保証、保障、補償の意味の違いと使い分け

保証、保障、補償の意味の違いと使い分け

保証、保障、補償の違い

「ほしょう」と検索すると「保証」、「保障」、「補償」の3つが出てくるがそれぞれ意味が似ているようで異なる。
しかしビジネスの場で間違えてしまうととんだ赤っ恥をかいてしまうかも・・・
「保証」、「保障」、「補償」の意味からその違いを簡単にご説明していきます。

保証、保障、補償の違いと意味

結論から言ってしまえば、
「保証」は責任の観点から、
「保障」は保護の観点から、
「補償」は償いの観点から、
と言った意味に違いがある。

保証の意味

保証とは「保証人」「保証書」のようにある人物やある物に対して責任を負う人や物のこと。
つまり「責任を負う」事が保証となる。

保障の意味

「社会保障」や「会員保障」などとある障害からその人に害がないように守ること。
保証とは違い、「責任を負う」のではなく「害から守る」などが保障の意味。

補償の意味

「償う:つぐなう」の字があることから、受けた損害などに対して償うことが補償の意味。
「戦後の補償」など。