HOME>ビジネス用語>「プレゼンテーション(プレゼン)」の意味とは?使い方や例文

ビジネス用語

「プレゼンテーション(プレゼン)」の意味とは?使い方や例文

「プレゼンテーション(プレゼン)」の意味とは?使い方や例文

「プレゼンテーション(プレゼン)」の意味とは?使い方や例文

ビジネスパーソンにとって、「プレゼンテーション(プレゼン)」という言葉はおなじみのものでしょう。さまざまな場面で耳にされますが、社会人になってまだ日が浅い人などの中には、「実は詳しい意味がよくわかっていない」という人もいるかもしれません。

そこで今回は、「プレゼンテーション(プレゼン)」の意味や由来、使い方や目的などについて、いろいろと解説していきたいと思います。

「プレゼンテーション(プレゼン)」の意味

「プレゼンテーション」(プレゼン)」の漠然とした意味は知っていても、その由来などはよく知らないという人も多いでしょう。ここでは、ビジネス用語としての「プレゼンテーション」の意味に加え、もともとの意味や発祥などについて紹介していきます。

「プレゼンテーション(プレゼン)」とは

ビジネスシーンで使われる「プレゼンテーション」とは、「売り込みたい企画や商品、訴えかけたいテーマなどの内容を、相手に対し効果的に説明するための技法」という意味の言葉です。「プレゼン」と略して呼ばれることが多くなっています。

通常は、話者が聞き手(数人~数十人までさまざま)に対し、実際の商品や試作品を見せたり、スライドやパワーポイントといったツールで資料を映しながら、それらを基に説明を加えていくというスタイルを取ります。社内向けに提案などを行う際や、クライアントへ営業を行う際など、業界を問わずさまざまなシーンで頻繁に行われています。

「プレゼンテーション」の由来

「プレゼンテーション」というカタカナ語は、英語の「presentation」という単語に由来しています。「presentation」の意味は、「贈呈」「授与」「紹介」「披露」「発表」といったものです。例えば「プレゼンを行う」といった意味を表したい場合は、「hold a presentation」という表現になります。ちなみに、語源である「present(プレゼント)」の形では、「贈り物」や「贈呈する」といった意味を表します。

「プレゼンテーション」の発祥

ビジネス用語としての「プレゼンテーション」が使われるようになったのは、アメリカの広告業界が最初です。広告代理店が、クライアントに広告のアイデアを採用してもらうために、説明の手段として使われました。広告自体はまだ形がないために、言葉や資料によって相手を説得しようとしたわけです。この手法は、やがてビジネスシーン全般に行き渡り、さらにビジネス以外の場面でも活用されるようになりました。

「プレゼンテーション(プレゼン)」の使い方・例文

「プレゼンテーション(プレゼン)」の意味について知ったところで、実際の使い方についても見ていきましょう。ビジネスシーンにおいて「プレゼンテーション(プレゼン)」という言葉は、以下の例文のように使われます。

例文:「社内向けのプレゼンでは、細かな導入部分は省いてもOKだ」

例文:「訴求力のあるプレゼンテーションを行うためには、相手の視点で資料を作ることが大事になる」

例文:「明確なメリットが感じられなければ、聞き手はプレゼンに興味を示さない」

「プレゼンテーション(プレゼン)」の目的

「意味」の項目でも触れたように、「プレゼンテーション(プレゼン)」は頻繁に行われる作業でありながら、その目的についてはあいまいになっているケースがよくあります。そもそも、「プレゼンテーション」は何のために行うものなのでしょうか。

「プレゼンテーション」は、「説明」を主軸に展開するものですが、それが一番の目的というわけではありません。最終的なゴールはあくまで、聞き手に対し「購入」や「利用」といった、具体的な行動を取ってもらうことにあります。つまり、ただ話を感心して聞いてもらうだけでは、「プレゼン」に成功したとは言えないわけです。こうした目的を達する上で求められるのが、「聞き手の目線に立って話をすること」です。自分の話したいことを中心に話すのではなく、相手が何を欲し、どう考えるかを主眼に置いて話をすることが重要になります。

「プレゼンテーション(プレゼン)」と「スピーチ」の違い

「プレゼンテーション(プレゼン)」と似た行為に「スピーチ」がありますが、この2つはどう違うのでしょうか。

「スピーチ(speech)」は、「演説」や「話すこと」を意味する言葉で、動詞「speak(話す)」の名詞形になります。「スピーチ」の特徴は、あくまで「話し手本位の行動である」という点にあります。話者が自分の考えや視点について率直に語るのが、「スピーチ」のポイントです。

それに対し「プレゼンテーション」は、「プレゼント(贈る)」を語源とすることからも分かるように、「相手のために行うこと」が主眼となっています。つまり、「聞き手本位」の行為であると言うことができます。

このように、「プレゼンテーション」と「スピーチ」は、表面上は似ていても、ポイントは全く別のところにある行為となっています。

最後に

以上、「プレゼンテーション(プレゼン)」の意味や使い方などについて、例文を挙げつつ紹介してきました。

上記のように、「プレゼンテーション」はさまざまなビジネスシーンで活用されています。「プレゼン」をうまくこなせることは、ビジネスパーソンにとって大事なスキルとなります。そのためには、「プレゼン」の目的について明確化しておくことが必要になりますので、上で紹介したポイントは、しっかり踏まえておくようにしましょう。