男性社員に嫌われる女性社員の特徴100選

チェックしてみて!男性社員に嫌われる女性社員の特徴100選

女性が持つアイデアや企画力、視点が多くの職場やマーケットで重要視されています。
職場でも女性社員と男性社員が平等に仕事をすることができる、そんな当たり前の環境がやっと整ってきたと言えるでしょう。

しかし、女性と男性では考え方や物事の捉え方に異なる点がたくさんあるのも事実。
女性社員が取っている何気ない行動が、男性社員に嫌われてしまうこともあります。
スムーズに仕事を進めるためにも、同僚との良好な関係を築きたいものです。

そこで今回は、男性社員に嫌われる女性社員の特徴100選をご紹介します。
なにげなくやってしまっていることが男性社員に嫌がられていないかどうか、一度チェックしてみましょう。

マナーが悪いところが嫌われしまう

マナーが悪いところが嫌われしまう

一般的なマナーに関することです。
当たり前のことができているか、チェックしてみましょう。

■あいさつをしない
あいさつは社会人の基本です。あいさつができないと近寄りがたく職場環境にも悪影響を与えます。

■返事をしない

■お礼を言わない
ちょっとしたことでも「ありがとう」と言ってもらえると、何事も円滑に進むものです。

■就業中にネイルのお手入れをしている

■デスクや引き出しに私物が多い
クリエイティブな職場では許容されることも多いようですが、周りの同僚の机の様子を見て、業務に必要ないものが一人だけやたらと多くないか見直してみてはいかがでしょうか?

感情的なところが嫌われてしまう

感情的なところが嫌われてしまう

時には仕事上のトラブルや自分の意見を主張するために感情的になってしまうこともありますが、日常的では困ります。
また、自分がそんなつもりではなくても、感情が表に出やすい人はいます。
感情表現が大げさすぎたり、感情に流されて普段であれば言わないことを言ってしまったりすることはありませんか?

■すぐに感情を爆発させる
過剰な感情表現は円滑な人間関係にとってあまり良い影響を及ぼしません。一息ついて心を落ち着かせて同僚と接しましょう。

■常に機嫌が悪い

■日替わりで人格が変わる

■嫉妬深い

■いつもピリピリしている
ピリピリ感が職場を支配してしまうと、非常に仕事がやりにくい環境になってしまいます。

■怒りの沸点が低い

■喜怒哀楽が激しい
喜怒哀楽の表現が大きいことは魅力にもなりますが、あまりに喜怒哀楽がジェットコースターの様に現れると、同僚はついていけずに戸惑ってしまいます。

■怒鳴ったりわめいたりする
怒っている時や不愉快なときほど、落ち着いて自分の言い分を主張しましょう。大声を出して解決することはあまりありません。

■終わったことを後でネチネチ言う
「失敗したのは誰々が◯◯したせい」などネチネチ言うのはやめましょう。

すぐに群れるところが嫌われてしまう

すぐに群れるところが嫌われてしまう

協調性があるのはいいことですが、職場でグループを作って特定のグループにひいきしたり他のグループと反発したりすると職場全体に良くない影響を与えます。

■すぐに派閥で考えようとする
この人は◯◯さんグループだから、あの人は△△さんグループだから、と、個人個人で見ないでグループでひとくくりにして考えていませんか?

■自分の考えを持たず一人で何もできない

■人の好き嫌いが激しい

■すぐに場の主導権を握ろうとする
職場には、その場での意見や行動を統率する適切な責任者がいます。それを無視して統制を取ろうとすることは、職場内の混乱に繋がります。

■その場で一番偉い人にベッタリして媚を売る
媚を売る事自体は、良いとも悪いとも言えません。人付き合いとして必要な時もあるでしょう。しかし、周りから見て過剰になり過ぎて違和感を感じるほどになっていませんか?

■嫌いなものでも好きなどと人に話を合わせる
嫌なことを嫌、と言えないことは、自分自身のプレッシャーやストレスにも繋がります。大きな声で嫌と言えないなら、相談できる同僚にそっと相談しましょう。

■縄張り意識が強い

■仕事ができないのに経験年数が多いというだけで偉そう

マイペースなところが嫌われてしまう

マイペースなところが嫌われてしまう

マイペースなのはいいことですが、それが自分勝手になってしまっていませんか?

