マナー

女性に嫌われる男性の運転20選

女性に嫌われる男性の運転20選

女性に嫌われる男性がやりがちな車の運転

「ハンドルを握ると人が変わるな」などと言われたことはありませんか?自分では気にしていなくても他の人からは気になる運転と感じてしまうことも多々あります。また、異性となると考え方や感じ方なども異なることが多いため、もしかすると運転が原因で嫌われてしまうかもしれません。

ここでは男性がやりがちな女性に嫌われる車の運転を中心に紹介していきます。

女性に嫌われる車の運転

スピード狂

「俺は運転が上手い」「こんなスピードじゃあ事故を起こさない」と思って普段からスピードを出すのが癖になっている人は注意が必要です。自分では感じ慣れたスピード感でも助手席に乗っている女性からすれば「いつ事故を起こすのか」とハラハラしながら乗ることになってしまいます。そんな時間が何時間も続けば二度とあなたの運転で出かけたいと思うことはないでしょう。

イライラしている

渋滞や割り込みなどでイライラしていませんか?イライラしている女性と話をしたくないようにイライラしながら運転している男性の車に乗りたい女性はまずいません。
仮に割り込みは前の車が下手で急ブレーキをかけたとしてもイライラしたりしないようにしましょう。
多くの女性は車の運転が上手い男性よりも器の大きな男性を好むはずです。

文句を言う

上記同様、イライラを口に出してしまうと嫌われる原因となってしまう可能性がさらに高くなってしまいます。
「早く行けよ」「下手くそだな」などと文句を言っている男性と一緒にいても女性は楽しくはないはずです。

クラクションをすぐに鳴らす

クラクションをちょっとしたことで鳴らしてしまったり、必要以上に長く鳴らすといったような運転も女性に嫌われる行為となります。もちろん危険回避などのために鳴らさざるおえない時もありますが、あまりも鳴らしすぎてしまうと「うるさい」だけでなく「下品」「自己中」などと思われてしまうかもしれません。
また、クラクションを鳴らされた相手が腹を立て傷害事件になったケースがあるなど女性の観点からすればトラブルになりやすいため好まれる運転ではありません。

急な割り込みや強引な追い越し

急な割り込みも女性が嫌う運転です。危険であることはもちろん、「モラルがない」「マナーが悪い」と思われてしまいます。
また、強引な追い越しも危険が伴うため嫌われる原因となります。

割り込みや追い越し阻止

上記の割り込みや追い越しをされる側になることもあります。しかしそれを阻止しようするのも危険な行為であるため嫌われてしまうだけでなく人間性まで疑われてしまう原因となります。また、女性に嫌われるだけでなく場合によっては事故となる可能性があり、場合によってはその阻止が事故の原因となるかもしれません。

逆にそういったマナーのないドライバーに対して心良く道を譲ってあげれば逆に高感度をアップさせるチャンスとなります。

車間距離が近い

普段から車間距離が近い運転をしている男性も注意が必要です。自分では慣れた距離感でも同乗している女性からすれば、危険を感じてしまう運転です。特に運転する男性よりも隣に乗っている女性の方が距離感を近く感じやすい傾向にあるため危機感を感じやすくなります。
高速道路はもちろん一般でも車間距離をあけて運転するように気をつけましょう。

急ブレーキ・急発進

急ブレーキや急発進は危険な上に乗り心地の良いものではありません。場合によっては車酔いの原因ともなってしてします。
上記で紹介したしように車間距離が近ければ近いほど急ブレーキの回数も増えてしまいます。
車間距離をしっかりとあけておけば急ブレーキの回数が減るだけでなく、ゆったりとブレーキをかけていくことも可能です。

ブレーキが遅い

感覚の違いがでやすいのにブレーキのタイミングがあります。自分ではいつもどおりにブレーキをかけているつもりでも隣に乗っている女性の感覚ではブレーキが遅く感じてしまっているかもしれません。
どちらが正しいのかは別として、相手がそういった感覚を持ってしまえば嫌いにならないまでも、「二度と乗りたくない」と思われてしまいます。

