イジメ・嫌がらせ

お局様の機嫌を損ねやすい発言と機嫌のとり方

お局様の機嫌を損ねやすい発言と機嫌のとり方

お局様の機嫌を損ねやすいNGな発言

お局様の機嫌はちょっとしたことで変わりやすいもの。それまで上機嫌だったにも関わらずちょっとした失言などで態度が180度変わってしまうことさえありえます。

また、日によって機嫌の変わるお局様は非常に多く、中には午前と午後で機嫌が変わったり、数時間おきに機嫌が変わるお局様もいます。
しかし、機嫌が悪いと分かっていても業務上、接しなければならない場合もあるかと思いますが、対応を間違えただけで、嫌味を言わたり意地悪をされる可能性もでてきます。

そんな、お局様の機嫌を損ねないためにも損ねやすい発言についてと、機嫌が悪くなってしまっているお局様の機嫌のとり方について紹介していきます。

お局様の機嫌を損ねやすい発言

冒頭でも記載したようにお局様と話す際には注意が必要です。ここでは機嫌を損ねてしまいがちな発言についてご紹介致していきます。

今、彼氏はいらないですね

旦那はもちろん、彼氏もいない独身のお局様に際に使ってしまいがちな発言です。
普通に考えればなんてことのない発言ですが、お局様からしてみると「いつでも作れるけど・・・」と言った意味に受け取ってしまう可能性があります。特に独身のお局様はモテないだけでなく、出会う機会も減っているためこういった発言には過剰に反応しやすい傾向にあります。

(お局様なら)まだまだイケますよ

お局様のネガティブな発言に対してフォローする意味合いで使われやすい発言です。
しかし、フォローのつもりで発言していてもお局様からしてみれば上から物を言われているように感じてしまいやすく、すでに下り坂であるといったように捉えられてしまいます。

出会いの機会がない

本当に出会いがない場合でもお局様の前では控えた方が良い発言です。
あなたが「ここの所・・・」という意味でいってもお局様は何十年も出会いがない場合もあり、嫌味と捉えてしまう可能性があります。

若返りましたね

髪を切ったりファッションを変えたりしたお局様にこの発言は絶対にNGです。「若返りましたね」の発言には「その前と比較して」と言った意味が含まれています。
そのため、意識的に言ってなくともお局様が「老けていた」と言ったことになってしまいます。

特に髪型を大きく変えた時は何かあった可能性もありますので、他の人の発言に対してお局様がどう反応するか見定めてからその話題に触れるかどうか判断しましょう。

似合いますね

上記の別の言い方として「似合いますね」と言った発言もありますが、これもNGです。これだけだと「前は似合ってなかったってこと!?」と捉えられてしまう可能性があります。もちろん、普通の人であればそんなことはまずありませんが、相手はお局様です。「今回の髪型も・・・」と言ったニュアンスも付け足したうえで発言するようにしましょう。

髪の毛染めたんですね

お局様クラスになると白髪も目立つようになり、白髪染めをすることも多くなります。そのため単に白髪染めをしたか、白髪を目立たせないように染めていることも十分に考えられます。

私も真似しようかな

この発言自体が問題となることは少ないですがあまり連発しない方が身のためです。
何度も「私も真似しようかな」と発言しながらも何一つ真似しなければどんなに鈍感なお局さんでもお世辞で言っていると気づいてしまい機嫌を損ねてしまいます。

「でも」「いやっ」など否定的な言葉

お局様から嫌みを言われたり、嫌がらせをされている方の中には、お局様と話す時に否定的な発言が癖になっている人も多くみられます。また、そう言った癖が無くても普段から無理難題を言われていると防衛本能からお局様に対してだけそういた否定的な意見が出やすくなってしまっている方も多くみられます。

