女性社員に嫌われる男性社員の特徴100選

自分を見直そう!女性社員に嫌われる男性社員の特徴100選

男性と女性では、人生や仕事、生活に関する考え方や捉え方が異なる部分があります。
職場ではお互いがスムーズにコミュニュケーションを取ることが大事ですが、男性社員の言動が思わぬ形で女性社員に不快感を与え、仕事にも悪影響をもたらすこともあります。
そこで今回は、女性社員から嫌われる男性社員の特徴を紹介して行きます。
細かなところまでたくさん挙げますが、何より、自分を見つめ直すには徹底的にチェックしてみることが大切です。
さあ、見て行きましょう。

一般的なマナーが守れていないため嫌われてしまう

一般的なマナーが守れていないため嫌われてしまう

まずは基本編です。
この辺ができていないと当然ですが嫌われます。

■時間を守らない
出社時間、会議、各種締切等守るべき時間はたくさんあります。どれかひとつ「まぁいいか」になってしまうと、他の時間もルーズになってしまいがちですので気を付けましょう。

■ポイ捨てする
煙草は当然ですが、レシートや、お菓子を包んでいるビニール等のポイ捨ても当然NGです。

■つばを吐く
癖になっている人はついやってしまいますが、当然マナー違反です。道であっても職場の給湯室であっても、見ている人はいます。直すべき癖です。

■初対面からため口
プライベートでは相手との距離を一気に縮めるためにいいこともあるかもしれませんが、職場では厳禁です。親しみと馴れ馴れしさは違いますので気を付けましょう。

■ストレートに年齢を聞く

■言葉遣いが汚い

■貧乏揺すり
自分で気付かないことが多い癖ですが、他人もイライラしつつもあまり指摘してくれないものです。

仕事ができないことが嫌われてしまう

仕事ができないことが嫌われてしまう

仕事ができる、できないは個人の能力差もありますが、女性社員は、男性社員が仕事ができるかどうかをよく見ています。
自分が気をつけることで改善できることもありますので努力することは大切です。

■上司からよく叱られている
何度も同じことで叱られないように気を付けましょう。

■仕事を覚えようとしない

■同じミスを繰り返す

■選んで仕事をする

■休憩の回数が多い
特に喫煙者は要注意。煙草を吸いに行くたびに「サボりかよ」と見られることもありますので、よくタイミングを見て。

■優柔不断
優柔不断は仕事だけでなくプライベートでも女性に嫌われる要素です。

■自分の仕事量の限界を把握していない
自分でできない分量の仕事まで引き受けていつも残業・・・女性社員は同情の目ではなく、「仕事ができない男」と見ています。

仕事に対する態度が良くないため嫌われてしまう

仕事に対する態度が良くないため嫌われてしまう

仕事中のちょっとした態度にも、性格や考え方が出てしまいます。

■ミスをしても謝らない
ちょっとしたミスは誰にでもあることです。「すみません」「ごめんね」の一言が仕事をスムーズに進めます。

■派遣社員やアルバイトに対して偉そう
あからさまに派遣社員やアルバイトを下に見る態度は印象が悪いですね。

■メールの返信が来ない
女性社員に嫌われる、嫌われないにかかわらず、業務上問題があります。メールの整理をしっかりしましょう。

■会議中に携帯電話をいじっている

■人の手柄を横取りする

■知ったかぶりをする
周りから見て知ったかぶりをしている本人は、知ったかぶりをしていると思っていないことが多いです。自分がよく知らない話題に首を突っ込んでいい加減な発言をしていないか見直してみましょう。

■「忙しい」が口癖
嫌われる口癖の代表的なものです。「忙しい」を連呼しても誰も同情してくれません。仕事しましょう。

■舌打ちをする
地味ですがマイナスの感情をストレートに相手にぶつける行為です。「今舌打ちした?」から大げんかに発展することもあります。

■面倒なことからすぐ逃げる(他の社員に押しつける)

