HOME>ビジネス用語>「コンバージョン」の意味とは?使い方や例文、「コンバージョン」の例

ビジネス用語

「コンバージョン」の意味とは?使い方や例文、「コンバージョン」の例

「コンバージョン」の意味とは?使い方や例文、「コンバージョン」の例

「コンバージョン」の意味とは?使い方や例文、「コンバージョン」の例

「コンバージョン」という言葉は、マーケティングにおいては常識とも呼べるものです。特に、Webサイトを運営する上で避けては通れません。ただ、その意味については、まだよくわかっていないという人も多いでしょう。

そこで今回は、「コンバージョン」の意味や使い方などについて、詳しく解説していきたいと思います。

「コンバージョン」の意味

Webマーケティングにおける「コンバージョン」とは

ビジネス用語としての「コンバージョン」は、主にWebマーケティングの分野で使われます。この分野における「コンバージョン」とは、「最終的な成果」を意味する言葉となっています。Webサイトを訪れたユーザーが、サイト側が目標とするアクションを起こした状態を指します。「CV」と略して呼ばれることもあります。具体的な定義は場合によって異なりますが、例えば「ECサイトを訪れたユーザーが商品を購入した」「訪問ユーザーが会員に登録した」などといったことが、「コンバージョン」にあたります。

「コンバージョン」をいかに効率的に獲得し、最大化するかは、マーケティング担当者にとっての一番の課題となります。その課題達成のために、Webサイトの動線の検討や、コンテンツの最適化といった施策が必要になります。また、場合によってはインターネット広告などの有料施策を活用することも求められます。

「コンバージョン」を明確にする意義

Webサイトを開設したりリニューアルした際には、「コンバージョン」を明確にすることが重要になります。言い換えれば、「訪問者にどんなアクションを起こさせれば成功か」を決めなくてはなりません。これが決まっていないと、何を目標に運営すればよいかが分からなくなります。言わば、ゴールの場所が分からないままマラソンをしているような状態です。きちんとしたゴールがあってこそ、さまざまな戦略を練ることができます。つまり、「コンバージョン」の明確化は、サイト運営の根幹に関わる作業であると言えます。

「コンバージョン」の由来

カタカナ語の「コンバージョン」は、英語の名詞「conversion」に由来しています。「conversion」の意味は、「転換」や「変換」、「転化」、「転向」などといったものです。例えば「data conversion」なら「データ変換」の意味に、「the conversion of goods into money」なら、「商品の現金化」の意味になります。

英語におけるこうした意味から、Webマーケティングの分野では「顧客見込み」から「顧客」への変換を指して、「コンバージョン」と呼ぶようになっています。

「コンバージョン」の使い方・例文

「コンバージョン」の意味について学んだところで、実際の使い方についてもチェックしておきましょう。ビジネス用語としての「コンバージョン」は、以下の例文のように使われます。

例文:「記事が読まれただけでは、普通コンバージョンにはならない」

例文:「コンバージョンの数だけでなく、コンバージョンにかかるコストについても注目しなければならない」

例文:「SEOは、コンバージョン数をアップさせる上で大事な施策だ」

Webサイトの種類別「コンバージョン」の例

「コンバージョン」の意味は「成果」であると述べましたが、どういったものが成果となるかは、サイトの種類などによって異なります。ここでは、さまざまな「コンバージョン」の例について、Webサイトの種類別に見ていきましょう。

ECサイトにおける「コンバージョン」の例

ECサイトは自社の商品などを販売するためのWebサイトですが、ここで「コンバージョン」となるのは、通常は「商品購入」です。ただ、購入件数だけに注目すると売上アップの改善策が練りにくいため、「コンバージョン」を「中間地点」と「最終成果」の2つに分けることも多くなっています。その場合、中間地点の「コンバージョン」に当てはまるのは、「会員登録やメルマガ登録」「“カートに入れる”などのボタンクリック」といったものになります。

コーポレートサイトにおける「コンバージョン」の例

コーポレートサイトは、企業が自社の事業内容などを外部に発信するためのWebサイトです。こうしたサイトの場合、業態が「B to B」か「B to C」かで、「コンバージョン」にあたるものが変わってきます。B to Bの場合、「お問い合わせ」や「メルマガ登録」、「セミナー申し込み」、ツール系なら「トライアル申し込み」といったものが、「コンバージョン」として考えられます。

一方、B to Cの場合は「資料請求」や「会員登録」、「アプリのダウンロード」、「LINEの友達追加」といったものが、代表的な「コンバージョン」にあたります。

最後に

以上、「コンバージョン」の意味や使い方などについて、例文を交えつつ紹介してきました。

「コンバージョン」は、Webマーケティングにおいて最も重要な指標の1つです。いかに適切な「コンバージョン」を設定し、分析や改善を施していくかは、サイト運営の成否にかかってきます。社会人にとっては常識とも言える概念なので、基本的なことについてはしっかり踏まえておきましょう。