いは、「誰に向けたものか」という点にあります。「ニュースリリース」は後述するように、直接消費者に向けた発表を指しますが、「プレスリリース」はこれとは違い、TVや新聞などのメディアに向けた発表となっています。

「ニュースリリース」とは

ニュースリリース

「ニュースリリース」とは、「企業などが一般の人に向けて発した情報」という意味の言葉です。経営情報や新商品のお知らせなどの、企業・団体が消費者に向けて出した告知や発表を指します。「ニュースリリースを配信する」「ニュースリリースを発表する」のように使われます。
こちらもまた、英語の「news release」が元になった外来語です。

上記のように、「プレスリリース」とは情報を発する相手が違います。「プレスリリース」はメディアに発信された情報で、消費者はそれを間接的に知るのに対し、「ニュースリリース」はメディアを介さず、消費者に向けて直接発信するのが特徴です。
「ニュースリリース」はインターネットが普及したことで一般化した形態で、「プレスリリース」よりも詳細かつ素早く伝えられるというメリットがあります。

以上のような点を踏まえると、両者を使い分けやすくなるはずです。