仕方がないことではありますが・・・

仕方がないことではありますが・・・

身体のことについては個人の特徴がありますので深くは追求しません。
こういった特徴を清潔感や明るい言動でカバーできるといいですね。

■太っている

■汗をかいたときのシャツの臭いがきつい

■体調を崩しやすい

■すぐ病気で休む

■字が汚い

長所も時には短所になります

長所も時には短所になります

長所と短所は表裏一体です。
自分が良かれと思ってしていることが相手をいらだたせたり傷つけたりしているかもしれません。

■優しすぎる
過剰な優しさや気遣いは逆に相手に警戒心を与えたりいらだたせたりする場合もあります。

■潔癖すぎる

■マイペースの度が過ぎて自己中
「マイペース」を、周りの流れに合わせられない言い訳にしていませんか。一人でコツコツやる仕事はマイペースでもいいですが、同僚と協力する仕事は周りのペースに合わせてがんばりましょう。

■やたらとオーバーリアクション
周りを盛り上げるために、とか自分のキャラだから、と思っているのかもしれません。しかしやり過ぎはうっとうしいと思われてしまい逆効果ですので気を付けて。

■相手を気遣ってハッキリものを言わない
歯の奥に物が挟まったような言い方をしては相手をイライラさせてしまうだけです。
できないことはできない、分からないことは分からない、とハッキリ言うことが相手のためでもあります。

セクハラまがいの言動が嫌われてしまう

セクハラまがいの言動が嫌われてしまう

下心やいやがらせをするつもりがなくても、相手が「セクハラだ」と思った時点でセクハラです。
誤解を招く言動は厳禁です。

■下ネタが多い
男性同士なら盛り上がるちょっとした下ネタなども、女性社員がいるところでは控えましょう。特に、飲み会等でお酒が入るとつい出てしまう人もいるかもしれませんが、女性社員の前では控えましょう。

■ボディタッチしてくる
男性同士であれば、励ますために肩を叩いたりすることもあるでしょうが、女性社員相手ではセクハラになります。

■社内メールや業務用のメッセンジャーなどでプライベートな誘いを持ちかけてくる

激しい言動は女性社員を怖がらせて嫌われてしまう

激しい言動は女性社員を怖がらせて嫌われてしまう

男性が思っている以上に、女性から見ると男性は怖い存在です。
ちょっとしたことで女性を怖がらせてしまうことをよく覚えておく必要があります。
また、ここで紹介しているようなタイプの人は男性の同僚にとっても扱いにくい存在です。
イライラしたりムッとしたりすることもありますが、深呼吸して落ち着きましょう。

■攻撃的でいつも周囲とぶつかっている

■上司や同僚と言い争っている

■勝手な行動をして問題を起こす

■常に表情が険しい

■他の同僚をすぐ批判する

■すぐ感情的になる

■言い方がいちいちきつい

■怒鳴るようなしゃべり方をする

■反論されるとすぐ怒る

ちょっとした行動で現れる人柄が嫌われてしまう

ちょっとした行動で現れる人柄が嫌われてしまう

何気なく行っている言動や癖が嫌われてしまう原因にもなり得ます。

■不平不満を言い続けている

■協調性がない

■説教したがる
男性が女性に物事を理屈立てて説明すると、女性には「説教」と取られることがよくあります。
何かを伝えるときは「シンプル」「簡潔」を心がけると良いでしょう。

■指をなめて資料を配る

■後輩を「お前」呼ばわりする

■陰口を言いふらす

■仕事のメールに顔文字
プライベートであっても、社会人になると過剰な顔文字はちょっと引かれます。気を付けましょう。
仕事のメールでは顔文字はくだけ過ぎです。使用しないようにしましょう。

■態度が上から目線

■相手の目を見ない
人付き合いの基本です。人の目を見て話を伝えることが苦手な人もいますが、目を見て話をすることで信頼関係が築かれます。

■言動がチャラチャラしている

基本的な性格の部分で嫌われてしまう

基本的な性格の部分で嫌われてしまう

信条や信念、性格、癖が人それぞれありますから、自分で気付いて改善するところが難しいこともあるでしょう。
しかし、周囲からどのように見られているかは気をつける必要があります。

■ノリが悪い

■プライベートを詮索する

■「でも」「しかし」「だけど」が口癖

■すぐにコストパフォーマンスの話をする
コストパフォーマンスを気にするのは男性に多い特徴と言えます。女性社員にはあまりピンと来ない話になる可能性があるので控えましょう。

