HOME>一般常識>「博士(ハクシ・ハカセ)」の意味と読み方の違い

一般常識

「博士(ハクシ・ハカセ)」の意味と読み方の違い

「博士(ハクシ・ハカセ)」の意味と読み方の違い

「博士(ハクシ・ハカセ)」の意味と読み方の違いとは

「博士」という熟語には、「ハクシ」と「ハカセ」の2つの読み方がありますが、この2つがどのように使い分けられるのかということについては、あまりよく知らない人も多いでしょう。一体この2つの読み方は、それぞれどのような場合に使うべきなのでしょうか。

今回は、「博士(ハクシ)」と「博士(ハカセ)」の意味や違いについて解説していきますので、使い分ける際の参考にしてみてください。

「ハクシ」とは

ハクシ

「ハクシ」と読む場合の「博士」は、「学位」の種類を意味しています。学位とは、大学などの教育機関や国の学術評価機関などで、教育課程を修了した者等に与えられる栄誉称号のことで、「博士」のほかに「修士」や「学士」などの種類があります。「博士号」「博士論文」「博士課程」「医学博士」などという場合の正式な読み方は、こちらになります。

「博士」は、学位の中で最も位が高いもので、大学院博士後期課程を修了した者か、または大学院への論文提出でそれと同等以上の能力を持つと認められた者に対して、当該大学から与えられます。一方、防衛大学校研究科博士後期課程と防衛医科大学校医学研究科の修了者の場合は、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構へ論文を提出し、審査を経た後、同機構から与えられることになります。

「ハカセ」と読む場合との違いについては、以下で解説しましょう。

「ハカセ」とは

ハカセ

読み方が「ハカセ」の場合の「博士」とは、「学問やその道の知識に詳しい人」を意味しています。「昆虫博士」「漢字博士」「クイズ博士」などという場合の読み方は、こちらの方になります。

もともと「博士」という言葉は、律令制下で大学寮などに属する教官の呼称として使われていたもので、「中国由来の学問等に精通した人」を指していました。ここから、上記のような「学位としての博士」と、「知識に詳しい人としての博士」の2つの意味が派生したという経緯があります。

以上のように、2つの読み方の違いを「ハクシ=学位の種類」「ハカセ=知識が豊富な人」と覚えておくと、使い分けがしやすいでしょう。
ただ、俗には「学位」の意味で「ハカセ」と読むケースもあるので、「博士課程」や「博士号」を「ハカセカテイ」「ハカセゴウ」と読んでも、一般的には間違いとはみなされません。