会社や法人、企業の違い

会社や法人、企業の違い

会社、法人、企業の違いについて

会社、法人、企業の違いについて

会社や法人、そして企業と言った言葉を普段は意識せずに使い分けている方も多いと思います。
日常的な会話であればそれほど厳密に使い分ける必要はないかと思いますが、それら3つは厳密には違った意味を持つ言葉となります。

ここでは会社や法人、企業の違いについてご紹介していきます。

会社とは

会社と言えば株式会社や合同会社と言った言葉を思い浮かべるかと思いますが、厳密には「会社法に基づいて設立された法人」と言った意味があります。

会社法で言う所の会社には主に株式会社・合名会社・合資会社・合同会社の4つが存在しており、この4つを指す場合やこの内の1つを指す場合には会社となります。

ちなみに2006年(平成18年)に施行された新会社法に伴い廃止となり、現在は新たに設立することができなくなった有限会社も会社といった区分の1つになります

法人とは

法人と言えばNPO法人や学校法人と言った言葉を思い浮かべる方も多いと思います。

法人は「私的な目的で活動する私法人」と「国家などの目的を遂行するための公法人」の2つに大きく分類することができます。
また、さらにその中の私法人は「構成員(株主など)に利益を分配できる営利法人」と「構成員(株主など)に利益を分配できない非営利法人」に大きく分類する事ができます。
そしてこの中の営利法人が会社に該当します。

つまり、会社は法人の一部であると言え、会社=法人とならないと言った違いあります。

企業とは

最後に企業というと中小企業と言った使われ方をするため会社の一部と言ったイメージを持ちやすいですが、上記で紹介した会社や法人よりもさらに広い意味を持った言葉になります。

会社は先程紹介した法人に加え、個人で経営されているカフェや八百屋などはじめライターやデザイナーなどのフリーランス、つまり個人事業主を含んだ言葉になります。

フリーランス、個人事業主、自営業、SOHO、ノマドの違い

まとめ

冒頭でも記載したように普段私達が日常会話の中でこれらの違いを意識し使い分ける必要はないかと思いますが、上記のように会社と法人、そして企業は違った意味を持っており、その範囲は会社<法人<企業と言ったような違いが存在しています。