草食系男子や肉食系男子だけじゃない!全50種類の○○系男子一覧

○○系男子

○○系男子の種類を一覧で紹介

肉食系男子や草食系男子など男子をカテゴライズするようになったが、今では様々な○○系男子が登場するようになっており、今もまた常に新しいカテゴリーの男子が登場している。

草食系男子

草食系動物をイメージするかのような男子のこと。「決断力はないが女性の意見を尊重してくれる」「リードはないが女性のペースに合わせてくれる」「性的欲求がない、または弱い」など男性らしい特徴を持っていない男性のことを指す。
女子には人気はあるものの男子からのアピールがあることは稀なため、交際に発展するには女子からのアピールが必要不可欠である。

肉食系男子

草食系男子の対義語である肉食系男子。「好みの女性にはガツガツアピールをする」「自信家」「向上心が高い」「対人能力が高い」「リードしてくれる」などプラスの面もあるが「浮気しやすい」「わがまま」などマイナス面も持ち合わせている。

雑食系男子

雑食系男子とは草食系男子と肉食系男子の両方の特徴も持った男子のこと。女性の好みも幅広く、来るもの拒まずといった考えの男子も雑食系男子と言われる。

犬系男子

犬のように「人懐っこい」「甘えん坊」「褒められたい」などの性格を持つ男子を指す言葉。また、この後紹介する猫系男子よりも圧倒的に犬系男子は女性に人気があると言われている。

猫系男子

犬系男子と対局にいるのが猫系男子。猫が人に媚びないように女子に媚びない性格の男子を指す。「男子に振り回されたい」と言った意見や「追いかけたい」と言った考えの女子からは人気がある。

植物系男子

植物のように動かないなど「行動的ではない」や「食事の量が少ない」「体の線が細い」などの特徴を持った男性のこと。恋愛などに対しても関心があまりなく、性欲がまったくない人も多い。

猛獣系男子

「我が道を行く」と言った男性が猛獣系男子。「デートプランなども全て男性が決める」「どの店に入るかなども俺が決める」と言ったようないわゆるオラオラ系の男子のこと。
単にわがままな男子と感じてしまう女子も多いが、中にはこういったタイプを好む女子もいる。

塩系男子

男性の顔で分類されるのが塩系男子。しょうゆ顔やソース顔など男子の顔には様々な種類があるが、どれにも属さず、色白でくどさがなく、中性的な顔立ちの男性のことを指す。芸能人で言えば俳優の「綾野剛」や嵐の「二宮和也」などが塩系男子に該当する。

化石系男子

「家庭的」など一昔前に言われていたイメージの女性を好む男性のことを化石系男子という。そのため女性の社会進出により増えてきた自立している女性などに対して冷たい反応をするのが特徴。また、料理ができない女性や家事全般を苦手としている女性に対しても冷たい反応を示す。

昆虫系男子

昆虫である虫(無視)にかけて非モテ系男子のことで、積極的にアプローチするのも女子に相手にされていない男子の事を指す。
見た目の悪さはもちろんのこと、トークもいまいちなのが特徴。

断食系男子

イスラム教のラマダーン(断食)のように一時的に恋愛をしないと決めている男子のこと。
草食系男子の「リードが苦手」「積極性がない」とは違い、自らの意志で恋愛をしないのが特徴で、「元カノに裏切られた」「ひどい仕打ちをうけた」「振り回されるのに疲れた」「今は仕事に集中したい」などの理由から彼女を一時的に作らないと決めていることが多い。

絶食系男子

断食系男子とは違いそもそも恋愛に興味がない男子のことを絶食系男子と言う。ゆとり世代やさとり世代と呼ばれる最近の世代に多く見られ、女性はもちろん、性行為などにも興味を示さない。そのかわり趣味などに没頭している絶食系男子は多い。

夜会系男子

中性的な色気のある顔を持っている男性を指す夜会系男子。
新宿2丁目にいる男子のように恋愛対象が男性という訳ではなく、あくまでも恋愛対象は女性で顔立ちだけで分類される。

ヌクメン系男子

温もりを感じさせる男子のこと。ストレス社会と言われる現在の世の中で男子に温もりを求める女性が増えていることから人気上昇中の種類の男子。
優しさがあるだけでなく、子供好きや動物好き、表情の豊かなどの要素を持ち合わせているのが条件。

ハイエナ系男子

自然界にいるライオンやチーターなどが食べ残したエサを食べるハイエナにちなんで、名付けられたのがハイエナ系男子。肉食系男子や猛獣系男子が取りこぼした女子などに狙いを定めアプローチしてくる。また、前の恋愛や今の仕事などで心に傷を負った女子を狙う傾向にあり、そういったことに鼻が聞く。
見た目は良くも悪くもないのが条件で「中の上」といった所。