■休憩ばかり
少し業務を行うごとに、給湯室へ行っておしゃべり。仕事が進んでいれば文句を言われる筋合いはないかもしれませんが、周りから文句が出ない程度に気遣いを。

■定時が近くなると明らかに退社モードになる

■問題意識が低い

■自分が忙しいと返事をしない

基本的に弱気なところが嫌われてしまう

基本的に弱気なところが嫌われてしまう

弱気な性質は仕方ありません。しかし、仕事をする上でどうしてもここだけは頑張って欲しい、という点もあります。
特に男性から見ると、「もうちょっと自立してくれないかな・・・」と思われてしまう部分かもしれません。

■すぐに弱音を吐く

■常に自信がなさそう

■声が小さい

■すぐに甘えてくる

■自分の言うことが分かってもらえないとすぐに泣いてしまう

仕事に対する態度が悪いところが嫌われてしまう

仕事に対する態度が悪いところが嫌われてしまう

自分の中でルールを定めて仕事に当たっている人によくありがちです。自分の中で正しいことをしていると思っても、同僚から見れば協調性がない行動に見ることもあるかもしれません。

■担当している仕事以外は絶対やらない

■「私にはできません」となぜか強気
できないことはできない、と言うべきです。しかし、ケンカ腰になってはいけません。

■仕事ができると勘違いしている

■自分の業務手順が一番正しいと信じている
「そのやり方は誰に教わったの?◯◯さん?あの人が言ってることは間違ってるから」など。職場の作業ルールや規則に従い、同僚と食い違っているようであればミーティングなどを行って確認することが大切です。

■自分が理解できないのを相手のせいにする
相手の説明が分かりづらくても、怒らないであげて下さい。説明する方も一生懸命に説明していると思われます。

■就業中にネットショッピングしている

■仕事をしない

■手を抜く

■忙しいアピールが激しい

■仕事に対する意欲が感じられない

■やりたくない仕事を人にやらせる

■何をするにもまず面倒くさがる

■トラブルが発生しても他人事

■報告、連絡、相談ができない
いちいち報告や連絡をしなくても一人で一気に最後まで仕事を進めた方がいいこともあります。しかし一定の期間を要する仕事や情報共有が必要な内容については、こまめに報告しましょう。

きまぐれなところが嫌われてしまう

きまぐれなところが嫌われてしまう

きまぐれさは、プライベートであれば見方によっては魅力的なところでもあります。しかし、職場ではきまぐれさは迷惑な性質となり得ますので、切り分けることが大切です。

■言うことがコロコロ変わる

■信念がない

■興味があること以外に対して無関心

ネガティブなところが嫌われてしまう

ネガティブなところが嫌われてしまう

業務に対して不満や文句があることもあるでしょう。そんなときは、然るべき立場の人に相談しましょう。
また、職場でのストレスが溜まると心身への悪影響や疾病の原因にもなりかねません。
悩みは一人で抱え込まず、苦しいときは誰にでも話を聞いてもらうことが大切です。

■いつも表情が暗い

■愚痴が多い

■何かする時できない理由ばかり探す

■他人を褒めることがない

■ため息が多い

■過去の失敗をすぐ持ち出す

■会社のシステムが変わると理由もなく反対する

ファッション、身だしなみが整っていないところが嫌われてしまう

ファッション、身だしなみが整っていないところが嫌われてしまう

男性にももちろん同じことが言えますが、女性は特に厳しい目で見られていることを意識しましょう。

■メークが雑

■ヘアスタイルが雑

■アクセサリが派手

■化粧が厚すぎる

■いちいち長い髪をかき上げる
どんなに奇麗なサラサラストレートでも、気にする人は気になります。

■ブランド品にこだわりが強すぎる

■爪が異常に長い
ネイルはファッションの一部です。しかし「あの爪でキーボード打てるのかな?」と思われない程度にとどめましょう。

■香水の匂いがキツい
香水の匂いは、他人には特に強く感じられる場合があります。いい匂いなのは自分だけ、ということも。気を付けましょう。

おしゃべりなところが嫌われてしまう

おしゃべりなところが嫌われてしまう

口は災いのもと、と言います。
性格的におしゃべりで黙っていられないタイプの人もいますし、それも個性ですが、仕事中は過剰にならない様に気をつける必要があります。
また、一言多い余計なこと、人を攻撃したり貶めたりする可能性があることを安易に口にすることはあまりよくありません。
プライベートのことであれば自分で責任を取れば良いですが、同僚、職場を巻き込むと業務全体に悪影響を及ぼします。