■無口で話しかけても反応がない
無口なのは個性ですが、話しかけても反応が悪いと、話しかけた人に対して良くない感情があるのかと勘違いを抱かせます。

■口数が多すぎる

■声が大きすぎる

■言い訳が多い

■悲観的

■神経質

■裏表がある

■相手によって態度が変わる

■空気を読まずに自己主張が強い

■時間の管理ができない

■上の者には媚びへつらい、下の者には横柄にする

ファッションが嫌われてしまう

ファッションが嫌われてしまう

仕事を一生懸命やっていれば身なりは関係ない、と思っている人もいますが、女性社員はその辺りもよく見ています。
同僚に不快感を与えるようなファッションになっていないかチェックしましょう。

■腰に携帯電話を装着している
便利ですが女性社員からはダサく見えるようです。

■革靴の先がやたらと長い
個人的な好みもありますが、ダサく見えることがあるようです。

■服装がチャラチャラしている

■シャツやスーツが大きすぎる
身体にちょうど合うサイズのものを着るよう心がけましょう。

■私服がダサい

■白いワイシャツの下に色付きや派手な柄のTシャツを着ている
自分で鏡を見ていない証拠です。白いワイシャツの下に色付きTシャツは明らかに変ですのでやめましょう。

■ピンクやイエローの派手なカッターシャツ

■ボロボロの靴を履いている
おしゃれは足下から、と言います。高級品でなくても、いつも奇麗な靴を履くよう気を付けましょう。

■シャツの胸元が開き過ぎ
自分はカッコいいつもりかもしれませんが女性社員の印象は良くありません。

女性社員に対する偏見が嫌われてしまう

女性社員に対する偏見が嫌われてしまう

女性だからこう、という決めつけはNGです。
男女にかかわらず同じ職場で仕事をする同僚として尊重する気持ちが大切です。

■女性をライバル視する
「女には負けられない」という態度は男女差別です。男女にかかわらず,誰にだって負けられない、という気持ちで仕事をしましょう。

■男尊女卑的な言動

■女性は感情的だと決めつけている
「女性は感情的だ」と決めつけている方が感情的になっていませんか?人に言う前に自分を見直しましょう。

■女性は論理的思考が苦手だと決めつけている
「全ての女性は論理的思考が苦手だ」と決めつけている時点で論理的ではありません。考え直しましょう。

■女性はおしゃべりだと決めつけている

■男性的な価値観を押し付けてくる
「仕事こそ人生」などの主張を押し付けることです。価値観は人それぞれで、仕事への向き合い方も様々です。

■同じくらいの役職なのにお茶汲みや雑用を押し付けてくる

■女性だからやらなくていい、など気遣いのポイントがおかしい

■話を聞かずにアドバイスばかりする
何を相談しても話半分だけ聞いて「なんだ、そんな簡単なこと」とばかりに解決策をガンガン提示してくるタイプです。
相談の大半は話を聞いてもらえるだけで精神的に落ち着くものですので、まずは相手の話を全部聞きましょう。

■「女性は優秀」などと露骨に媚びる

■「男性優位」だと言った考えが相手に伝わってしまっている

不潔だと思われて嫌われてしまう

不潔だと思われて嫌われてしまう

社会人として基本的な部分です。
仕事が忙しくて、という言い訳は通用しません。
爪を切ったりハンカチを持ち歩いたり、はそんなに手間がかかるわけでもありませんし、最低限のマナーですので、これくらいのことには気を回せるよう努力してもいいのではないでしょうか。

■髪の毛が汚い

■爪が長い

■爪に垢が溜まっている

■肩にフケが溜まっている

■シワシワのスーツ、シャツを着ている

■寝癖で髪がボサボサしている

■洗濯していないシャツや下着が匂う

■いつも同じシャツばかり着て襟や袖が黒ずんでいる

■手で口を覆わないでくしゃみをする

■洗った手をスボンやスーツで拭く

いかがでしたでしょうか?

細部にわたって女性社員から嫌われる男性社員の特徴を挙げてみましたが、身に覚えのあることがいくつかあったかもしれません。
自分が良かれと思ってしていることが、女性社員にマイナスの印象を抱かせることもあります。
しかし、マイナスポイントがあってもプラスでカバーできることも多々あります。
気を付けることができることは気を付け、どうにもならない部分はできるだけ気にしつつも、それをカバーできる長所を伸ばして行くことが大切です。