HOME>人間関係>社内恋愛がバレる原因30選

人間関係

社内恋愛がバレる原因30選

社内恋愛がバレる原因30選

こんな原因で隠していた社内恋愛がバレる

社内恋愛が必ずしも悪い結果となる訳ではありませんが、仕事に集中できなくなる可能性や不倫などで会社のイメージを悪くする可能性があることから社内恋愛を禁止している会社は意外にも多い。また、禁止にしていなくても発覚すると部署異動や転勤などの措置をとる会社も少なからずある。
もちろん、社内恋愛を認めている会社もあれば、バレた場合にも特別な措置がなされない会社もある。

しかし、社内恋愛を嫌う社員がいることも多く、禁止されていなくてもバレないようにしている方は多い。ここではそんな社内恋愛がバレる原因やきっかけについて紹介していきます。

完璧とは言えないが下記の30点を気をつけるだけでバレる可能性は極端に低くすることができるはず。

出社や退勤が原因でバレる

出社するタイミングが同じ

同棲されている方はもちろん、駅などで待ち合わせをして一緒に通勤されている方は出社時間が一緒になっていないか気をつけましょう。
出社時間が毎日一緒であればバレる原因になってしまいます。

また、一緒に出勤しても彼女が先に出社し、数分後に彼氏が出社するようにして時間をずらしている方も多いと思いますが、それよりも先に出社している同僚からしてみれば、毎日彼女が出社した数分後に彼氏が出社してくる光景を見ていれば疑われてしまうかもしれません。

できれば一緒に出社するのを控えた方が無難ですが、どうしても一緒に通勤したい方は片方が喫茶店などで時間を潰すなどしてできるだけ間隔をあけるようにしましょう。

通勤中の電車で見かけた

社内恋愛している方の中には勤務先の最寄り駅が複数ある場合もあるかもしれませんが、そんな場合でも同僚や上司など多くの社員が同じ場所に向かって同じような時間に電車で通勤してきます。そのため、電車に乗っている最中はもちろん、下車した駅の中などでも目撃されてしまう可能性があります。
1度や2度であればごまかせるかもしれませんが、何度も目撃されてしまえば確実にバレてしまいます。

服が一緒でバレた

お泊りデートした翌日に服が同じなら確実に社内恋愛がバレてしまう原因になります。
特にホテルなどを利用した場合には二人共同じ服で出社することになりますので相手まで確実に特定されてしまいます。
事前にお泊りが決まっているようであれば着替えを駅のロッカーなどに入れておくようにしましょう。

また、どちらかの家に泊まる場合でも彼氏・彼女の着替えは数着分おいて置くようにしましょう。スーツで出勤する男性の方でも同じネクタイやワイシャツのシワなどで簡単にバレる原因となります。

退勤のタイミングが同じ・残業時間が同じ

別々の会社に勤めて入れば、勤務先の距離によっては平日に会うことが難しい場合もありますが、社内恋愛であれば別々に暮らしていても退勤時間を合わせれば会うことができます。
しかし「出社するタイミングが同じ」でも記載したように帰るタイミング同じ、または彼女が帰った数分後に彼氏も必ず帰ると言った状況が続けば誰の目から見ても社内恋愛しているは明白です。
少しでもバレる原因を取り除きたいのであれば一緒に帰るのはやめた方が無難ですが、どうしても一緒に帰りたいのであれば週の内、一緒に帰る日を限定するようにしましょう。

社内の行動や仕草などでバレる

社内で意識しすぎる

別のフロアで働いているなど社内で接触する機会が少なければそれほど気をつける必要はないと思いますが、同じ空間で働いている場合には注意が必要です。
二人っきりでいるかのように話してしまえば確実にバレてしまいます。
また、意識しすぎるのも注意が必要です。変に距離を取りすぎればまわりからは不自然にみえてしまいます。
けっこうこれが難しい所だと思いますがいつも通りにしているのが一番です。

アイコンタクトはバレる原因

バレないように社内ではなるべく話さないようにしている方も多いと思いますが、話さないかわりにアイコンタクトなどをとるとバレてしまう原因となります。
絶対にありえないとまでは言いませんが、同僚や上司に対してアイコンタクトで会話することはまずありません。そんな素振りを同僚に見られてしまえば確実にバレてしまいます。
上記でも記載しましたが社内にいる時は今まで通りにしているのが一番バレにくいでしょう。

話す距離

上記の続き、話す距離にも注意が必要です。特に同じチームや部署内で社内恋愛をされているなど、普段から話す機会が多い場合には話す距離が近すぎたり、意識するあまり遠すぎると他の同僚や上司バレる原因になってしまいます。
もちろん話し方や言葉遣いなどにも気をつけなければなりませんが、話す距離にも注意が必要です。

ボディタッチ

意識していればまず社内ですることはないと思いますが、休憩時間など気の緩んだ時には注意が必要です。ボディタッチをしている所をみられればまずバレてしまいます。
また、飲み会の席などお酒が入れば気が緩んでしまい、普段のボディタッチがでてしまう可能性も高くなってしまいます。