■陰口が多い

■愚痴が多い

■場の空気が読めない

■仕事中なのに休憩中と同じ様にしゃべる

■悪気なく失礼なことを言う

■話の順番を守らない

■うわさ話ばかりする

■口が軽い

■業務中のおしゃべりが多い

■嫌いなものの話しばかりする

■勝手に話に割り込んでくる

■人の話を遮る
雑談ならまだしも、会議や打ち合わせでやられると話が横に逸れて困ってしまいます。

■自慢話が多い

■人をうらやましがる話が多い

■すぐにネガティブな話に持って行く
「話をネガティブな方向に持って行く」→「卑屈な笑いで落とす」というパターンを持っている人がいます。ジョークのつもりかもしれませんが、聞いている方はいたたまれません。

■プライベートに踏み込んでくる
できるだけプライベートなことは職場で話したくない人もいます。人それぞれですので、踏み込まれたくない人はそっとしておきましょう。

攻撃的で周囲に影響を及ぼす言動が嫌われてしまう

攻撃的で周囲に影響を及ぼす言動が嫌われてしまう

これまでの職場で、人間関係で、プライベートで、色々な事情があるのでしょう。
しかし、ここに陥らない様に踏みとどまりましょう。

■なんでも周囲のせいにする

■他人を信用しない
信頼関係は仕事を行う上で最も大切なもののひとつです。他人を信用しない態度は職場環境を悪化させてしまいます。

■傲慢である

■すぐに八つ当たりする

基本的な言動が嫌われてしまう

基本的な言動が嫌われてしまう

マナーに近い部分がありますが、業務に悪影響を与える可能性があるこれらの部分については、十分気を付けましょう。

■言い訳が多い
業務上の注意は、決してあなたを責めているのではありません。正当な理由があれば説明すれば良いですが、自分を守るためだけの言い訳を並べるより、「今後気を付けます」という態度で聞くことが大切です。

■自分を過信している

■空気が読めない

■自分の失敗を認めない
失敗を認めるのは難しいことですし、失敗することが大きな責任を背負わされることに繋がるときもあります。しかし、認めるべき自らの非を認めることが、日々の業務で失敗をしない緊張感を持つことにも繋がります。悪い部分は素直に認めてはいかがでしょうか。

■謝らないで嘘や言い訳を言う

■自分勝手に解釈する

■気が早い

■細かい嘘を重ねる
「噓も方便」と言いますが、それはプライベートでやりましょう。職場では、本筋に関係ないような小さな嘘でも積み重なれば大きな問題に発展しかねません。

同僚、後輩への態度が悪くて嫌われてしまう

同僚、後輩への態度が悪くて嫌われてしまう

人によって態度を変えてしまうのが女性社員に見られる特徴のひとつです。

■相手によってあからさまに態度が違う
一般的に、女性社員にありがちとされる特徴です。自分もそうなっていないか確認しましょう。全ての人に平等に接することは難しいですが、あからさまに態度が違うのは考えものです。

■先輩風を吹かせる

■新人への当たりがキツい

■周りを無能扱いする
人を無能扱いする人が一番無能だ、と思っている人がいることに注意しましょう。

■すぐに他人にキャラ付けをしようとする
いわゆる「色眼鏡」で同僚を見ない様にしましょう。

遠慮がないため嫌われてしまう

遠慮がないため嫌われてしまう

親しみがあるのと無遠慮なのは違います。
同僚と仲良くし、その中で友達と言えるくらいの関係を築くことも職場の空気を良くする方法の一つですが、同僚の全てが友達の様に仲良くなることを望んでいるわけでもありません。

■親しみやすいと馴れ馴れしいを勘違いしている
特に、知り合って間もないのに急激に距離を詰めてくる人は怖がられることもあります。

■仕事とプライベートの境目がない

■人が気にしていることをズケズケ言う

■体型に関してあれこれ言う
どうにもならないことを言うのはやめましょう。そんなに相手はあなたと親しいと思っていないかもしれませんよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
事細かに挙げるとたくさん出てきますが、他人から見て欠点がひとつもない完璧な人はいないでしょう。
良好な人間関係を築くために大切なことは「欠点がないこと」では決してありません。
「自分のことをよく理解していること」です。

自分の欠点も把握して、それを自分で「直そう」と思ったら直せばいいのです。
一度自分が嫌われる可能性があるポイントをチェックしてみて、「これはすぐに直そう」とか、「いつか直そう」「これはこれでいい」「むしろこれでいい」などと分けてみることで、自分を見つめ直すことで、自分に過剰な負担をかけずに周囲にいい印象を与えることができるようになります。
より良い人付き合いができるヒントにすることができるでしょう。