サブカル系男子

サブカル(サブカルチャーの略)とはみんなに人気のあるものではなく、一部の人のみに人気のある文化のこと。つまり、ファッションやヘアースタイル、趣味などにおいても人とは違う物を好む男子の総称をサブカル男子という。
また、多くの人が持っている物や人が好む物を意識的に好まない傾向にある。

オタク系男子

1つの物に興味を持ってしまっている男子のこと。固執してしまっているためその他のことには興味を示さない傾向にある。アイドルやアニメなどが好きな秋葉原にいる男子はもちろん、電車やお寺、ネットなど傾倒していればオタク系男子に該当する。

僧職系男子

僧職系男子とはお坊さんのこと。浮気などの心配がないといった特徴以外に、家柄がしっかりしている。将来安泰。といったような結婚生活を視野にいれて考えている女性に人気がある。また御朱印集めにハマる「御朱印ガール」が増えていることからも決して多くはないものの僧職系男子を好む女子はいる。

仙人系男子

仙人のように常に平常心であり、俗物(名誉や流行り、利益など)などには一切流されない男性のこと。また、仙人のように頑固たる自分の価値観や意志を持っており芯の通っている男性のことを指す。

カシミア男子

カシミア男子とは、「甘いルックス」「サラサラヘアー」といった見た目にくわえ、ヌクメン系男子のように温もりを感じさせてくれ、さらに見た目とは裏腹に中身はしっかりとしている男子のこと。

リディ系男子

イケメンでなおかつ家柄や学歴などが良くハイスペックであるにも関わらず、「嫉妬深い」や「失敗を他人のせいにする」など性格が悪い男性のことで、性格に問題があるがそれ以外はアベレージ以上の男性を指す。
ガンダムに出てくる「リディ・マーセナス」から由来している。

セカイ系男子

セカイ系男子とは特殊な職場や特殊な私生活などの環境下にいる男子がその世界を一般的であると認識し過剰な自意識を持ってしまうことから常識的ではない思想や価値観を持ってしまいっている男子のこと。
そのため世の中を表す「世界」とは違った世界にいるためカタカナで「セカイ」と記載する。
セカイ系とはアニメのカテゴリーとしてもともと存在し、エヴァンゲリオンの主人公である「碇 シンジ」などはセカイ系男子に該当する。

非モテ系男子

上記の昆虫系男子とほぼ同意義である非モテ系男子。見た目や仕事、収入ではなく「性格が暗い」「話が面白くない」「アピールが下手」「しつこい」などが理由で女子からモテない男子のことを指す。

ゲス系男子

ゲスい男子のことを総称してゲス系男子。自分は安全な位置に居られるSNSなどで誹謗中傷などをしたり、女子を見下した発言をしたりするのがゲス系男子。

給食系男子

給食系男子とは会社員やマンガ家、編集者、プランナーなどの調理道楽数名が集結し、「食べて作って振る舞う」を合言葉に、食イベントなどを行っている男性調理人ユニットのこと。「家メシ道場」という簡単に1食100円のご飯が作れる本も出版している。

餃子系男子

何を考えているのか分からない男子のこと。餃子は皮を破って中身を見ても何の具材が使われているのか分からないことから餃子系男子と呼ばれている。また、餃子はニラや豚肉など野菜と肉の両方が使われていることから肉食系男子と草食系男子の両方の特徴を兼ね備えた男子を指すこともある。

魚食系男子

草食系男子よりも肉食系男子に近い存在ではあるが、肉食系男子が積極的に獲物を狩るハンターであるならば、魚食系男子は積極的に狩りにいくのではなく、釣り人のように仕掛けに女性がかかるのをじっと待つタイプの男性のこと。
また、本能的に女性を狩るハンターとは違い、冷静に獲物を狩ることから冷静沈着で知性の高い男子を指す。

クリーミー系男子

見た目は癒し系の甘いルックスにくわえ、中身も男らしく芯はあるものの優しい性格の男子のことを指す。さらに肌もキレイで、ファッションセンスもあり、時に厳しいなど多くの女子の理想形がクリーミー男子。

クリームシチュー系男子

クリームシチューのように暖かさがあるだけでなく、男女と言った性別や年齢を問わず愛されるキャラの男性のこと。また、野菜も肉も入っていることから草食系男子と肉食系男子の良い所取りのような性格。もちろん見た目も良い男性だけに絞られる。
クリーミー系男子同様ほぼ女性の理想形とも言える男性の種類。

ロールキャベツ系男子

肉をキャベツで巻いたロールキャベツのように見た目は草食系なのに性格は肉食系といった男子のこと。このギャップが良いといった女子も意外に多い。
また、高級料理ではないことから見た目も良すぎず悪すぎないことも条件の一つ。

