HOME>一般常識>「プレゼント」「ギフト」の意味と違い

一般常識

「プレゼント」「ギフト」の意味と違い

「プレゼント」「ギフト」の意味と違い

「プレゼント」「ギフト」の意味と違いとは

「プレゼント」と「ギフト」は、共に似た意味を持つ言葉です。しかし、それぞれの使われ方には、いろいろな点で違いがあります。ではこの2つは、具体的にどのような点で異なっているのでしょうか。

今回は、「プレゼント」と「ギフト」の意味や違いについて解説していきましょう。

「プレゼント」とは

プレゼント

「プレゼント」とは、「贈り物」や「進物」といった意味の言葉です。また、「贈り物をすること」の意味もあります。「同僚に誕生日プレゼントを贈る」「今年のクリスマスプレゼントはサッカーボールだった」のように使われます。

カタカナ語の「プレゼント」は、英語の「present」という単語に由来しています。「present」には「現在の」「今の」などの意味もありますが、「贈り物」「みやげ」といった意味も持ちます。

カタカナ語として使われる場合の「プレゼント」と「ギフト」の主な違いは、「プレゼント」の方がやや砕けた表現になるという点にあります。また、「贈り物」の意味では「プレゼント」の方が一般的な表現であるという点も、「ギフト」との違いになります。

「ギフト」とは

ギフト

「ギフト」とは、「贈り物」「進物」「贈答品」といった意味の言葉です。「就任祝いにギフトカードをもらった」「デパートのギフトコーナーを見て回る」「ギフトショップでお歳暮の品をチェックする」のように使われます。

カタカナ語の「ギフト」は、英語の「gift」に由来しています。「gift」には「贈り物」や「進物」といった意味のほか、「天賦の才」という意味もあります。

「プレゼント」との主な違いは、「ギフト」の方が比較的フォーマルな表現であり、会話ではそれほど頻繁に使われないという点にあります。また、「ギフト」はお中元やお歳暮といった「ご進物」の意味合いが強く、どちらかといえば目下から目上へ贈る物を指す点も、「プレゼント」との違いにあたります。さらに、「ギフト」は「贈り物」というよりは「贈り物商品」の意味合いが強い点も、「プレゼント」との使い分けのポイントになります。