「賞味期限」と「消費期限」の違い

「賞味期限」と「消費期限」の違い

ご存知ですか?「賞味期限」と「消費期限」の違い

冷蔵庫やキッチンの戸棚を整理している際、ふと食品のパッケージを手に取ったら、記載されている期日が過ぎていた!などということはよくありますよね。
購入する時や食べる時に何気なく確認するこの日付、「賞味期限」や「消費期限」と呼ばれているものだとは知っていても、その違いをきちんと把握している方は少ないのではないでしょうか。似たような呼び方ですが、実は「賞味期限」と「消費期限」には、大きな違いがあるのです。

賞味期限とは?

賞味期限とは?

賞味期限とは、パッケージや包装を開封していない状態で、表示されている保存方法に従って正しく保存した時に、味と品質が充分に保てると製造業者が認める期限のことを言います。英語で「best-before」と訳される通り、品質が変わらず「美味しく食べられる期限」を示しているのであって、その期限を過ぎたらすぐに食べられない、食べてはいけないということではありません。
かつてはすべての加工食品に製造年月日の表示が義務付けられていましたが、食品によってどの段階を製造年月日とするか曖昧であり、なおかつ加工食品を日本に輸出している諸外国からの圧力などもあった影響で、1995年に製造年月日ではなく品質を保持する期限の記載に変更になりました。そのため当初は「「品質保持期限」と呼ばれていたようです。
缶詰やレトルト食品、即席めん、ジュース、スナック菓子など、比較的長期保存が可能な加工食品に表示してあります。賞味期限が3ヶ月以内のものは年月日で、3ヶ月を超えるものは年月で表示されています。

消費期限とは?

消費期限とは?

一方、消費期限とは、パッケージや包装を開封していない状態で、表示されている保存方法に従って正しく保存した時に、腐敗や変敗その他品質の劣化に伴い安全性を欠くこととなるおそれがないと認められる期限のことを言います。英語で「use-by date」と訳される通り、その期限を過ぎたら食べない方が良いとされている年月日ですので、「安心して食べることができる期限」と言うことができるでしょう。
精肉や刺身といった食材や、お弁当やサンドイッチ、惣菜、洋生菓子、低温殺菌牛乳といった日配食品など、大よそ5日以内に著しい品質低下が認められる食材や食品に記載されており、製造から消費期限までが短いものについては年月日に加えて時刻まで表示することもあります。
ちなみに食品以外にも医薬品や、電池、プリンターのインク、フィルムといった時間の経過により品質が劣化する商品などでも消費期限が設定されていることもあります。

だれがどうやって決めている?

だれがどうやって決めている?

賞味期限と消費期限は、いずれも厚生労働省が所管する食品衛生法と、農林水産省が所管する農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)によって定められており、厚生労働省と農林水産省では「食品期限表示の設定のためのガイドライン」を作成しています。
賞味期限、消費期限の表示は、食品の情報を把握している製造業者等が、微生物試験や理化学試験、官能検査といった科学的な実験結果に基づいて算出された期限に、蓄積された経験や知識に基づいた安全係数をかけて設定されています。
ただし、いずれにせよ「表示されている保存方法に従って正しく保存した」場合の期限ですので、保存方法には注意が必要です。もちろん、パッケージや包装を開封した食品に関しては、表示されている期限にかかわらず、早めに食べることが望ましいと言えるでしょう。
ちなみに、一般的に使われる「常温で保存」の常温とは、15℃から25℃のことを指すそうです。

アイスクリームには賞味期限がない?

アイスクリームには賞味期限がない?

ところで、「アイスクリームには賞味期限がない」という実しやかな噂を聞いたことはあるでしょうか。厳密に言えば、賞味期限がないのではなく、表示を省略してもよいということになります。これは、そもそもアイスクリームが-18度以下での冷凍保存を前提としており、原材料の品目も少ないことから、この状態においては微生物の増殖がなく品質の劣化も小さいため安定している食品ということで、賞味期限を表示する義務がないのだそうです。
アイスクリームの他にも、砂糖や塩などの調味料や、チューインガム、氷といった長期保存が可能なものに対しても、賞味期限を省略することができます。

最も長い賞味期限の商品とは?

最も長い賞味期限の商品とは?

それでは、賞味期限の表示がある食品の中で、最も保存期間の長いものは何でしょうか?缶詰やフリーズドライ食品は概ね3年から5年の賞味期限が設定されていますので、かなり長いと言えますが、海外にはさらに長い期間保存できる食品がありました。「サバイバルフーズ」という、25年間の超長期保存が可能なフリーズドライ加工食品とクラッカーの備蓄食です。
日本で初めて発売されたのは1978年と意外に古く、元々は「月へ向かう宇宙飛行士にレストランで食べるのと変わらないメニュー味わってもらいたい」というNASAの依頼で作られたものですが、現在では全国1,000以上の企業や自治体、団体が災害時の非常食として導入しているそうです。

消費期限・賞味期限切れの食品は販売できる?

消費期限・賞味期限切れの食品は販売できる?

スーパーなどで「賞味期限切れ商品」として安売りされているのを見かけた方も多いことでしょう。一見すると「大丈夫かな?」と思ってしまいますが、実は、賞味期限切れの食品を販売しても法律で罰せられることはありません。
食品衛生法で食品等の販売が禁止されているのは、腐敗、有害物質や病原微生物による汚染、異物の混入といった人の健康を損なうおそれがある場合のみであり、あくまで製造業者の表示義務である賞味期限、消費期限は対象となっていないため、その期限を過ぎた食品を販売すること自体に問題はないのです。
特に、あくまでも「美味しく食べられる期限」である賞味期限に関しては、期限間近の食品を割安で販売しているショッピングサイトもあるほどです。
昨今、日本の食の安全を脅かしている様々な問題は、賞味期限や消費期限の偽装、産地の偽装、あるいは産業廃棄物処理業者による不正転売などであり、消費期限や賞味期限切れの食品の販売によるものではありません。混同しやすいので、ご注意ください。