フリーランス、個人事業主、自営業、SOHO、ノマドの違い

フリーランス、個人事業主、自営業、SOHO、ノマドの違い

フリーランス、個人事業主、自営業、SOHO、ノマドワーカーの違いについて

以前から個人事業主や自営業という言葉はありましたが、最近はフリーランスやSOHO、ノマドワーカーと言った言い方をする方も増えてきました。
どの言葉も会社に属したビジネスマンやビジネスウーマンではなく、自ら仕事をこなすといった方々を指すように聞こえますが一部会社員を含む言葉もあります。

ここではそれらの違いについてご紹介していきます。

フリーランスとは

フリーランスとは企業に属さず独立して仕事を請け負う人のことを指します。

フリーランスの業態には様々な物があり、言語翻訳の仕事やウェブサイトやDTPといったデザインの仕事、システムやアプリなどの開発の仕事など多種多様な業態があります。

また、フリーランスの仕事の請け負い方はフリーランスごとによって異なり、翻訳やウェブサイト制作の場合には比較的単発(案件ごと)で仕事を請け負う場合が多いのに対して、プログラマーなどは単発の請け負いもありますが、企業の下請けのように比較的長期的に業務を請け負う場合が多いなど違いがあります。

どちらにしても企業と雇用関係にないため、自宅やカフェなど好きな場所で好きな時間に仕事をすることができます。

個人事業主とは

個人事業主とは「会社に属さず自ら事業を行っている個人」のことを指す言葉になります。
そして個人事業主は法律により明確に定義付けられている言葉であり、事業を行う場合には、個人事業主か法人として届け出を出す必要があります。

これだけ聞くと個人事業主とフリーランスは同じ意味に聞こえますが、フリーランスが上記で紹介したウェブサイトの制作者やプログラマーなど業務を請け負っている人を指すのに対して、個人事業主は飲食店の経営者や八百屋なども含むと言った違いがあります。
※飲食店や八百屋を行う法人として登記していれば個人事業主ではなく法人となります。

飲食店の経営者や八百屋は企業などから業務を請け負って仕事をしている訳ではないためフリーランスではありません。
つまり、フリーランス=個人事業主ではあるのもの、個人事業主=フリーランスとはならない場合があります。

自営業とは

自営業は個人事業主と同じ意味の言葉になります。
会社を設立した社長さんの中には自ら事業を営んでいることから自営業と名乗っている方もいますが、法人は法によって個人と同じように法人自体が1つの個人として扱いを受けます。そのため、本来の意味からすると会社の社長さんは自営業ではありません。

SOHOとは

SOHOとは「small office home office」の略称のことを言い、小さなオフィス・事務所を借りて仕事をしている方や自宅の一部を仕事場としている場合のことを指します。

例えば翻訳者として企業などから翻訳仕事を請け負い、自宅で翻訳作業を行っている方は、フリーランスでもありSOHOかつ個人事業主(自営業)でもあります。

一方、プログラマーとして、ある企業から仕事を受けているものの、その企業内に自分の席があり、そこで仕事をする場合にはフリーランスや個人事業主ではあるもののSOHOではありません。

ノマドワーカーとは

ノマドワーカーとは仕事場を限定されず、自宅やカフェなど好きな場所で仕事をする人達のことを指します。

フリーランスとの違いは、会社員を含むことにあります。
フリーランスが会社と雇用契約を結ばない方を指すのに対して、ノマドワーカーは会社員でもあっても仕事場が限定されていなければノマドワーカーとなります。

リモートワーク(テレワーク)とは

リモートワークとはノマドワーカー同様に仕事場を限定されず、様々な場所ではらく事ができる会社員のことを指します。少し前にはテレワークと言った呼び方をされていましたが意味は同じになります。

ノマドワーカーやフリーランスとの違いは、会社員に限定されている点にあります。
つまり、
フリーランスは会社に属さない個人事業主、
ノマドワーカーは個人事業主の場合もあれば会社員の場合もあり、
リモートワークは会社員のみに限定されます。

また、本来はリモートワークで働く人々が自宅やカフェなど仕事場を好きに選べるのに対して、在宅勤務は仕事場が自宅に限定される場合を言いますが、近年はリモートワーク=在宅勤務と言った言い方をされる場合が多くみられます。