しかし毎回そう言った発言はお局様の気分を害してしまう可能性がおおいにあります。お局様の前ではそういった発言が無意識の内に出てしまっていないか注意しましょう。

週末や祝日の予定は聞かない

週末や祝日の予定は聞かない方が無難です。お局様になるとそういった性格からプライベートで付き合う人も少なくなる傾向にあります。
もちろん、単なる世間話として聞いたつもりでもお局様からしてみれば「そっちは楽しいことがあるんでしょ」と言ったような捉え方をしてしまう可能性はおおいにありますので触れないほうが無難です。

しかしそんなお局様にも年に数回は旅行など楽しいイベントがあります。そんな情報を仕入れた時は機嫌のいい時を見計らってあえて触れるのもいいかもしれません。

バレンタインやハロウィンなどイベントの予定

上記と同じように特別なイベントごとの日も触れないように気をつけましょう。若い時には楽しかったイベントも歳をとると良いイベントである可能性は低くなります。
特に自分以外が楽しくみえるイベントごとに対しては嫉妬心を持っているお局様もいらっしゃいますので触れない方が無難と言えます。

お疲れですか?

気を使ったつもりで発言しやすいですが、「顔が疲れてるってこと?」などと変な意味で捉えられてしまう可能性があります。
特に歳のいったお局様は疲れていなくとも疲れているように見えてしまうもの・・・。
「疲れる」と言ったキーワードは使わない方が機嫌を損ねやすいかと思います。

肌がキレイ

仮に歳の割に肌がキレイでも若い子に比べればキレイな訳がありません。もしかしたらキレイに見えても悩んでいる可能性はおおいに考えられます。
顔はもちろん、肌全般には触れない方が無難です。

自分のことを名前で呼ぶ

仕事上で自分を指す際に名前で呼ぶことはまずありません。プライベートな場で使うのは問題ありませんが、お局様のいる前で使うのは絶対にNGです。
他にも「超」や「マジ」など学生ノリの発言は控えるようにしましょう。

不必要な共感

お局様にだって若い時はありました。そして若い時には年配の気持ちが分からないことも多々あったはずです。しかしお局様に嫌われないようによく分からなくても共感した発言をしてしまうこともありますが、不必要な共感はかえって腹の中を見透かされてしまいかねません。

ダイエットの話

歳をとると筋肉が衰えるうえに、代謝も悪くなるため太りやすく、痩せにくくなります。もちろんお局様も例外ではありません。
そんなお局様の前でダイエットの話はNGです。例えお局様が痩せていても皆様の何倍も努力をしているはずですので「同じようにされたくない」と思われてしまうかもしれません。

機嫌の悪いお局様に話しかけなければならない時は

ここからそんな機嫌の悪いお局様と話さなければならない時の対処法をご紹介していきます。

近づかないのが一番

元も子もありませんが、基本的には機嫌が悪いと分かっている場合には近づかないのが一番です。不用意に近づいてしまうと、お局様の機嫌をさらに悪くしてしまったり、八つ当たりの対象となってしまうかもしれません。
爆弾処理班がどんなに防護服をきていても危険であるのと同様に、機嫌の悪いお局様はいつどんな時に爆発するか誰も分かりません。近づかないで自然と機嫌が治るのを待ってから話しかけるようにしましょう。

お局様の好きなお菓子を献上する

仕事の話で話しかけなければならない時は、お菓子などを持っていくのも一つの方法です。営業マンが営業する際にいきなり本題から入らず、アイスブレイクと言われる世間話をするのと同じように違った話題から入ると入りやすいかもしれません。
そのアイスブレイクで有効なのがお局様へのお菓子の献上。ダイエット中やお菓子嫌いでなければ比較的効果的な方法です。

過去にあったお礼を掘り起こす

お礼を言われて悪い気持ちになる人はまずいません。そのため本題に入る前に過去にしてもらったことのお礼から入るのも効果的です。
「○○の時はありがとうございました。」から入ることでお局様の機嫌も少しは良くなる可能性がでてきます。