煽り運転

女性に最も嫌われる原因と言っても過言ではないのが煽り運転です。
近年は社会問題ともなっており、煽り運転が原因で事故になった場合、煽り運転を行った方も罪に問われることがあります。
煽り運転を行ってしまう理由には苛立ちや競争心などが理由と言われていますが、他にもお互い車に乗っていることや他の人にバレにくく発覚しにくいと言った匿名性にあるともいわれています。
しかし同乗している女性からしてみれば煽り運転をする男性に好印象を持つことはまずありません。

黄色で進む

信号が黄色や赤になりそうだと思ったら加速し渡りきってしまおうと考える男性も多いと思います。しかしこれも安全や危険といった道路交通法は置いといたとしても同乗している女性にとってはあまりいい気のしない行動です。
万が一このことがきっかけで事故が起きれば自分だけでなく同乗している女性も怪我をさせてしまう可能性があります。

頻繁な車線変更

少しでも早く目的地につくために連続した車線変更を行っている男性ドライバーもいるかと思いますが、女性目線で考えればそんな運転をする方の車には乗りたくありませんし、一緒に出かけたくもありません。
しかも車線変更で何台か抜かしたもののその後渋滞などで抜かれるようなことがあれば、危険なだけで全くの無意味です。

駐車場などを使ったショートカット

信号のある交差点にコンビニなどがある場合、駐車場を使うことで信号で待たずショートカットすることができる場合もあります。
しかし運転のマナーとして決して良いものではありません。そういったマナーの悪さからあなたの品性が疑われてしまうかもしれません。

運転以外にもある嫌われる行動

上記で記載したような運転をしていなくとも嫌われやすいポイントがあります。もしも危険な運転やマナーを守った運転をしていてもドライブデート後に上手くいかない場合には下記のことが原因かもしれません。

アドの閉め方

ドアを「バン」と強く閉めるのが癖になっていませんか?自覚症状無くやってしまう方もいると思いますが、「乱暴」や「ガサツ」と言ったイメージをもたれやすい行動です。共に車を降りる時はそうでもありませんが、女性だけ残る場合などに強く閉めてしまうと部屋などよりも狭い空間であるため音も衝撃も響きやすくなります。

シートを倒して運転する

シートの倒しすぎも女性に好まれる運転ではありません。他にもシートに片足を乗せたりと言った行為も同様です。そういった姿勢から普段の姿勢やマナーなども悪いと連想されてしまうかもしれません。

窓からのポイ捨て

社内で出るゴミなどを窓からポイ捨てする行為も女性に嫌われやすい行為です。もちろんポイ捨ては道路交通法に反してしますので罰せられる可能性があります。
また、後続車にあたる可能性などもあるため場合によっては加害者になってしまうこともあります。

会話ができない

運転に集中しすぎて会話ができなくなってしまう方も中にいると思います。また、上記で記載したようにイライラしたりして会話がなくなってしまう場合もあるかと思います。しかし隣に乗っている女性からすれば楽しいはずありません。前者の場合には慣れが必要なため初心者の方はしょうがない場合もありますが、後者の場合には嫌われてしまう可能性もあります。

車がくさい

普段乗りなれた車のニオイは気づきにくいものがありますが、そのニオイに慣れていない女性からすれば気持ちのよいものではありません。何時間も乗ることになれば二度とあなたの車に乗りたくないと思われてしまう可能性は非常に高いです。
タバコなどのニオイはもちろん、男性特有のニオイや加齢臭などで車が臭っていないか女性を乗せる前に確認しておきましょう。

芳香剤のニオイがきつい

上記のニオイを消すためにニオイのきつい芳香剤を使用していませんか?車は狭い空間であるため予想以上にニオイがキツくなってしまいます。また、人によって好みが分かれるため自分ではいいニオイだと感じていても女性からしてみれば気持ち悪いニオイと感じてしまう場合があります。
そのため、芳香剤のきついニオイが充満した車も嫌われてしまう原因となる可能性があります。

気遣いができない

気遣いができない男性も好印象を持たれる可能性は低いと言えます。歩行者や自転車がいるのにスピードを出したりと言った運転中はもちろん、トイレなどの休憩に対する気遣いができないと言った場合も同様です。