仕事が終われば好きなだけ一緒にいられると思い、そう言った時間帯や場ではできるだけ一緒にいないようにしましょう。

下の名前・あだ名で呼んでしまう

ほとんどの方が社内では名字で呼び合っているかと思います。しかし上記と同じよう気が緩むと普段呼び合っている下の名前やあだ名などで呼んでしまう可能性があります。
実際に下の名前で呼んでしまい、社内恋愛がバレてしまったケースもあるようです。

目で追ってしまう

意外とバレる原因となりやすいのが目線。近くを彼氏・彼女が通るたびに目で追っているようではバレてしまいます。
特に近くに同僚などがいる時に目で追ってしまうと本人はそんなつもりでなくても同僚には感づかれてしまう可能性が高くなります。
すでに社内恋愛をされているようであれば、今日・昨日、彼氏・彼女が社内でどんな動きをしていたか思い出してみてください。
いくつか記憶にあるようであれば、無意識のうちに目で追っている可能性があります。

他の社員と接し方が違う

同僚と話す際は同じように接していると思います。しかし社内恋愛の場合、彼氏・彼女という関係柄、特別な接し方をしてしまう場合があります。
自分たちは同じように接しているつもりでも近くで見ている同僚などからしてみれば、はっきりと違って見えてしまう場合があります。

柔軟剤の匂いが一緒

意外な盲点と言えるのが柔軟剤の匂いからバレてしまうケース。
特に男性は注意が必要です。それまで柔軟剤の匂いなんてしなかったのにある日から突然柔軟剤のいい匂いがしてきた。となればバレるとまではいかなくても疑いの目で見られてしまう原因となりかねません。

特に同棲をし始めた場合には注意が必要です。
柔軟剤の匂いは彼女が決める場合が多いと思いますが、できるだけ匂いのきつくないもの、特殊でないものを使うのが無難です。

ペアアイテムを持っている

ペアアイテムもバレる可能性を高くする原因となります。
出社する際は彼女だけ付ける場合でもそれがペアアイテムと知られてしまえば彼氏ができたことがまずバレてしまいます。そうなればどんな彼氏か聞かれるのは当然のこと。
彼氏・彼女ともにペアアイテムをつけるのは週末だけにするのが無難でしょう。

メールやチャットの消し忘れ

会社のメールやチャットから社内恋愛がバレてしまうケースもあります。
メールの送り間違いなどもありますが、メールを消し忘れを誰かに見られてしまったり、チャットのアクセス権限のある上司にやり取りを見られていたりする場合もあります。
また、会社のメールやチャットシステムを私用で使っていたことがバレると私的流用として問題になってしまうことも考えられますので会社のメールやチャットでやり取りするのは控えた方が無難です。

会社の携帯電話やスマートフォンの画像の消し忘れ

上記と同様に会社から支給されている携帯電話やスマートフォンなども使わないほうが無難です。特に携帯電話の場合には通話記録などを管理する人がみれるようになっていますので、営業時間外に使用しているとすぐにバレてしまいます。
また、写真などの消し忘れにも注意しましょう。

喧嘩したあとの態度

社内恋愛に限らず付き合っていれば些細なことで喧嘩することもあるでしょう。
もちろん、その後に仲直りするとは思いますが、そのケンカを仕事中でも引きずってしまう場合には注意が必要です。
しかしケンカ中にいつも通りの態度で接しろと言われてもなかなかできるものではありません。
そんな時はできるだけ社内では接触しないようにするのが無難です。
また、普段は一緒に出社しているのにその日に限ってバラバラに出社するなど変化をつけてしまうのも危険です。
できるだけいつも通りに行動するようにしましょう。

社内で隠れて会っている

特に付き合い当初は1分1秒でも一緒にいたいと思う方も多いと思います。そのため同僚などの目を盗んで社内でこっそり会ってしまいたくなるものですが、社内で見つかってしまえばまず言い逃れはできません。
しかも勤務中に遊んでいたと見られてしまえば処罰を受ける可能性さえあります。
社内では隠れて会うのは絶対に避けましょう。

その他で社内恋愛がバレる原因

その他にも社内恋愛がバレる原因はたくさんあります。

お弁当の中身が同じ

社内恋愛をされている方達の中は彼氏のためにお弁当を作って上げている方もいると思いますが、お弁当の中身が同じではすぐにバレてしまいます。
特に男性がお弁当を持っている場合には十中八九彼女が作っていますので、お弁当の中身を同僚などがチェックしています。
その中身が彼女と同じであれば翌日には全社員が知ってしまうこととなりかねません。

お互いのことを知りすぎている

社内恋愛がバレてしまう原因は様々ですが、普段の何気ない会話からもバレてしまう可能性があります。例えば彼女の誕生日を知っている。彼氏の抱えている案件の内容を知っているなど、普通であれば知っているはずのないことまで知っているとまわりに感づかれてしまいます。
「話す距離」なども重要ですが、あまり彼氏彼女の話をしないようにするのが無難でしょう。