アスパラベーコン巻き系男子

上記のロールキャベツ系男子とは真逆の種類の○○系男子に該当するのがアスパラベーコン系男子。見た目は肉食系で中身が草食系となる。
あるアンケートによるとアスパラベーコン巻き系男子よりもロールキャベツ系男子の方が人気があるらしい。

ピーマン肉詰め系男子

ピーマンの肉詰めのように半分は野菜(ピーマン)でもう半分は肉であることから肉食系男子が下心を隠すために草食系男子のフリをしているのをピーマン肉詰め系男子という。
ガツガツした男性を嫌う女性もいることから草食系男子を装うピーマンの肉詰め系男子が多いと言われている。

ソーセージパン男子

見た目はパンのようにフワフワしているが、中身は肉食系である男子のこと。決して太っている訳ではなくあくまでもガッチリしていることが前提。「系」はつかないが○○系男子の一種。その見た目から女子は警戒しにくいと言われている。

肉巻きおにぎり男子

見た目は肉が巻かれボリューム感があるため肉食系男子のように装っているが中身は穀物系(田舎者)と言った地方から出てきて肉食系を気取っている男子を指す言葉。

ティラミス系男子

ティラミスの様にルックスやファッションはクール(ビター)だが、中身は甘えん坊な男子のこと。また、二人っきりになると甘えてくるなど家の外と中で変わるのもティラミス系男子の特徴。

カフェオレ様男子

「化粧水など美容アイテムを使っている」「ファッションなどに対する消費意欲が高い」など女性的な面を持っているものの、女性に対しては「オレ様」的な発言や行動をしてくる男性のこと。

鶏肉系男子

ガツガツとアピールしてくる肉食系男子よりも一歩控えめなのが鶏肉系男子。ただし草食系男子よりは男らしさを持ち合わせているのが条件。

豆乳系男子

カフェオレ様男子と同じ様に美容やファッションなどに対する意識が高いが、「オレ様」的な要素を持ち合わせていない男子の事。中性的な男性を指すことが多い。

スイーツ男子

ケーキやパンケーキなど甘いものを好む男性のこと。コンビニのスイーツはもちろんこと、スイーツ店にも詳しい。また、中には自らケーキなどのスイーツを作るのが趣味と言った方も少なくない。

ゆでたまご男子

ルックスは色白にツルンとした肌で清潔感があり、たまごの殻のように硬いと言った意味で人見知りだが、仲良くなると優しいと言った男性のこと。
また肌以外にも爪の手入れなども行い、ヘアースタイルも大人しいが毎日しっかりとセットしている男性のことを指す。

糧食系男子

糧食(りょうしょく)が貯蔵が効くだけでなく携帯しやすい食料であることから、利用価値が高い男子のことを指す。「暇だから今から来て」「○○まで送っていって」など女性にとって利用価値がある男性の総称。

侵食系男子

自分の領域に勝手に入ってくる(侵食してくる)男子のこと。
女子同士の会話や傘の中など様々な領域に侵食してくる。

軽食系男子

付き合ったり結婚したりと言ったような深い関係にはなりたくないけど割り切った付き合いならしても良い男子のこと。相手の男子も同じ気持ちのこともあれば、好意を持っている場合もある。

過食系男子

単に太った男性のこと。

こじらせ男子

もともとは「自信がない」「甘え下手」「コミュニケーションが苦手」と言った「こじらせ女子」の男性版がこじらせ男子。こじらせ女子とほぼ同じ意味だが「優柔不断」「嫉妬深い」など男性らしくない性格の持ち主。

淳系男子

ロンドンブーツ1号2号の田村淳のような男性のこと。もちろんイケメンであることが前提。

カイジ系男子

賭博黙示録カイジのような男子で「ギャンブル好きな男性」や「貧乏な男子」を指す言葉。また一発逆転を夢見ている男子などもカイジ系男子に該当する。

ネット弁慶系男子

普段は気弱なのにブログやSNSと言ったネット上では弁慶のように威勢が良くなる男子のこと。自動車の運転になると人が変わるのと同じようなメージの男性。
付き合ってみないと分からないが何年付き合っても気づかないこともある。

メガネ男子

メガネをかけている男子のことで、伊達メガネをかけている男子も含まれる。女子のよっては「知的に見える」「外した時のギャップがいい」などを理由にメガネ男子を好む人も多い

ユニコーン系男子

この世に存在しない空想上の動物であるユニコーンと同じように、全ての女性に好まれる男子のこと。見た目はもちろん、性格、収入など全てにおいて最高点の男性であることが条件であるためマンガやアニメの世界にはいてもこの世にはまず存在しない男子。

○○系女子や○○ガール一覧