HOME>ビジネス用語>「M&A」「合併」「買収」の違い

ビジネス用語

「M&A」「合併」「買収」の違い

「M&A」「合併」「買収」の違い

「M&A」「合併」「買収」の違いとは

ビジネス関連のニュースでよく耳にするのが、「M&A」や「合併」などの用語です。これらの言葉は耳にする機会が多い分、つい内容が分かったような気分になりがちですが、実際には詳しい意味を言えないという人も少なくないでしょう。しかし、社会人としてはやはり、これらの意味についてしっかり把握しておきたいところです。

そこで今回は、「M&A」「合併」「買収」という3つの言葉について、その意味や違いを説明していきたいと思います。

M&Aとは

M&Aとは、「Mergers and Acquisitions」の略語です。Mergersとは「合併」を意味する英語で、一方のAcquisitionsは、「買収」を意味しています。つまりM&Aは、「合併と買収」という意味の英語を略したものになります。
このように、M&Aは企業が他の企業と合併したり、あるいは他の企業を買収することを指しています。

M&Aにはいろいろなメリットがありますが、譲渡企業の場合は企業の存続や発展、社員の成長といったことから、事業継承問題の解決などが見込めます。一方、譲り受け企業側としては、必要な経営資源を低リスクで時間もかけずに取得し、事業を始められるというメリットがあります。

そうしたメリットの一方で、M&Aは企業文化の融合に時間がかかったり、統合後に労働条件が変更される場合もあるなどのデメリットも見られます。
合併と買収との違いについては、以下で見ていきましょう。

合併とは

合併とは、複数の会社が1つになることを意味する言葉です。それまで個々に独立して経営されていた2つ以上の会社が、1つに統合されることを言います。

合併と買収は形としては似ていますが、内容には違いがあります。合併の場合、A社とB社という企業が行うとすると、このどちらか一方消滅するか(吸収合併)、もしくは両方の会社が消滅し(新設合併)、経営を統合するという形になります。この際、A社とB社が持つ人材、株式、資金等は、全て統合されることになります。

買収とは

買収という言葉は、やはり2つ以上の会社を統合させることを意味しています。この点では合併と違いはありませんが、前述のように、その内容は大きく異なっています。合併の場合、上記のように少なくともどちらか一方の会社を消滅させることになりますが、買収はそれとは違い、A社もB社も存続させつつ双方の会社を統合させるというやり方になります。

買収の具体的な方法は、以下の通りです。例えばA社がB社の株の買い占めを行い、B社のオーナーとなります。B社は株を売却することで、A社の傘下に入るわけです。これは「株式買収」と呼ばれる方法ですが、買収にはその他にも、対価を支払って対象の事業部門を手に入れる「事業譲渡」があります。

「資本提携」と「業務提携」の違い