恋愛の相談内容からバレる

社内恋愛に発展する前に同僚などに相談してしまうのは辞めておきましょう。
相談してしまえばその後隠すことはほぼ不可能です。
また、付き合った後の問題を相手を特定させないからと言って相談するも辞めておきましょう。どこの会社のどんな人だと告げずに相談しても相談された相手にヒントを与えたようなものです。
相談するのであれば必ず会社と関係がない友人に相談するようにしましょう。

信頼できる同僚にだけバラしてしまう

信頼している同僚にだけバラシてしまい社内恋愛がバレてしまったケースは多々あります。仮に信頼できる同僚2人だけバラしたとすると、その同僚が同じように信用できる他の同僚に2人ずつバラシ、さらにその同僚が2人バラすとなれば、数週間後には全社員が知ってしまうことにもなります。
人は隠し事をしていると誰かに話したくなるものですが、バレてしまったことを考え絶対に自らバラすのだけはやめましょう。

SNSの投稿

最近よくあるのがSNSの投稿が原因でバレてしまうケース。
誰が見ても社内恋愛が分かるような投稿はしないでしょうが、同じ場所の写真が投稿されている。同じ日に買い物をしている。などからバレてしまうケースもあります。
同僚の中にはそういったSNSの投稿をチェックするのが趣味と化してしまう方みられます。本人たちは数ヶ月前のことだから誰も覚えていないだろうと気軽な気持ちで投稿したつもりでも、チェックするのが好きな方の記憶には残っている場合があります。

日焼けのタイミングが同じ

日焼けに限った話ではありませんが、連休明けに一緒に日焼けして出社すれば言い訳はできても、疑われてしまう可能性があります。
日焼け以外でも「ペアアイテムを持っている」でも紹介したように些細な点からバレてしまうことを常に考えておきましょう。

有給休暇・シフトのタイミング同じ

有給のとり方にも注意が必要です。社内恋愛の場合、有給の申請日が同じであればバレる原因となってしまいます。よく最初と最後だけ1日ずつずらして取得する方法などもありますが、そう言った有給申請を何度も行っていれば誰の目にも明らかになってしまいます。
また、シフト制で働いている方も同様です。希望休を出すタイミングが異様に同じであればシフトを作る方からみれば一目瞭然です。

同僚が家にきた時にバレる

会社の同僚が家に遊びにきた際にバレてしまうケースもあります。もちろんそれと分かる物を見える位置に出している方はいないと思いますが、旅行先で買ったお土産などが見つかれば、「旅行に行ったことをなぜ隠しているのか?」と相手は疑ってしまいます。
また、彼氏・彼女を含めて同僚たち数人が遊びにくるときも注意が必要です。本来であれば知るはずもないのにどこに何があるのか知っている素振りが出てしまえば疑われる可能性大です。

デートしている所を目撃される

休日にデートしていて同僚や上司に見つかってしまえばほぼアウトと言えます。手などを繋いでいる所を見つかれば言い逃れはまずできません。
できるだけ見つからない場所に出かけるしかありません。

急に付き合いが悪くなった。でも理由を話さない

社内恋愛をしている場合、彼氏・彼女が出来たことさえ言えないケースが大半かと思います。しかし仕事後の飲みを頻繁に断りだせば、相手が誰と分からなくとも疑われる可能性は大いにあります。

疑われてしまえばバレてしまう可能性も高くなりますので、そんな時は飲みなど同僚などの誘いをできるだけ優先するように二人でルール化しておくようにしましょう。

カマをかけられる

上記で記載したように完全にバレていなくても疑われるようになればカマをかけられることも多くなります。もちろんカマをかけられた場合には冷静に対処していくしかありませんが、疑われる原因を作らないように行動するように注意しましょう。

噂に対して反応しない

上記で記載したようにはっきりと断定出来ていない場合、社内で噂になってしまうケースもあります。そんな時はあえて無視するのが一番です。
変に否定してしまうとボロがでる可能性が高くなります。特に疑いの目を向けている方はどんなに弁解しても疑いの目が晴れることはまずありません。

ルールを決めておく

「急に付き合いが悪くなった。でも理由を話さない」でも記載しましたが、ある程度ルールを作っておくと社内恋愛がバレる原因を少しでも取り除くことができます。

例えば「相手が残業していても待たずに先に帰る」や「一緒に出社するのは週に1日おき」などルール化しておくようにしましょう。特に残業のように相手の考えが至らずバレてしまうケースもありますのでお互いにルールをしっかりと決めておきましょう。

嘘の設定

彼氏彼女の存在を隠すために嘘の設定はやめておいた方が無難です。
些細な会話の矛盾が発覚すれば確実に疑われてしまいます。特に嘘の設定を全て覚えていることは困難です。
もちろん確実にバレるような内容を公表してしまうのはNGですが、ある程度事実通りに離して断定できる内容でなければ意外とバレにくいものです。